おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

銀座

銀座

29erでも “Off The Wall”

29erでも “Off The Wall”

News, 銀座, MTB / ATB, breezer
ATBでもVANSタイヤ!! アメリカンブランドでMTBにルーツを持つbreezer。breezerの中でも一番マルチに使えるradar。cafeグレードはフラットハンドル仕様の街中でも使いやすいパーツアッセンブルで普段乗りで人気の完成車。 元々アッセンブルされているタイヤが太めのブロックタイヤが入ってるんですが、もっとストリートで映える自転車にしてあげようとボクの大好きなvansタイヤに交換。 ついでにハンドルもノーマルでついてるものと似てるようで、少しバックスウィープが少ないものに交換してスッキリした見た目に仕上げました。 もちろんグラベルライドを考えてbreeserおじさんは設計してるんでしょうけど、ボクらは街中で乗りたいのでカッコよくカッコよくが大事。 お店の展示車1台のみメーカー定価のままでお渡しします! サイズはXS(450mm)ですがbreezerはフレームの造りの関係で数字以上に大きいので身長170㎝くらいまでならXSでいけます。 春の新生活や自転車通勤を始めようかなとゆう方に是非。 https://www.breezerbikes.jp/2020/product/radar.html breezer / radar cafe price:¥99,000+tax ホイールサイズ:700c(29erタイヤを装着) 700C=29er 700C表記のホイールと29er(29インチ)表記のホイールには実は互換性があります。 ホイールサイズをCやインチなどの表記を取っ払った共通規格としてサイズを表す"ETRTO" タイヤやチューブにも表記されている数字です。 700cの場合はETRTO622。28cのタイヤの場合は28-622とゆう表記になります。
現在brooksコーナー充実してます!

現在brooksコーナー充実してます!

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES
英国製本革サドルブランド "brooks" 自転車好きな方には馴染みのブランド "brooks"。創業150年を超える自転車界の長老。創業時から本革製のサドルを生産し続けています。現在ではサドル以外のラインナップも年々拡充を続けていてデイリーユースに最適なバッグなどライダーを含めたトータルでのbrooksコーディネートも可能です。 brooksはクロモリフレーム中心のラインナップのボクたちticketではNo.1人気のサドルブランド。 本革製はもちろん、天然ゴムを採用したカンビウムシリーズも豊富にストックしています。 新車購入時のアップグレードはもちろん、お手持ちの自転車のカスタムにもおススメのサドル。 本革サドルの手入れ方法などもご説明しますので、大事な愛車と同様に10年20年と愛着を持って使える「永く使えるアイテム」です。 http://www.diatechproducts.com/brooks/ ticketのbrooksコーナーも日々アップデートしてますが、今はこんな感じ。 本革サドルにカンビウム、バーテープにグリップ、バッグ類まで沢山揃ってます。 現在は生産されていないcarera製ヘルメットもサイズに限りはありますがまだ各色ご準備してます。 brooksには「茶色」が2種類あるんです クロモリフレームにサドル、グリップ、バーテープをつけます。さぁ何色ですか?となると、まぁまず最初に出てくるのは「茶色(ブラウン)」ですよね。 ただbrooksにはブラウン系のカラーが2色ラインナップされてるんです。極一部マニアックなモデルを除いたほとんどのモデルに。 "brown" と "honey" と呼ばれるこの2カラー。 brooks選びの永遠のテーマなんですよねこれ
ミニベロ+フラットバー+シングル=最高

