おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

700c ROAD / CROSS

700c ROAD / CROSS

日常使いの最適解 “実用車”

日常使いの最適解 “実用車”

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, tobira
e.b.sの提案する実用車 "tobira" 必要な機能以外を全て削ぎ落していって自転車として必要な機能のみを残した自転車 "実用車" 築地の魚河岸の人たちが乗っている自転車とゆうと少しはわかりやすいですかね?もしくは郵便屋さんの乗ってる赤い自転車。 実用車ってカッコいいんですよね。別に特段優れた機構があるわけでもなく、高いパーツがついてるわけでもない。鉄の自転車とは思えないぶっといスチールパイプのフレーム。リム打ちとは無縁であろう屈強なリムに1/4の太いタイヤ。 チャイルドシートを付けたママチャリと並び、街中で使われる自転車でタフな環境に晒されている自転車2トップの一角です。 見た目はめちゃくちゃカッコいいんですが、そのタフさ故に重たい。物凄く重たい。 オシャレは我慢とは言っても重たい自転車で走るのはなかなかにしんどいものです。同じスタイルで軽いものがあるならそれに越したことはないはず。 実用車のルックスが好き、でも重たいのは辛い。そこでtobira。 京都にて一本一本フレームをハンドメイドするe.b.sさんの提案する軽量な実用車です。 https://tobira.ebscycle.com/ tobira / model-o price:¥115,000+tax サイズ:L(C-T530mm) 推奨身長:160㎝~ ホイールサイズ:700C(ETRTO622) カスタムベースとしてもおススメ tobiraはe.b.sと違って完成車のみの販売になっています。ノーマルの状態はパーツ構成は至ってシンプルなので使い方や好みに合わせて色々カスタムして使いやすく、好きなスタイルに寄せていくのも楽しみのひとつです。 今回の1台はお店の販売用の自転車ですが、カスタム提
店頭使用のe.b.s試乗車を販売します

店頭使用のe.b.s試乗車を販売します

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, E.B.S STUFF
試乗車入れ替えのため1台限りのお買い得価格 お店で長年試乗車として活躍してくれたstuff。多くのお客さんとボク達とe.b.sを繋いでくれた功労者。そんなstuffくんも長年の店舗勤めをこの度引退されることになりまして。でも高品質なクロモリフレーム。まだまだ現役を退くには早すぎる。まだまだがんばれる。 そこで。 どなたかこのstuffくんを自転車ライフのお供にしてあげてくれないでしょうか。 試乗車として使用していたのでクランクアームやSTIレバーなどコンポにはそれなりに傷は入っています。この辺は長年戦い続けてきた勲章とゆうやつですね。動作には何も問題ありません。 試乗車で使っていたものをそのままはいどうぞとお渡しして見送るのは功労者に失礼に当たるのでフレームをリペイントして、消耗品を交換してピカピカにしました。 <メンテナンス内容> フレームリペイント/タイヤ&チューブ交換/チェーン交換/ワイヤーセット交換/バーテープ交換 基本的な消耗品は全て新調してリフレッシュしていますので新車な気分で乗ってもらえます。 気になるお値段は ¥98,000+tax SOLDOUT フレーム&フォークの販売価格が¥86,000+taxなので超がつくほどお買い得。 フレームサイズはLサイズです。 少し紫がかったブルーでリペイントしました! 詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!    
何のproffesionalになろうか

