今回、友人が運河に浮くナローボート(運河用で細長いからナローボートと呼ぶ)を動かしたいと言うので、お手伝いして来た。
ナローボートに住む連中は、サイクリストが多い。ちょっと辺鄙なところに停泊しなくちゃいけなかったりで、自転車があった方が便利なのと、自力で色々やることが好きな人たちなんだろうな。なので、ボートの上に自転車が乗っかっていることが多い。たまにサーフボードが乗っかってたりもするけどさ。一体、イギリスのどこでサーフするんだろ。8月に一回サーフしたけど3mmのウェットスーツ着てやっても激さむだったよ。

当然、わたくしの自転車もボートに乗せてもらって移動。このまま田舎の方まで出れば、緑の中でサイクリングがすぐできちゃう羨ましい環境だ。しかし、ロンドン市内の停泊所はどこも混んでいる上に、いいスポットから動かない人もいるから、それを避けるために2週間に1度は停泊場所を変えなくちゃいけない。変えない場合は通告が来て、ペナルティーが科せられるシステム。お手伝いしたご褒美に、のんびり移動して、ご飯ご馳走になったさ。

一人でも出来ないことはないんだけど、2〜3人で動かした方が断然早くできちゃう。

自転車乗っけて、新たな停泊所へ移動。

ボートの中にはキッチン、シャワー、薪ストーブ、ベッドがあって、狭いことを除けば快適。水は節水して使用すること!