おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

E.B.S ALL MODEL

E.B.S エンジニアードバイクサービス

店頭使用のe.b.s試乗車を販売します

店頭使用のe.b.s試乗車を販売します

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, E.B.S STUFF
試乗車入れ替えのため1台限りのお買い得価格 お店で長年試乗車として活躍してくれたstuff。多くのお客さんとボク達とe.b.sを繋いでくれた功労者。そんなstuffくんも長年の店舗勤めをこの度引退されることになりまして。でも高品質なクロモリフレーム。まだまだ現役を退くには早すぎる。まだまだがんばれる。 そこで。 どなたかこのstuffくんを自転車ライフのお供にしてあげてくれないでしょうか。 試乗車として使用していたのでクランクアームやSTIレバーなどコンポにはそれなりに傷は入っています。この辺は長年戦い続けてきた勲章とゆうやつですね。動作には何も問題ありません。 試乗車で使っていたものをそのままはいどうぞとお渡しして見送るのは功労者に失礼に当たるのでフレームをリペイントして、消耗品を交換してピカピカにしました。 <メンテナンス内容> フレームリペイント/タイヤ&チューブ交換/チェーン交換/ワイヤーセット交換/バーテープ交換 基本的な消耗品は全て新調してリフレッシュしていますので新車な気分で乗ってもらえます。 気になるお値段は ¥98,000+tax フレーム&フォークの販売価格が¥86,000+taxなので超がつくほどお買い得。 フレームサイズはLサイズです。 少し紫がかったブルーでリペイントしました! 詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!    
ハイバリューなフレームをハイバリューなバイクに

ハイバリューなフレームをハイバリューなバイクに

News, 銀座, MTB / ATB, E.B.S VOKKA
vokkaはドロップハンドルもOK e.b.sのラインナップには一見すると似たようなフレームがいます。 vokka と stuff のお二方。 ticketのウェブもそうなんですけど、完成車の写真にはフラットハンドル、ライザーバー、ドロップハンドルとだいたいどんなハンドルでもつけてアーカイブしてあります。 それが遠因なのかもしれませんが、お店でお話する際に第一声「違いがわかんない!」……と。 確かにパッと見じゃ違いがわかりづらいかもしれません。そこでもう一度vokkaとstuffをおさらいしておきましょう。 2モデルの一番の違いはホイール径。 vokkaは650b(27.5インチ) stuffは700c(29インチ) ここだけです。ここだけ押さえておいてもらえればいいです。 ハンドル形状は何でもいけます、極端なやつでなければ。これはフレーム設計によるもので、これはロードバイクですMTBですグラベルですなんて括りを取っ払って「好きに楽しめる」フレームにしてるから。e.b.sはレースバイクじゃないですからね、ユーザー側に寄ってきてくれる懐の深さが売りです。 自転車の規格を知っている方なら「それなら・・・」となるかもしれませんが、そのとおりです。vokkaに700c、stuffに650b、どちらも可能です。ただこれを最初からやる必要はないかなと思います。例えばvokkaを買って乗っていく中で「今日は荷物も少ないし、いつもより少し足を伸ばしたいから700cホイールを履かせよう!」……なんて選択肢はありだと思います。 650bならvokka!700cならstuff! お好きな方でお好きな1台に仕上げてください。仕上げ方がわかんない時は何でも聞いてください。スタイル、予算など要望に沿った1台をご提案します。
ticketの今の気分は “ミニベロ+シングルスピード”

ticketの今の気分は “ミニベロ+シングルスピード”

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), E.B.S HORIZONTAL451
e.b.s "horizontal451"をロークリアなシングルスピードで ここ最近連投してるhorizontal451の話題。 何でここまで人気なのか、何でここまで僕たちがおススメしているのか。 それは前回書いておきましたので是非こちらから→「いい」自転車を気軽に乗ってほしいから さて、今回は前回のロードバイク仕様とは打って変わってシングルスピードで組み上げました。 シングルスピードはそのまんまでギアチェンジはなし、「1速」の割り切った仕様。カセットスプロケットやリアディレイラーなどの機械がないのでピンっと張ったチェーンでシンプルかつキリっとした表情に。 シングルって坂がしんどいでしょ?って質問されることが多いですけど、変速機があったって坂はしんどいもんですから。 坂を登る可能性もある、けど普段は平たん地が多いとゆう方には是非おススメしたいシングルスピードです。 見た目のカッコよさはもちろんパーツ点数が少ないのでコスト減だったり故障リスクの低減だったりとデイリーなバイクには嬉しいポイントもあります。 つべこべ言わずにとにかくペダル漕げ、そして漕げ。そしたらいつかは着いてるから。ってゆう割り切り具合がボクは大好きです。 http://ebscycle.com/horizontal-451/ e.b.s / horizontal451 price:¥86,000+tax(フレーム&フォーク) 完成車参考価格:¥180,000+tax 同じ仕様で組めるフレームストック1本あります。 この車体はお客さんのオーダー品なので今回は店頭に並ぶことなくこのままご納車ですが、同じロークリア仕上げのフレーム(XLサイズ)をお店に1本ストックしています。 同じ仕様はもちろんド
「いい」自転車を気軽に乗ってほしいから

