ずっと使い続けるデイリーバイク tobira

当店ではお馴染み京都のハンドメイドバイクブランド E.B.S、そのセカンドラインとなるブランドがtobiraです。という事で制作はE.B.Sで同じく京都でハンドメイド。モダンクラシックなテイストでよりコンセプチュアルにリーズナブルに展開されております。メンテナンスしながらずっと使い続けるデイリーバイクを、という事で御座います。今回ご紹介のモデルが700cでホリゾンタルフレームのmodel-Tをベースにしたカスタムです。

tobira モダンクラシック コミューター

日本製のハンドメイドバイクが10万円です

シングルスピードの完成車で¥100,000の値段設定となるベース車両のmodel-T、wheelサイズは700cとなります。京都でハンドメイド、日本製のKAISEIのパイプを使用している事は忘れてはならないメリットで御座います。そのベース車からハンドルとグリップ、サドルを変更してチェーンガードを装着してクラシックなテイストのライトをマウント致しました。見た目にも乗り心地的にも楽しい自転車になりました。

tobira モダンクラシック コミューター

レーザパーツとも相性良いですね

BROOKSのレザーサドルはスプリング付きのB、グリップはポートランドのパーツブランドPDWのウィスキーグリップ厚手の一枚皮と骨太なシルバーパーツの相性がクラシックなフレームによく合います。チェーガードもクラシックなパーツを多く展開するVeloOrange。クラシックなテイストの中でもかなり上級グレードな仕上がりだと思います。モダンクラシックなカスタムやクラシックスタンダードな自転車が流行の兆しですが時代に左右されないハズさない自転車だとやはりこういう雰囲気が一番ハマってきますよね。他にもtobiraラインナップしておりますので是非ご検討いただければと思います。

tobira モダンクラシック コミューター

tobira別モデルやLINUSの試乗車もご用意しておりますので是非ご来店くださいませ。

詳しいショップインフォメーションはコチラ