何のproffesionalになろうか

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, OTHER 他メーカー
all-cityが久々に入荷!! all-cityの新型フレーム"super proffssional" フレームセット:¥118,000+tax プロフェッショナルっていう割にブランド内での括りは"city" え、スーパーなプロじゃないんですか?ストリートバイクなんですか? えぇそうです、何も設定されたコースを速く走るだけがプロフェッショナルじゃないんです。 このフレームを自分の好きなように組んで自分のしたい乗り方で自転車と一緒に自転車生活のプロになるんです。 それを可能にするのがall-cityが新たに開発した"master dropout" やっすい!!やっすい動画!!これでもオフィシャル。でも最高。beastieのsabotageオマージュなんだろうけど、パクリきれてない上に雑な仕上がり。だから最高。 surlyでお馴染みのホリゾンタルエンドとsalsaのオルタナティブエンドを足したようなスタイル。それでいてここまで薄くほっそりと作れるあたりにall-cityの技術力が出てます。リアからのボルトとサイドからのボルト、さらにスルーアクスル。しっかりと取り付けてあげればもうホイールがズレる要素は0。 ここまで過剰に固定しなきゃいけないか!?しなきゃいけないんです。レースなんかよりもよっぽどタフな環境の街中ライドでは如何にカッコよく、如何にタフかが問われます。超軽量超高速を目指すレースバイクとは軽量や剛性について目指すべきベクトルが違うんです。 で、写真で気付いた人もいるでしょうが、「シングル」で組めます。スルーアクスルでディスクブレーキでしかもシングルで組める。交換用エンドもついてくるのでもちろん多段もOK。 動画の中でもあぜ道を走ってますがこいつはそこまでカバーできます。タイヤク
希少な26インチモデル pashley “roadster”

希少な26インチモデル pashley “roadster”

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, pashley
今後の生産予定はないらしい希少モデル roadsterは定番モデルでいつでも作るんじゃないの? 確かにそうです。「28インチ」モデルは。 roadsterの26インチモデルは実はもともとはイギリスのカタログには掲載のない日本への輸出用にあつらえられたモデルなんです。日本への輸入が始まってからずっと生産されていましたが今回の生産分で生産終了となりました。 残念ではありますが、残念がってばかりもいられません!1台のみ店頭にまだあります! 28インチはオーダーして待てばいつかは入ってきますがこれはもうお目にかかれない可能性大! フレームサイズは20.5なので160㎝半ばくらいあれば乗れるはずです。 創業から90年。変わらないイギリス製のハンドメイドバイクは存在感が違います。 http://www.diatechproducts.com/pashley/index.html pashley / roadster sovereign 5speed price:¥149,800+tax ホイールサイズ:26インチ 完成車の時点で既にフル装備! Brooks 本革サドル ハブダイナモ ダイナモライト リアライト リアキャリア チェーンケース フェンダー キックスタンド 大型ベル ロック ポンプ もう買い足してもらうものはないくらいに装備が充実しています。 もちろんここからフロントキャリアやバスケットをつけたり、防犯用にロックをさらに追加してあげたりもできます。 詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for more information. Do
surlyの良さってなんだろう?

surlyの良さってなんだろう?

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
なぜsurlyを選ぶのか 世間ではもちろんのこと、ticketでも人気のsurly。 なぜここまで支持されているのか。 目を見張るほど軽いわけでもないし、値段も決して安くはない。 レースバイクのようなロケット加速はできないし、最新規格がてんこ盛りでもない。 パッと見、どのフレームもロゴの位置は同じだし、丸パイプなので目新しさもない。 でも断言できます。これほどいい自転車はないと。 全てのフレームにそれぞれの役割があって、楽しみ方も違う。 こうゆう使い方がしたい!とゆうユーザーさんの想いにsurlyのフレームならきっと答えを与えてくれるものがある。 最初は見た目から入ってもらって全然OKです。「このsurlyってゆうのめっちゃカッコいいな~」。もう一回言います、全然OKです。 フレームラインナップも豊富で、じゃあフレームから組みましょうか!と言われても???しかないでしょうけど、そこはボクたちに相談してください。使い方や見た目の希望、ご予算・・・様々な要望に合わせて最適な1台を組み上げます。 用途に縛られないからこそどうゆう自転車に仕上げたらいいのかわからない人と思いますけど、そんな人たちのためにボクたちがいますのでうまく使ってください。 今回ご準備したのはmid night specialのメーカー完成車。 今は亡きpacerの後継機として登場して以降、surlyの中でも人気の車種になっています。 HT44ヘッドチューブ、フラットマウントディスクブレーキ、前後スルーアクスル。pacer以上に太いタイヤが入るクリアランス。pacerはピュアなクロモリロードに近かったのに対して、より全方位に対応できるようにアップデートされています。 今回は日常の移動の脚かつキャリアは不要、ロングライドもこ
シングルスピード or 変速?今回はシングルスピード!!