ミニベロ+フラットバー+シングル=最高

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), E.B.S HORIZONTAL451
ホリゾンタルフレームにホリゾンタルエンド e.b.sのミニベロ"horizontal451"。現在はドロップエンドが基本。つまり後輪を外す時は真下にホイールが抜けるやつ。スポーツバイクなんかでは一般的になっている形ですね。 でも今回のhorizontalはホリゾンタルエンド。 難しい話はさておき、これで何ができるか言うとですね? 「多段用ホイールでシングルスピードにできる!!!」 歓喜?歓喜ですよね?ボクは大歓喜です。 しかし久しぶりに見ました、シマノのEFエンド。まだ工房に残ってたのかな?・・・ 多段で組んだけど、シングルにもできるよ? よ・り・も シングルで組んだけど、多段にもできるよ! こっちのほうが断然楽しいのでシングルで組み上げました。 カラーもボスとあーでもないこーでもないとカラーサンプリングとにらめっこして決めたアーミーグリーン。 思ってた通りのカラーに仕上がっててめちゃくちゃカッコいいんです。 しかも し・か・も 超リーズナブル!! もうこれしかないです。 お早めに!! http://ebscycle.com/horizontal-451/ price:¥86,000+tax ホイールサイズ:20インチ(ETRTO451) フレームサイズ:XL(メーカー推奨身長:170~180㎝) 完成車価格:¥140,000+tax 手抜きなしのしっかり仕様 値段が安いってことはどっかパーツを抜いて価格を抑えたんでしょ?お店に転がってた完成車外しのパーツで組んだんでしょ?と思われるかもしれないのでご説明しておきます。 全く手を抜いてません! シフターやディレイラーなどの変速機構がシングルだからこ
すこしのカスタムで快適度が格段にUP!

すこしのカスタムで快適度が格段にUP!

News, 銀座, Folding(折畳), DAHON
「タイヤを太くする」のすゝめ ミニベロでタイヤ太くしたら走りが重くなるじゃん いえいえ、そんなことはないんです。 確かに理論上は接地面積が増えるので摩擦抵抗も上がってスピードは落ちます。 でもそれを補って余りある効果が得られるとしたらどうでしょう? 「乗り心地」と「安定感」 聞くだけで自転車乗りに安心感を与えてくれるワードですよね。 折り畳めないようで折り畳めるdahonオリジナルの技術「lock jaw」システム。これを採用したdashシリーズは折り畳み自転車とゆうより、折り畳みも"できる"自転車。 普段は折り畳む必要はないけど、たまーーに折り畳んで車に積みたいなんてシーンでも活躍が見込めますし、折り畳み自転車が欲しいけど折り畳み特有の一本フレーム&長いハンドルコラムがどうにも美観的に好みじゃないなんてワガママにも応えてくれます。 純正オプションでワンタッチで外せるバスケットも取付できますし、知らなければ普通のミニベロに見えちゃうところが毎年人気の理由。 ticketのお客さんでも日常使用にする方が多いdash p8。 純正で付いてくるタイヤは20x1.5なんですが、これを20x19.5にサイズアップしました。空気圧をしっかり入れてあげると転がりは十分!それでいてボリュームが増しているので地面からの振動の軽減と接地面が増えたことでの安定感が段違いに気持ちよくなっています。 タイヤを交換しただけのライトなカスタムですが実用に関してはかなりの効果があるおススメカスタムです! https://www.dahon.jp/2020/product/bike/dashp8.html?id=container dahon / dash p8 price:¥89,000+tax
再入荷!在庫が豊富な今がチャンス!

再入荷!在庫が豊富な今がチャンス!

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), tern
今なら2カラーとも在庫あります! 2019年と変わらず2020年モデルも大人気のsurge uno。入れ替わり立ち代わりでお嫁に出していたのでなかなかお店に並ぶことが少なかったんですが今ならブラック、カーキともに店頭に在庫があります。 ここから暖かい季節に向かっていくに従って、みんなの自転車熱が上がってきます。 みんな一様にやる気が出てきちゃうので一気に店頭、メーカー在庫ともに人気の車種はバババっと売れちゃって姿を消してしまい、欲しい時にはどこにも在庫がなくてションボリ・・・ これ毎年のようにブログに書いてる気がするんですけど、それくらい恒例行事。 ホントにしつこいようですけど「買うなら今」 https://www.ternbicycles.com/jp/bikes/usage/family/641 tern / surge uno price:¥72,000+tax size:50(ワンサイズ展開) ホイールサイズ:20インチ(ETRTO451) 街中で映える攻撃的なスタイル ロードバイクで言うところの「エアロロード」な設計のsurge uno。 全く持ってレース用じゃないこの自転車がこんなデザインを採用するのはなぜか? カッコいいから!! これに尽きます。 街中で乗る自転車には細かい技術的な裏付けよりも、乗ってる人が好きな見た目で快適に使えればそれが一番! surge unoはカッコいい!で買うミニベロ。それでいいと思います。 詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!
銘品サドルと言えばこれ