「いい」自転車を気軽に乗ってほしいから

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), E.B.S HORIZONTAL451
国産のハンドメイドフレームを適正な価格で 日本で乗る自転車だから日本製とゆうのも今は昔。日本国内で生産される自転車フレームは少なくなりました。ハンドメイドで生産すると言っても生産台数や人件費、設備など国内での生産が難しくなっていっているのはどの製造業もまぁ同じ理由でしょう。 でも完全になくなったわけではもちろんありません。競技界の影響を受けていない、業界では決してメインストリームではない大手メーカーでは作らないようなフレームを少量ながらも高い精度で作り続けているブランドは少なからず存在します。 engineerd bike service 略して e.b.sもそんなブランドのひとつ。 「永く使える道具」として自転車を設計、生産しているe.b.sのフレームはビスポーグではなくレディメイド。ビスポーグではないので各モデルにフレームサイズを設定して生産してるので、一本のみを生産するのと違って手の届きやすい価格を実現しています。 日本人が日本人向けに設計しているフレームですので各モデルで日本人に多いであろう身長体型はカバーできています。 ロードバイクやクロスバイク、ミニベロ、カーゴバイクまで多様な生活のシーンを想定したモデルを10モデル以上ラインナップしているのできっと自分の使い方に合う1台が探せるはずです。 使い捨てではない永年愛着を持って付き合っていける自転車をお探しの方には是非おススメします。 http://ebscycle.com/horizontal-451/ e.b.s / horizontal451 price:¥86,000+tax(フレーム&フォーク) 完成車価格:¥155,000+tax size:L(目安身長:165~175㎝) ホイールサイズ:20インチ(ETRTO
塗装では出せない地金の輝き

塗装では出せない地金の輝き

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), E.B.S HORIZONTAL451
何色?色名はありません。 ticketではブログで紹介する機会も多い"raw clear"(ロークリア) 一見シルバーに見えるけどこれって何なんですか?と聞かれることも多いです。 今一度紹介しておくと、自転車のカラーってフレームの素地の上にペイントをしたカラーを例えばブラックと表現します。 raw clearはこのカラーを塗っていないもの。完成したフレームに最終工程として磨きをかけた上で透明のクリアコートを吹いた状態。 じゃあカラーを塗らないロークリアは何色なのか? クロモリパイプの地金の色が見えているだけなので色名はないようなもの。それがraw clearです。 メリットは色々あります。 まずルックス。金属パイプに熱を入れて成型加工されるパイプは表面が1本として同じ表情になることがありません。同じraw clearで仕上げたフレームでも2本とない自分だけの自転車が組み上げられます。「他にはない」。嗜好品でもある自転車には何とも甘美な響きですよね。自分の自転車により強い愛着が沸いてきます。 そして経年変化の楽しみ。金属で作られたフレーム、特にクロモリは外で使うことで日光や外気に触れ続け徐々にパイプに錆が浮いてきます。これはカラーを施したフレームでも同様。塗装面があるから見えないだけです。 カラーを施していないraw clearはこのパイプの表情を可視化できるんです。長年使って錆が浮いてきたraw clearはパイプによって違いますが茶色や黒色に近い色がパイプとクリアコートの間に顔を出してきます。 使えば使うほどに違う表情を見せてくれるフレーム。履きこんだデニムや長年履いたレザーシューズのように新品の時とは違った熟成された美しさと同様です。ただ忘れないでほしいのは「エイジング」と「ボロボロ」は違います。何にでも
ミニベロ+フラットバー+シングル=最高

