東京銀座と渋谷の自転車店 E.B.S,Surly,Alexmoulton,小径車,ミニベロ,折畳自転車をLine-Up
CONTENTS

E.B.S / FLOAT700ROAD E.B.S PURPLE 標準カラー

一般に実は流通量の少ない日本製の自転車、E.B.Sの自転車は京都のE.B.S工房にてハンドメイドにより一本一本生み出されております。使う人の背景を考え設計された各モデルのデザインと暖かみのある質感は使用感、乗り心地へとフィードバックされております。

images

MADE IN JAPAN FROM KYOTO
Engineered Bike Service ”E.B.S”
http://www.ebscycle.com/

直営店舗 VeloStand Kyoto がオープン
http://velostandkyoto.jp/

E.B.S FLOAT700ROAD 標準色でオーソドックスな組み方 展示販売中

基本的な組み方をしたFLOAT700 ROAD の展示販売モデルです。

FLOAT700 ROAD
Price : ¥115,000+tax (Frameset)

=SPEC=
標準フレームカラー :メタリックネイビー or メタリックパープル
ヘッドパーツ :1インチアヘッド(ITA)
ボトムブラケット :JIS
シートクランプ :直付(19mmシートピン)
シートポスト :27.2mm
ブレーキ :ショートリーチキャリパー
タイヤサイズ :700x25c
O.L.D :フロント100mm リア130mm
FD取付 :直付

=専用オプション=
Color Option :単色¥10,000+tax 二色塗り分け¥20,000+tax
アヘッド→スレッド ¥5,000+tax

展示販売モデル 標準的に組み上げましたFLAOT700ROAD

ちょっと伝わりにくいのですが標準カラーのE.B.S PURPLE、メタリックなダークパープルとなります。屋外ではもっと紫がでるのですがしっかりと濃いめの紫ですね。コンポーネントがshimano105クランクがDIXNA Lacrank、ホイールがshimanoの完組ホイールに今回はダブルレバー仕様、オーソドックスな現行パーツを使ったクラシックなコンプリートといったところでしょうか。コレで価格が20万円台前半です。大体の雰囲気はつかんで頂けるかと思います、ここからフレーム、各パーツのカラーはどうするか、ここはもっとパーツのグレードを上げたい等々ご要望をお聞きしながら完成させる事が可能です。わからない方でも是非何でもご質問下さい。最終的な到達点は”カッコいい自転車です”

個性から生まれた効果と快適さが融合した唯一のしなやかな乗り心地の傑作フレーム

何といってもFLOATモデルの傑作さは逆スローピングのこのフレームデザイン。伸びやかなパイプがおりなす直線的デザイン、KAISEI022の細めのクロモリフレームが目の肥えた玄人で無くとも一見して心を掴む傑作なデザインで御座います。特徴的な仕組みのシートチューブとシートステーを非接触にしたfloat構造。 クロモリチューブの最大の特性、しなりを最大限に有効化させたこの特徴はロードレーサーとロードバイクの違いを感じさせてくれるでしょう。「より硬く、より速く」、から、「よりしなやかに、より快適に」という選択。
乗り手と自転車が呼応する関係を築けれるモデルを目指したモデルです。

=NHK放送センター西口目の前 奥渋谷の自転車店=
velostyleTICKET shibuayaNHK前
TEL:03-6804-9183
mail:info@velostyleticket-shibuya.com

 

保存

保存

保存

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

-京都 伏見-

vs-stand

-京都 下京区-

wakuebs_side

-大阪 南堀江-

wakuunpeu_side

-オンラインショッピング-

online

注意:放浪歴ありのRoamer’s Blog

山崎
PAGETOP
Copyright © VeloStyle TICKET All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.