銘品サドルと言えばこれ

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES
セラ・イタリアの歴史はサドルの歴史。 なんか言ったら言いすぎかな? でもそれくらいサドル業界にインパクトを残してるメーカーなんです。 今じゃ当たり前になった穴あきサドルに、GEL入りサドル、サドルへのカーボンの投入などはセラ・イタリアが持ち込んだイノベーション。 今のメインラインナップのSLRでも変わらず革新的なサドルを開発し続けてます。 そんな歴史あるメーカーだからこそ、ラインナップに残り続けてる定番商品が悪いわけないんです。 それが "flite"。軽いと言えばfliteなんて言われてた元祖軽量サドル。 現行のレース用fliteももちろんいいものなんですが、僕らが好きfliteはこっち。 サドル界の永久欠番 "flite"、各種がっちり揃ってます! fliteはクッションが入った一般的なサドル構造をしてますが、表面はレザー。使い込むことで適度な柔らかさが出てくるので薄いけど座り心地は気持ちのいいサドルです。 ドロップハンドルの自転車はもちろん、surlyなんかのクロモリフレームをライザーバーやフラットバーで組んだ場合でもバッチリ似合います! ちなみに僕はその昔、ダートジャンプ用の自転車につけてました。 それくらい何にでも似合っちゃうスグレモノ。 ボクの好きな「だって、カッコいいし」シリーズのひとつです!
ずばり、「乗りやすいロードバイク」

ずばり、「乗りやすいロードバイク」

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, E.B.S other
Go so far away e.b.sのフレームラインナップは多種多様。 ゴールを決めずにぶらぶら走って楽しいのがvokkaやstuffなら ゴールを決めて走るのが楽しいのが今回のfaraway 10kmや20kmじゃまだ振り返るには早すぎる。もっと先のゴールを見据えて自転車を漕ぐ。もちろん、楽しく、快適に。 farawayはそんな使い方が楽しいフレームです。 関西のとある自転車屋さんの別注モデル "faraway"。あまりにいいフレームなんでボクたちも少しだけ分けてもらいました。 既存モデルのfloatなんかよりも少しだけ長いチェーンステイにヘッドチューブは巷で言うエンデュランスロードをクロモリに落とし込んだようなジオメトリー。ホリゾンタルフレームの多いe.b.sでは珍しい少しスローピングしたデザイン。 このクロモリ製エンデュランスロードと言うべきfaraway。 グラベルやツーリングに適したフレームか、伝統に乗っ取ったクラシックスタイルのフレームが多いクロモリ界隈では実は稀有な存在。 エンデュランス系のフレームらしくフェンダーマウントは装備されていますが、フレームの装備はそれのみ。少し太めのタイヤが装着可能なピュアなロードバイク。 ブラケットを持ってペーシングするとクロモリ特有のしなりを活かした快適な走りができますし、下ハンを持って踏んであげると今回装備したタイヤの影響もありますが、かかりがいいのでダンシングで気持ちよく加速してくれます。 デイサイクリング用にロードバイクが欲しいけどブランドロゴがどっしりとのったカーボンやアルミのレーステイストはイメージが違うとゆう方には是非一度見てもらいたい自転車です。 e.b.s / faraway 既存モデルではない別注モデルのた
みんな待ってた14インチ “big apple” が入荷!

みんな待ってた14インチ “big apple” が入荷!

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES
お待たせしました! メーカー在庫がずっと切れてた14x2.0のbig appleが入荷しました! dahon "dove"のfat化で人気に火がついてしばらく姿を消してましたが店頭に無事届きました。 2.0の太さがあるとエアボリューム増加の乗り心地UPと14インチと特に小さいdoveの安定感UPに効果抜群! たかがタイヤ、されどタイヤ。 かなり費用対効果の高いおススメカスタムです。 あと、こっちのVANSタイヤも同様におススメ!  
何はさておき、これで走り出そう