ミニベロ+フラットバー+シングル=最高

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), E.B.S HORIZONTAL451
ホリゾンタルフレームにホリゾンタルエンド e.b.sのミニベロ"horizontal451"。現在はドロップエンドが基本。つまり後輪を外す時は真下にホイールが抜けるやつ。スポーツバイクなんかでは一般的になっている形ですね。 でも今回のhorizontalはホリゾンタルエンド。 難しい話はさておき、これで何ができるか言うとですね? 「多段用ホイールでシングルスピードにできる!!!」 歓喜?歓喜ですよね?ボクは大歓喜です。 しかし久しぶりに見ました、シマノのEFエンド。まだ工房に残ってたのかな?・・・ 多段で組んだけど、シングルにもできるよ? よ・り・も シングルで組んだけど、多段にもできるよ! こっちのほうが断然楽しいのでシングルで組み上げました。 カラーもボスとあーでもないこーでもないとカラーサンプリングとにらめっこして決めたアーミーグリーン。 思ってた通りのカラーに仕上がっててめちゃくちゃカッコいいんです。 しかも し・か・も 超リーズナブル!! もうこれしかないです。 お早めに!! http://ebscycle.com/horizontal-451/ price:¥86,000+tax ホイールサイズ:20インチ(ETRTO451) フレームサイズ:XL(メーカー推奨身長:170~180㎝) 完成車価格:¥140,000+tax 手抜きなしのしっかり仕様 値段が安いってことはどっかパーツを抜いて価格を抑えたんでしょ?お店に転がってた完成車外しのパーツで組んだんでしょ?と思われるかもしれないのでご説明しておきます。 全く手を抜いてません! シフターやディレイラーなどの変速機構がシングルだからこ
ずばり、「乗りやすいロードバイク」

ずばり、「乗りやすいロードバイク」

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, E.B.S other
Go so far away e.b.sのフレームラインナップは多種多様。 ゴールを決めずにぶらぶら走って楽しいのがvokkaやstuffなら ゴールを決めて走るのが楽しいのが今回のfaraway 10kmや20kmじゃまだ振り返るには早すぎる。もっと先のゴールを見据えて自転車を漕ぐ。もちろん、楽しく、快適に。 farawayはそんな使い方が楽しいフレームです。 関西のとある自転車屋さんの別注モデル "faraway"。あまりにいいフレームなんでボクたちも少しだけ分けてもらいました。 既存モデルのfloatなんかよりも少しだけ長いチェーンステイにヘッドチューブは巷で言うエンデュランスロードをクロモリに落とし込んだようなジオメトリー。ホリゾンタルフレームの多いe.b.sでは珍しい少しスローピングしたデザイン。 このクロモリ製エンデュランスロードと言うべきfaraway。 グラベルやツーリングに適したフレームか、伝統に乗っ取ったクラシックスタイルのフレームが多いクロモリ界隈では実は稀有な存在。 エンデュランス系のフレームらしくフェンダーマウントは装備されていますが、フレームの装備はそれのみ。少し太めのタイヤが装着可能なピュアなロードバイク。 ブラケットを持ってペーシングするとクロモリ特有のしなりを活かした快適な走りができますし、下ハンを持って踏んであげると今回装備したタイヤの影響もありますが、かかりがいいのでダンシングで気持ちよく加速してくれます。 デイサイクリング用にロードバイクが欲しいけどブランドロゴがどっしりとのったカーボンやアルミのレーステイストはイメージが違うとゆう方には是非一度見てもらいたい自転車です。 e.b.s / faraway 既存モデルではない別注モデルのた
クロモリフレームにはHonjoが似合う

クロモリフレームにはHonjoが似合う

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), E.B.S LEAF
京都製のクロモリフレームブランドe.b.s。ticketではfloat451やhorizontal451と言ったスポーツタイプのミニベロフレームをブログで紹介することが多いですが、同じミニベロフレームでもより日常使いに即したのがleaf451。 跨ぎやすい低床フレームは最低地上高が44㎝(Mサイズ)と女性の方でも安心して乗り降りができるフレームデザイン。フレーム素材も日本で唯一国産クロモリパイプを生産しているkaisei社のクロモリパイプを使用しているので非常に軽量。20インチホイールは旧来のETRTO406ではなくひと回り大きいETRTO451を採用していますので、見た目のカジュアルさ以上に軽快な走りを実現しています。 日常の脚から通勤や通学、お休みの日にちょっとそこまで脚を伸ばすのに・・・生活に自転車を取り入れることで、今より少し生活を便利にしてくれる。生活の中での道具(ツール)として最適な自転車です。 国産素材を職人の手によって一本一本ハンドメイドしていますので決して安い自転車ではありませんが、メンテナンスと修理を重ねて「普段使いの一生モノ」として永くお使いいただけます。 今日紹介するお客さんのオーダー車もそうですが、アップチャージしていただくことでカラーオーダーも可能です。車体性能ももちろんですが、自分が一番気に入る色が手に入るとゆうのは自転車を買うに当たっては嬉しいポイントではないでしょうか。 手作業で作っているフレームなのでタイミングによってはストックフレームが工房にない場合は数か月お待ちいただく場合もありますが、ボタンひとつで買い物ができる時代にあって「モノを大事にする」「いいモノを永く使う」とゆう風潮は昔に比べて減っていて、モノを買う事への満足感が得辛い時代。気に入った価値あるものを待ってでも買うとゆう行為もまた買い物における楽
1台のみのスペシャル価格!国産フレームのメッキ仕様をこの機会に!

