盛り上がってきました700C DISC ROAD、SURLY ”STRAGGLER” 店頭展示販売車のご紹介です。
色んな要素が詰め込まれておりますが当店らしいカスタムに仕上がっております。
サイズは52ですが同じ仕様で作成する事も可能ですので店頭で是非ご相談ください。
SURLY STRAGGLERのTICKETカスタム普段使うのであれば十分なスペックであります。

PRICE: ¥180,000 +TAX

surly_logo

STRAGGLER
価格 税込¥235,440
(メーカー完成車価格)
サイズ 42, 46, 50, 52, 54, 56, 58, 60, 62, 64cm
カラー Glitter-Dreams
Closet-Black
surly_straggler[22]
http://www.ride2rock.jp/
CROSS-CHECKにディスクブレーキをという要望に応えて誕生したSTRAGGLER。もちろん、単に CROSS-CHECKのディスクバージョン という訳ではありません。例えば新設計のユニークな形状をしたドロップエンド。ストップスクリューが前と後ろから装着でき、シングルあるいは多段の際にテ ンションがかけられる構造になっています。またKRAMPUSで実証済みのKNARDタイヤの700x41cサイズをこのモデルの為に製作し標準装備しま した。CROSS-CHECKのようにオールラウンドに活用し、よりアクティブにライディングしたい方、高低差がある道を走ることの多い方には制動力の高 いディスクブレーキ仕様のSTRAGGLERをお奨めします。

 

PRICE: ¥180,000 +TAX

発送も承っておりますのでご相談ください。
– Shop Info –

call: 03-3562-5504
e-mail: ginza@vs-ticket.com

 

__________________________________________________

今回のSURLY STRAGGLERですが
ブラックのフレームにクラシックな要素での構成となります。
カラーバランス、パーツ構成も程よいバランスだと思います。

surly_straggler[23]

surly_straggler[22] surly_straggler[23] surly_straggler[1] surly_straggler[18]

 

 

 

今回のカスタムで目を引く部分ですね。
GEVENAILE (旧RETRO SHIFT)のWレバー装着型のブレーキレバーです。
最近、ブランド名が変更になりましたが基本的には同じだと思います。
ドロップハンドル仕様でシフターをどうするか、選択肢の一つとして如何でしょうか。
ルックスがまたいいですね。
NITTOのクロモリステムもあわせてみましたが雰囲気は合いますね。

surly_straggler[2]

surly_straggler surly_straggler[2] surly_straggler[9] surly_straggler[3]
surly_straggler[5] surly_straggler[4] surly_straggler[10] surly_straggler[6]

 

 

 

シュワルベのFATFRANK ホワイトがクラシックな感じがジワリときますね。
SURLY STRAGGLERはこの太さのタイヤが装着可能であることがポイントであります。
DECIBELL(SATO SHOUTEN)さんのレザーチェーンステーガードも雰囲気が良いです。

surly_straggler[21]

surly_straggler[21] surly_straggler[15] surly_straggler[8] surly_straggler[14]
surly_straggler[20] surly_straggler[19] surly_straggler[16]

 

 

 

今回のSURLY STRAGGLERはフロントギアはシングル仕様でありますが
基本的にリアが多段でフロントチェーンリング一枚ではチェーンが外れてしまいます。
そこで効果があるのがWOLF TOOTHのチェーンリング。一枚でもチェーンが外れ難い構造です。
見た目もシンプルですがチェーンガイド等のパーツが必要なくなるので費用もシンプルに。。

surly_straggler[11]

surly_straggler[11] surly_straggler[12]
surly_straggler[17] surly_straggler[13] surly_straggler[7]

〆はBROOKSですね。ブラック、ホワイト、の車体にHONEY BROWNがベストなチョイスです。
王道のカラーリングですね忘れてました、内容的には現代的な解釈でうまく纏まりました。

是非、ご検討ください。