何はさておき、これで走り出そう

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
surly "straggler" 細部を見ていくとその実かなり違うフレームなんだけど、こいつをわかりやすく表現するならcross checkのディスクブレーキverと思ってもらっとくとイメージしやすいですかね。 crosscheckにできなくてstragglerにできること。 それは「ホイールサイズ」。stragglerはフレームサイズ52までは650B用、54以上は700C用のサイズ設計になってるんです。ただ650Bフレームに700Cも入るんで、フレームサイズ選びは身長で考えてもOK。ticketではちょい太目の650Bでのオーダーが人気。 crosscheckと兄弟分だよなーと感じるのはやっぱりリアエンド。そう、シングルスピードで組めるんです。ギアがあると確かに便利。だが漢は黙ってシングルスピード!・・・そんなオーダーもお待ちしてます。 2020年のラインナップではstragglerは完成車の設定がなくなっちゃってフレーム売りオンリー。そうなると完成形のイメージがつかみづらいし、フレームから組むと高くなるんでしょう?って感じちゃう人も多いと思うんで、スタイルはすっかり、でも手の届きやすい完成車を1台作りました。 ガッチリツーリングやグラベルライドで使うとゆうよりも街中で使って楽しい自転車をイメージした使い勝手のいい1台になってます。stragglerを検討してる人は是非参考にしてください。 お店で展示販売もしてますのでもちろんこのまま乗り出してもらってもOK! surlyは欲しいけどいきなり高価なパーツたちで組むのはな~・・・と悩んでる人はこいつでキマリ。まずは乗ってみる。楽しんでみる。カスタムや自分の理想の自転車はそこから詰めていってもいいと思います。 フレームがしっかりしたものなら永年乗れるし、後々のカスタムも
たまには自転車の細かいお話も

たまには自転車の細かいお話も

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES
「だってカッコいいから!」 とゆうパワーワードを駆使するふんわり紹介に定評のあるボクですが、それしかないとファッションメカニックだと思われかねないのでたまにはまじめなお話もしときます。 今回はタイヤのお話。 色んなところで解説されつくしている内容ですけど、ticketのブログでは完成車の紹介が多いのでたまにはこうゆうのもいいでしょうってことでしばらくお付き合いください。 「タイヤって、要はゴムでしょ?」 当たりのようで大正解ではありません。 まずはタイヤの構造図をどうぞ。 確かにほぼゴムです。でもゴムだけではありません。 タイヤを大きく分けると3つのパーツからできてます。 コンパウンド・ケーシング・ビード これらをひとつにまとめたのが「タイヤ」になります。 よく見かける"TPI"ってなんぞ? カタログなんかでタイヤをじーっと見てるとよく書いてある数字 "TPI" TPIとは"threads per inch"の略。ケーシング内の1インチの中にどれだけの繊維が詰まっているのかを数値化したものです。 え?タイヤなのに繊維?と思うかもしれませんが、これがタイヤはただのゴムではない部分。 繊維質の織物にゴムをぺたぺた塗った言わばタイヤの骨格であり筋肉。 実際に走った際にライダーのフィーリングへ直結するタイヤの非常に大事な部分。 各メーカーのタイヤで見かけるのはだいたい20~330TPIくらいまで。思いのほか幅があるんですよね。 じゃあTPI値が高いと何がいいのか?それはタイヤのしなやかさに影響を与えます。 タオルで想像してみてください。安いタオルはライトに透かすと網目が荒いので光は透けてきますし、糸も太くて肌触りもごわごわ。でもその分安い。 逆に高
こうゆうcrosscheckを待ってた