1台のみのスペシャル価格!国産フレームのメッキ仕様をこの機会に!

E.B.S FLOAT451ROAD, top4
105仕様のMサイズ1台のみ大特価!! ticketでは定番として長らく取り扱いをしているebs。 国内で唯一自転車用クロモリチューブを生産しているkaisei社製のチューブを使用したハンドメイドフレームは軽くて頑丈、使い捨てではない永く付き合える自転車として多くの方にご愛用いただいています。 その中でもebsのアイコンとして長らくラインナップされているのが"float" シートステーをトップチューブに溶接する独特のフロートシートステーにより、地面からの衝撃を吸ってくれるのでクロモリ特有のしなりを活かしたキビキビとした走りが特徴のフレームです。 今回、店頭在庫用に組み上げた1台を訳あり特価な超お買い得価格にて販売します! パーツ詳細などは以下をご確認ください。 http://ebscycle.com/froat-451-r/ ebs / float451r サイズ:M(C-T:510mm) メーカー推奨適正身長:160-170㎝ <パーツ詳細> メインコンポーネント:シマノ 105(R7000) クランク:Dixna La crank (55-43T) ハブ:TNI エヴォリューションハブ リム:H+son SL42 タイヤ:Panaracer ミニッツタフ(20x1 1/8) サドル:Brooks チームプロ ハンドル:Nitto Mod55 ステム:Nitto ブルーラグ別注モデル (写真ではついていますがペダルは付属しません) 価格:¥319,000+tax SOLDOUT シートラグ部分のメッキに数ミリ程度の剥がれがあるためメッキ加工代(通常¥40,000+tax) をサービスした特別価格でのご提供になり
しぶ・い【渋い】=地味で落ち着いた中に深い趣があるさま

しぶ・い【渋い】=地味で落ち着いた中に深い趣があるさま

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), E.B.S FLOAT451ROAD
昨日紹介したfloat700sとは全く逆の方向性で組み上げたfloat451rが完成しました。 一見するとパーカー処理したロークリアのようですが、実は塗装。シルバー系のカラーにクリアコートを半艶仕上げにすることで金属パイプの地のような表情になっています。 ロークリアはパイプの表情が直に見えて、ムラがあるのが特徴。今回の塗装はそれに近い雰囲気にしつつも塗装なので全くムラがない仕上がりになります。ロークリアの表情は好きだけど錆が浮いてくるのが気になるなーとゆう方にはこうゆう近い感じになる塗装での仕上げもおススメです。 全体をブラックパーツで構成していますが、細身なnitto製クロモリステムやハイトの高いh+son "sl42"がいいアクセントになっていてベタっとしていないメリハリのあるカッコいい1台です。 http://ebscycle.com/froat-451-r/ e.b.s / float451r price:¥126,000+tax(フレーム&フォーク) ホイールサイズ:20インチ(ETRTO451) 完成車参考価格:¥250,000+tax(ペダルなし) e.b.sのラインナップ内でもアイコン的存在のfloat。20インチと700C とでそれぞれシングルとギアードを作っているので計4モデルもあります。どのモデルにも共通しているのが"floatシートステー"と呼ばれるフレームの作り。 通常シートチューブに溶接されるシートステーをシートチューブをまたいでトップチューブに溶接し、しかもシートチューブとは接合していない作り。これによりパイプの長さを出すことができ、クロモリ特有のしなりを活かせる造り。 特にミニベロで起こりやすい地面からの振動をいなしてくれるマイクロサスペンションのような
大人の乗るカッコカワいいポップなバイク

