E.B.S

MADE IN JAPAN FROM KYOTO
Engineered Bike Service ”E.B.S”

 

一般に実は流通量の少ない日本製の自転車、E.B.Sの自転車は京都のE.B.S工房にて
ハンドメイドにより一本一本生み出されております。
使う人の背景を考え設計された各モデルのデザインと暖かみのある質感は
使用感、乗り心地へとフィードバックされております。

Price:300,000円(完成車)
Price
129,600円(フレーム&フォーク)
Size:S/M/L/XL
Tire:700c×28c
Tube:Cro-moKAISEI 019
Color:アイスシルバー(画像はオーダーカラー)
Option:+¥5000でwhiteindustriesのBBに
アップグレードが可能です。
ebs_hobo_105[6]
ebs_hobo_105[9]
名前の由来通り好きな処に、気の向くままに方々(ほうぼう)隅々まで快適に、走行を楽しめるモデルです。
肉薄のKAISEI019を使用してタイヤは700×28cでも余裕を持って飲み込めるタイヤクリアランスにしています。
28cタイヤ・シマノ社スモールキャリパーの設定でもフェンダー装着も可能。
Frontのベントフォークに合わせてシートステーの後端処理も緩やかにベント処理。Rキャリアの取付も可能ですが、
OneDayツーリングを快適に軽快に楽しんで頂きたいモデルです。

 

展示販売車 サイズM サイズが合いましたら即お乗りだし可能です。
是非店頭でお試しください。

– Shop Info –
call: 03-3562-5504
e-mail: ginza@vs-ticket.com

 

E.B.S HOBO 展示在庫販売車の完成、ご紹介です。
E.B.Sの中でも本格的なツーリングロードとなるHOBO、
KAISEI019で組まれたシンメトリーなフレームで快適な走りを約束してくれるでしょう。

シリーズ化しておりますHOBO展示販売車。
ハイグレードな車体であることは間違いないのですが、やっぱりイイです。
非常にバランスの取れた美しい自転車に仕上がっております。
マッドガード装着でこんなにスタイリッシュな車体はなかなかないでしょう。
同色で塗り上げられたバックショットが凄く見栄えしますね。
実際にご覧いただければご納得していただける完成度だと思います。
メインコンポは今回SHIMANO105で御座います。
ハブ、クランクは美しいクロモリ自転車には欠かせませんwhiteindustriesで統一。
サドルはBROOKSですがcopper仕様より雰囲気が上がります。
なんと言っても決め手はこのNITTOのツーリングハンドルでしょうね。
如何でしょう、こんな自転車で散策は。。

アップグレードでBBがwhiteindustriesのBBに変更可能です。
軽量で回転はもちろん良いです。

是非お試しください。

 

ebs_hobo_105[6] ebs_hobo_105[8] ebs_hobo_105[7] ebs_hobo_105[9]
ebs_hobo_105[11] ebs_hobo_105[12] ebs_hobo_105[17] ebs_hobo_105[10]
ebs_hobo_105[13] ebs_hobo_105[14] ebs_hobo_105[16] ebs_hobo_105[18]
ebs_hobo_105[27] ebs_hobo_105[26] ebs_hobo_105[23] ebs_hobo_105[2]
ebs_hobo_105[19] ebs_hobo_105[20] ebs_hobo_105 ebs_hobo_105[1]
ebs_hobo_105[22] ebs_hobo_105[21] ebs_hobo_105[15]
ebs_hobo_105[3] ebs_hobo_105[4] ebs_hobo_105[5] ebs_hobo_105[28]
ebs_hobo_105[24] ebs_hobo_105[25]