こうゆうcrosscheckを待ってた

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
レースじゃない「楽しむ」ための自転車を欲する自転車スキーたちの欲求をガッチリ受け止めてくれるsurly。自転車に乗ってあれがしたいこれがしたいこう乗りたいってゆうわがままな要望にもだいたい応えてくれる上にカッコいいからticketでも大人気。 唯一ないと言えばレースバイクがないくらい。でもいらないんですよね、レースバイク。surly選ぶ時点でレースに目は向いてないんで。 そういえば一昨年お店に来てくれた本国スタッフが見せてくれたんだけど、「オレ、surlyのスタッフじゃん?でもトライアスロンやるんだよね!で、これこの前大会出た写真な!」ってエアロヘルメットかぶって、TTハンドルついてるECRでした。何なのこの人たち・・・ってのが正直な感想でしたけど、それもまたsurlyらしいし、surlyを作ってる人たちらしいです。 そんな多方面にぶっ飛ぶつつも、利便性高く、実直なフレームを作り続けてるsurlyの中でも息の長い古参モデルがcrosscheck。 surly定番の4130クロモリの丸パイプ。 太いタイヤを想定したフレームクリアランスとカンチブレーキ台座。 フェンダーやキャリアをつけられる豊富なダボ。 シングルでも多段でも組めるエンドに、ロードハブ、MTBハブどっちも入る132.5mmエンド。 懐深すぎて底が見えないレベルに達してます。 昔からあるモデルですけど、「このフレームは何用です!」ってのがボンヤリしてて見えないのがsurlyのいいところ。それを一番体現してるんじゃないかなと思います。surlyの中で一番お気に入りのモデルです! そんなcrosscheckの2020年カラーのフレームが届きました。 今回のカラー名は "stoned ground mustard"。 うん毎度よくわからん。マスタード
極上中の極上。これ以上上はないテッペンバイク。

極上中の極上。これ以上上はないテッペンバイク。

News, 銀座, Folding(折畳), Tyrell
PK1?いいえ違います。 PKZ?それでもないです。 こちら、XF。tyrell創業10年を記念して発売された チタンフレームの折り畳み自転車 tyrellのラインナップ内で比較するとFX/FSXのチタンverといったところ。 XFはチタンの成型の難しさとその造作の複雑さ、お値段も相まって50台の限定生産モデル。創業から10年間でtyrellの培った技術を集約し値段や採算を無視して完成した、言わば記念碑的モデル。 嬉しいことにticketでも50台中の数台をお客さんにご納車させてもらいましたが、今回で50台の生産も終わり、最後の1台をご納車しました。値段も値段なのでポンポン売れるものではないですけど、こんな車種もあったんですよとゆうアーカイブとして紹介します。 そもそも素材が高価かつプレスやハイドロフォーミングでの成型が難しいチタン素材。最上級モデルとしての精度を求めた上に折り畳み。ホリゾンタルフレームではなく、tyrellのアイコン「スラントデザイン」を用いたフレームはもはや工芸品レベル。 そんなフレームなのでアッセンブルされるパーツも一切の妥協はありません。 コンポーネントはshimano duraace Di2(9070)、ハンドルはvison metron5D、サドルはprologo nago evoと全てアフターマーケット用に販売される最上級のものを各所に用いています。 極めつけがホイール。リムは軽量なカーボンクリンチャーリム。そして何より「ハブ」。完成車にこれがついてるなんてありえるか?と思っちゃうブランド "gokiso"。国産の超高回転/超高精度/超高価と3高ハブの代名詞gokisoのハブをXF専用設計モデルを作って搭載しています。 10周年の記念モデルの名に違わない贅を尽くしたXF。
ハイパワーライトの新定番 kong “pwr”

ハイパワーライトの新定番 kong “pwr”

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES
シリコンボディのライトで自転車業界に颯爽と現れて以降、blinderシリーズのライトやもはや定番となったOiベルなど革新性溢れる、且つカッコいいアイテムを次々とリリースしているknog(ノグ)。 グラベルバイクの登場から一気に拡大してきた自転車+キャンプなムーブメントにもいち早く反応してアイテムを拡充しています。 pwrシリーズは今までライトとは別で持っておく必要があったバッテリー類を一元管理できるようになった全く新しいソリューション。ライトヘッドとバッテリーが別々になっているのでライトの光量や容量を用途に合わせて好きに選ぶ事ができる上に、ライドしてない状態、例えばキャンプの時などは同シリーズのランタンやスピーカーに接続したりもできます。アウトプット用のポートもあるのでバッテリーを数本持っておいて夜にスマホなどデバイスの充電に使う事もできます。 と、機能だけを文章でごちゃごちゃ書いてもイマイチ、ピンとこないと思うんでknogさんが公開しているyoutubeの動画まずはどうぞ。 組み合わせて様々な使用方法ができるこのギミック感はくすぐられますよね。 使い方を考えてるだけで既に楽しいアイテムです。 もちろん実際使うとメチャクチャ便利なんですけど。 これだけ機能性があると日常使いには別に必要ないアイテムなのかな?と思っちゃいますけど、そんなことはないです。バッテリー容量や光量を抑えての通勤用にも安心感がありますし、いざとゆうにスマホやタブレットの充電にも使えるのでわざわざモバイルバッテリーを持ち歩く必要もなくなります!便利、荷物減らせるのは自転車乗りとしては非常に便利! で、実際に自転車につけるとどんな感じになるのか。一番光量のある2000lumenのライトヘッドに10000mahの大容量バッテリーを自転車に取り付け
クロモリフレームにはHonjoが似合う