大人の乗るカッコカワいいポップなバイク

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, E.B.S FLOAT700SINGLE
どこのブランドだ!こんなポップでカワイイフレーム作ったのは!! フレームカラーといい、タイヤといい、パーツのシルバーとの相性といい、カッコカワイすぎだろ!! 正解はe.b.sです。 ボクたちもオーダーをもらった時から出来上がりを楽しみにしてたんですよ、このフレーム。 フレームが届いて実物を見ると「おおおお、いけてる・・・!」って一気にテンション上がって、完成車にしたらさらに上がりました。カワイイし、カッコいい。ポップなカラーリングのフレームは市場でも見かけますけど、細身のクロモリで作られたジェントルなフレームをこうゆうカラーリングで塗るとカワイイとカッコイイが同居する素敵な1台に仕上がっちゃいます。 こうゆうバイクを大人がサラっと乗るとこれまたカッコいいんですよね。 派手なフレームにそれに合わせたアルマイトのカラーパーツてんこ盛り!みたいなバイクを見ることもありますが、それは僕たちの好みではない。派手さの中にも落ち着きが欲しいんですよね。感覚的な話ですけど。 洋服と同じです。要はバランス。 こうゆう自転車欲しいけど、バランスってなんやねん!って方はお店でご相談ください。 普段は落ち着いたブラックやグレー系のカラー、ロークリア仕上げでの納車が多いfloatなので、久々にボクたちもフレッシュな気持ちで組み上げられた1台になりました。 http://ebscycle.com/float-700-s/ e.b.s / float700s price:¥131,000+tax(標準仕様フレーム&フォーク) ホイールサイズ:700c 今回のフレームは内装ギアを搭載するためのアウター受けやエンドの追加造作やカラーの塗り分けをしているので標準価格にアップチャージがかかっています。 一見
日常使いに適した国産ミニベロフレーム”leaf451″

日常使いに適した国産ミニベロフレーム”leaf451″

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), E.B.S LEAF
日常使いの自転車だからこそ、踏んだ力をロスなく伝えて快適に走れることが大切です。 Leafは国産のKaisei社製のクロモリパイプ(Kaisei022)を使用しています。 ホイールサイズは旧来から市場に多い20インチ(406)ではなく、ひと回り大きい20インチ(451)を採用しており ペダルひと漕ぎで進む距離も稼げるので日常使いはもちろんのこと 週末のサイクリングに使っていただいてもOKです。 ハンドメイドフレームならではの特徴としてループ型のフレームでは珍しくフレームサイズが2種類ラインナップされています。 Mサイズは一番地面に近い場所で44㎝と低く設計されており、女性の方でも服装を選ばず乗り降りやすくなっています。 カラーオーダーも可能なフレームですのでお気に入りのカラーで自分だけのLeafを作ってみるのも おもしろいのではないでしょうか。 専用カゴや専用スタンドなどのオプションも充実しています。 https://ebscycle.com/models/leaf451/ e.b.s / leaf451 price:¥81,000+tax ホイール:20インチ(ETRTO451)   今回はお客さんがストックしていたパーツを一部お持ち込みでの組み上げとなりました。 Gilles Berthoudのサドルや懐かしいshimano STX リアディレイラーなどレトロ感あふれるパーツたちを各所に盛り込んでいます。 Leaf451はいわゆるスポーツバイクのパーツ類を使って組み立てますので 完成車の状態でも重量も軽く、ギア比も一般車に比べて高めになります。 これが走りの良さに繋がっています。 詳しいショップインフォメーションはコチ
E.B.S Leaf451 + Honjo + Brooks =最高なデイリーバイク

