最近、寒くなってきましたな~。数日前、カリスマ店長が半パン半袖の私を見て『僕、今日手袋しましたよ』と。いくら何でも手袋は早いでしょう、店長。4人スタッフがいて、4人のレイヤーの枚数がかなり極端。暑いのが大嫌いなダブルS、冬は全く血が通わなくなり動けなくなる店長と、汗だく大好きな私です。もう、秋っぽくって寂しすぎですね。怒りさえ覚えます。

それでは、皆さん忘れ始めてるしょうが聖地です。聖地、山口県の自転車旅の続き。

カヤックというのは荷物を積むのにやたら時間がかかる。知らなかった。完全防水のドライバッグにいくつも小分けにして、順序良く、バランス良く詰め込んでいく。何日分もの食料と飲み物、テントやクッキング用品など、大量に積めるので、酒も積む。自転車の場合はいかに軽量化するかが重要なのに、羨ましい。結局支度で1時間以上かかり、おじさん3人と私がその光景を見つめ続ける。確か、彼女たちは萩方面(東)に向かうと言っていたような。ハグして、お互いの健闘を祈り、カヤックを押し出す。あっという間に遠くに行ってしまった彼女たちを左手に波の橋立を自転車で並走し、手を振って叫ぶ。見えなくなるまで手を振ってから自転車でホテル(合宿所)に戻り、おじさん3人組にお礼を言い、私は島の絶景ポイントまで突っ走る。途中で漁の網を修理している場所があり、お邪魔して『ここでは、どんな魚が獲れるんすか?』と訊くと、『これは東北から送られてきた網で、もうこの辺でこういう漁はしてないのよ』とのこと。4~5人いたうち、島の出身者は1人で、後はこの仕事のために、本土から来ているという。修理で網がわざわざ東北から山口に送られてくることにビックリ。その後、地図を見ぬままアップダウンのある1本道を走りつずけても、一向に絶景ポイントが現れない。島の反対側というか、地の果てにポイントがあるものだと思い込んでいたが、地図を開いて、またビックリ。既に通り過ぎてしまっているではないか。一本しかない道からは、その絶景ポイントは見えないらしく、小道をちょっと脇にそれなくてはいけなかった。自転車を安全な場所に置いて、日本海沿いの小道を登っていくと、出ましたっ!見えましたっ!日本海とその岩岩。岩、また岩。聖岩(そんな日本語あるか?)とでも言いましょうか?一つ一つ名前があるようだけど、そんなことはどうでもいい。瀬戸内海側の宇部から走り始めて、日本海に出た。それが嬉しいし、とても日本海っぽい景色が心にしみる。秋芳洞では全く感動できなかったけど、ここではじわじわと感動。低いが長持ちする感動を胸に浜辺に戻ると、そこは初心者のスキューバーダイビングに適したスポットらしく、ウェットスーツを着た連中がうじゃうじゃ。私はトイレで着替え、海へダイブ。水があれば躊躇せずに入ります。気温が高くて火照った体を海で冷やすこと、小一時間。プカプカ浮いていると、なんとカヤックガールズがこっちへ来るではないか。遅い!カヤックとは、なんと時間がかかる乗り物なのか。沖まで泳ぎ、彼女たちのカヤックにつかまって戻ってくる。彼女たちが浜辺で休憩している間も、私は海に浸り、再会を喜んだ。一人旅もいいけど、仲間がいた方が断然楽しいもんね。でも、私には行くところがある。行くべきところがある。別れを告げなければならぬ。次の目的地は、私がずっと行きたかった角島。一枚の写真をみて、いつかここに行こうと決めていたところ。写真を見ただけで、なんの情報収集もせず、行きたいと強く思っていた割には、ずっとスミシマだと勝手に思い込んでいました。正しくはツノシマでした。友人i、行く前日に訂正してくれてありがとう。
その、ツノシマで寝たい。大地に寝っ転がって、海に入って、また寝そべって、また海に入って、星見て、ゴロゴロして。特に何がしたいってことはなく、なんか島と一体化したいという願望ですかね?

%e9%9d%92%e6%b5%b7%e5%b3%b62網の修理中。根気がいるよ。

dsc_4139久しぶりの日本海!マチュピチュより、感動した。そして、邪念だらけの心が洗われるな。

%e9%9d%92%e6%b5%b7%e5%b3%b64日本の渚百選とは知りませんでした。なんせ、下調べほとんどしてないですから。
スキューバーダイビングの講習中。

%e9%9d%92%e6%b5%b7%e5%b3%b66カヤックガールズ達を青海島において、いざ角島へ!?