クロモリフレームにはHonjoが似合う

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), E.B.S LEAF
京都製のクロモリフレームブランドe.b.s。ticketではfloat451やhorizontal451と言ったスポーツタイプのミニベロフレームをブログで紹介することが多いですが、同じミニベロフレームでもより日常使いに即したのがleaf451。 跨ぎやすい低床フレームは最低地上高が44㎝(Mサイズ)と女性の方でも安心して乗り降りができるフレームデザイン。フレーム素材も日本で唯一国産クロモリパイプを生産しているkaisei社のクロモリパイプを使用しているので非常に軽量。20インチホイールは旧来のETRTO406ではなくひと回り大きいETRTO451を採用していますので、見た目のカジュアルさ以上に軽快な走りを実現しています。 日常の脚から通勤や通学、お休みの日にちょっとそこまで脚を伸ばすのに・・・生活に自転車を取り入れることで、今より少し生活を便利にしてくれる。生活の中での道具(ツール)として最適な自転車です。 国産素材を職人の手によって一本一本ハンドメイドしていますので決して安い自転車ではありませんが、メンテナンスと修理を重ねて「普段使いの一生モノ」として永くお使いいただけます。 今日紹介するお客さんのオーダー車もそうですが、アップチャージしていただくことでカラーオーダーも可能です。車体性能ももちろんですが、自分が一番気に入る色が手に入るとゆうのは自転車を買うに当たっては嬉しいポイントではないでしょうか。 手作業で作っているフレームなのでタイミングによってはストックフレームが工房にない場合は数か月お待ちいただく場合もありますが、ボタンひとつで買い物ができる時代にあって「モノを大事にする」「いいモノを永く使う」とゆう風潮は昔に比べて減っていて、モノを買う事への満足感が得辛い時代。気に入った価値あるものを待ってでも買うとゆう行為もまた買い物における楽
ブルーメタリックの輝き

ブルーメタリックの輝き

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
各フレームにブラックをラインナップしつつ、シーズナブルなカラーをラインナップしてる最近のsurly。おもろしいのがカラー名が毎回ひとひねりあって、赤!とか青!みたいな呼び方しないんですよね。 今回組んだstragglerのカラーは"Blueberry Muffin Top" つまり・・・なんだ?焼き上がったブルーベリーマフィンの一番上のとこの焼き色ってことかな?わかりづらいか?わかりづらいな?でもこれがsurly。ブラックにすら車種ごとに名前ついたりしてるんで、お客さんに「この車種の〇〇〇って色」と言われても「???」って顔してる時がありますが、カラー名が突拍子もないんでご勘弁ください。 このstragglerは既に生産が終了しているカラーですが、少量だけ国内に残っていたものをゲットして組み上げました。surlyは車種それぞれができあがってるのでモデルチェンジも少ないし、crosscheckやstraggler、steamroolerなんかのノーマルサイズの新円パイプで組まれたトラディッショナルなスタイルのクロモリフレームは過去のカラーであっても時代遅れ感もないので大事に使ってもらえると思います。 このブルー・・・ブルーベリー・・・Blueberry Muffin Top!・・・は、一見するとネイビーに見えるけど、近くで見ると軽くラメの入ったメタリックな仕上がり。日差しがあるとどこかパープル感があるのもGood!各ブランドでメタリック塗装復権の流れも感じる最近の自転車業界、派手すぎないこんなメタリック塗装は飽きが来なくておススメです。 http://ride2rock.jp/products/104744/ surly / straggler 650B price:¥80,000+tax(フレーム&フォーク)