E.B.S Leaf451 + Honjo + Brooks =最高なデイリーバイク

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), E.B.S LEAF
京都でハンドメイドされるE.B.Sのフレームの中でも生活用途でロングライフに使えるミニベロとして 多くのオーダーをいただいているLeaf451。 ループ型のフレームながらフレーム設計の妙がそこかしこに使っているおかげで ルックス以上の気持ちの良い走行感が味わえるミニベロフレームです。 プライスもクオリティも十分に納得できる内容で店頭販売用に完成車仕様もご準備していますが それをベースにして少しカスタムしてあげるのもおススメ。 今回はベース仕様からサドル・グリップを変更し、フェンダーを取り付けてご準備しました。 https://ebscycle.com/models/leaf451/ E.B.S / Leaf451 Price:¥81,000+tax(フレーム&フォーク) ¥148,000+tax(標準仕様完成車) ホイール:20インチ(ETRTO451)   Made in Sumida Honjo(本所工研) 東京は墨田区本所にて生産されるアルミフェンダー。 今となっては少ない手打ちで生産されるフェンダーは世界的にも"Honjo"ブランドとして抜群の知名度を持っています。 ツーリングバイクやランドナーに対応したフェンダーをラインナップしていましたが 現在はミニベロに対応したサイズのものやMTB用まで幅広く揃っています。 Honjoと言えば、みなさん真っ先に思い浮かぶのが亀甲フェンダー。 美しい甲羅柄が自転車に一層の彩を与えてくれます。 今回一緒に取り付けたBrooksのレザーサドルとの相性も抜群、おススメのカスタム例です。 E.B.Sのフレームは一本一本手作業で生産されています。 フレームが完成した後に塗装を行いますのでフレ
E.B.S Vokkaの店頭完成車在庫が充実

E.B.S Vokkaの店頭完成車在庫が充実

News, 銀座, MTB / ATB, E.B.S VOKKA
京都製のハンドメイドフレームE.B.S。Ticketでは取り扱いのメインブランドとしてたくさんのご注文をいただいています。 完成車の設定がなくフレーム&フォークでの販売のため、都度どんな仕上がりにするのかお客さまと相談しながら組み上げます。 フレームから組む面白みはメーカー完成車と違って画一ではない一台一台好みに合わせた仕様にできる点。 ただ突然、「はいお好きにどうぞ!」と言われても「???」ってなります。 こうゆう自転車が欲しいと思ってもいきなりゴールを想像できるのは自転車経験値が必要です。 自転車って難しい・・・で楽しい自転車体験に二の足を踏んでしまうのはあまりに勿体ない。 まずはとにかく自転車に乗って楽しんでもらって自転車の良さを知ってもらいたいので店頭に完成車を組み上げてご準備しています。 パーツ仕様の違うE.B.S Vokkaを2台ご紹介します。   https://ebscycle.com/models/vokka/ E.B.S / Vokka Price :¥91,000+tax(フレーム&フォークの価格)   同じフレームに同じコンポーネントですが、カラーとパーツの仕様で全くイメージの違う2台です。 どちらもボリュームのある27.5インチタイヤにフラットハンドル、MTBコンポーネント。 日常使いからバイクパッキング、グラベルライドまで自由に使えるマルチなVokkaはTicketでも特に人気のフレームです。 ドロップハンドル仕様でもご準備していますのでこちらもまた追ってご紹介します。 どちらもNitto製のハンドルバーで仕上げています。 グリップがレザーかゴムかでも全然表情が違いますよね。 この2台は店頭
E.B.S Horizontal451に乗って秋を楽しむ

E.B.S Horizontal451に乗って秋を楽しむ

News, BIKE BRAND, Minivelo(ミニベロ), E.B.S HORIZONTAL451
京都製ハンドメイドフレームE.B.Sの提供するミニベロフレームHORIZONTAL451。 E.B.Sの持つミニベロのノウハウを凝縮したフレームはシンプルなルックスとは裏腹に 国産クロモリパイプの上質な乗り心地とハンドル形状を選ばないカスタムベースとしての懐の深さを持っています。 このフレームはフレームサイズの豊富さも特徴の一つと言えるでしょう。 SサイズからXLサイズまでラインナップされており、シートチューブ長でSサイズ:495mm~XLサイズ:570mmと 様々な身長の方にお乗りいただけます。 特に大きいサイズのフレームが少ないミニベロ事情の中で570mmと大きいサイズがあるのは 身長の高い方には魅力的ではないでしょうか。 https://ebscycle.com/models/horizontal451/ E.B.S/Horizontal451 Price:¥86,000+tax (フレーム&フォークでの価格) ホイールサイズ:20インチ(ETRTO:451)   今回はShimano 105(R7000)をアッセンブルしたドロップハンドル仕様で組み上げました。 レース界隈の事情が大きく反映されるロードコンポ。 5アームクランクは年々少なくなっていってましてShimanoも例外なく現行モデルは全て4アーム。 ここは好みやフレームのデザインやカラーの左右される部分ですが 今回はDixna/La Crankでクラシックテイストが感じられるよう仕上げています。 サードパーティのクランクですが変速精度も高く、ミニベロに嬉しいアウター55Tなどチェーンリングの歯数も豊富に揃っているおススメのクランクです。 E.B.Sのフレームは一本一本手作