今日は寒い!この冬、初めて寒いぞと感じましたが、着ているものはいつもと何ら変わりない。結局、自転車に乗っちゃうと汗かきますからね。

去年の話(でスミマセン)。草津温泉の女将である友人に会いにいくため、早朝突発的に自転車にまたがった。その頃、日本ではコンビニでお金を引き出せることを知らず(イギリスでは24時間銀行などで手数料なく引き出せる)、わざわざ朝7時から開いていた銀行(浅草支店)に寄ってから出発。

隅田川沿いを走り北千住辺りで雨が降り出しが、またもや着替えを持っていない。丸1日走るだろうに、朝一でぬれてしまっては風邪を引くからと、雨宿りするためにカフェに入り、雨脚が弱まるのを待って再出発。スマホもないし、地図もない。とりあえず、隅田川から荒川、利根川に沿って走ればどうにかなると思っていた。が、埼玉県の上尾市辺りであぜ道を走っていた時、直角に曲がったところに泥が溜まっていて、そこに後輪を取られてマンガのように宙を舞いましたよ。イメージとしては、とても反ったスーパーマン。体が前に放り出され、何故か見事に恥骨だけを強打してランディング。人っ子一人いない河川敷でうずくまり、しかし自分が無事であることを確認。頭は打たなかったけど、ヘルメット大事です!痛みが引くまでヨロヨロと自転車を押して移動し、雨と転倒で大幅なタイムロスとなってしまった。


この転倒でハンドルバー曲がりましたからね。工具もって出なかったし。

着地は痛いことにコンクリート。麦畑が広がってたかな。


結局、日が暮れそうだったんで高崎駅までどうにかこいで電車に乗り、長野原草津口駅からはラッキーなことに友達が車で迎えにきてくれた。ここからの14kmのアップヒルが難関だったもんで、助かったぁ〜。ヒルクライム嫌いですというか、計画せずに飛び出した+転倒したんで無理があったかな。(長野原草津口駅は標高590m。草津温泉は1200m。いろは坂半端ないし、寒いし、Surly LHT重いし。)

翌日は、日本ロマンティック街道や山の中を自転車で散策、雪がまだ残る天狗山をハイキング、そして温泉。足湯が至る所にあるのも嬉しい。

日本っていいよね、と感慨深く温泉につかりながら物思いに耽り、しかし強打した恥骨は痛むのであった。

イギリスに熊は存在しないので、日本に熊や猿が出るというと驚かれる。

天狗山に残る雪。

まだカスタムする前のSurly LHT。ドロップハンドルバーで見た目はこっちの方がカッコいいんだけどね。

サイクリングと足湯はいい組み合わせ。