シングルスピード or 変速?今回はシングルスピード!!

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
変速もシングルスピード、どちらも対応できるマルチなフレーム surlyと言えばcrosscheckと言えるほどにsurlyのsurlyらしさが溢れてるフレームだと思います、crosscheck。 エンド幅は132.5㎜。エンドはホリゾンタルエンド。 ロードハブもマウンテンハブもどちらも使える仕様かつ変速機のないシングルスピードでも組めるフレームなんてそうそうあるもんじゃないんです。 ハンドルはフラットでもドロップでも、もちろんブルホーンでも。 何から何まで好きにできちゃうマルチなcrosscheckはパーツセレクトの自由度も高いのでカスタム車として自分の色が出しやすいんでどうゆう風に組みましょうか?とお話しているボクたちもワクワクしちゃうんですよね! 今回はフラットバーにシングルスピードのシンプル仕様。 街中を駆け抜ける自転車ならフラットバーがポジションも操作性も一番使い勝手のいいハンドル。 surlyを日常の移動の脚に使うなら使い勝手とカッコよさを兼ね備えたcrosscheckがおススメです。 https://ja.surlybikes.com/bikes/cross_check surly / crosscheck price:¥68,000+tax ホイールサイズ:700c 完成車目安価格:¥150,000+tax~ 久々に使った2本引きレバー 10年くらい前かな?誰もかれもピストバイク言ってた頃によく見かけたデュアルプルのブレーキレバー。 元を辿ればBMX用なわけですが、ブレーキレバーが一本のみになるのでハンドル周りをスッキリさせるのに人気のパーツでした。 今回も同じ目的で久々に使ってみたんですが、長さの違うブレーキワイヤーを同時に引くのでブ
tokyobikeの限定版 “cs limited”

tokyobikeの限定版 “cs limited”

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, tokyobike
26とも違う特別仕様のtokyobike "cs"とは"classic sports"の略。 パッと見は定番のtokyobike26に見えますが実は結構違う限定版です。 わかりやすく表現するなら、"tokyobike ss"に"sports 9s"スペックの変速機を取り付けたもの。 26はその名の通りホイール&タイヤが26インチですけど、cs limitedはssやsports9sと同じく650c。 650cも26インチだけどetrto571で522の26インチに比べて少し直径が大きいホイールサイズ。タイヤも26に比べて細いものが入っているので見た目のスッキリ感+加速感が気持ちのいいサイズです。 変速機はshimano soraのリア9段。26がMTB用の8段なので全体的にギア比の大きくなるsora 9段仕様のこちらの方がホイール&タイヤと相まってスポーツ性能を高めたモデルになってます。 スポーツ性能を高めてますとは言うものの、クラシックなスレッドステム仕様に全体をシルバーで固めたパーツ達のおかげでスポーツ風味も薄いのでカジュアルなスタイルで乗れるtokyobikeの特徴はしっかりと引き継いでます。 tokyobikeがいいけど、ある程度の距離をサイクリングもしたいんだよねーとゆう方におススメなこちらのcs limited。 名前の通り、限定版なので在庫のある内にゲットしてくださいね! https://tokyobike.com/product/tokyobike-cs-limited/ tokyobike / cs limited price:¥78,000+tax ホイールサイズ:650c(ETRTO571) タイヤサイズ:650x25c 変速機:shimano s
ずばり、「乗りやすいロードバイク」

ずばり、「乗りやすいロードバイク」

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, E.B.S other
Go so far away e.b.sのフレームラインナップは多種多様。 ゴールを決めずにぶらぶら走って楽しいのがvokkaやstuffなら ゴールを決めて走るのが楽しいのが今回のfaraway 10kmや20kmじゃまだ振り返るには早すぎる。もっと先のゴールを見据えて自転車を漕ぐ。もちろん、楽しく、快適に。 farawayはそんな使い方が楽しいフレームです。 関西のとある自転車屋さんの別注モデル "faraway"。あまりにいいフレームなんでボクたちも少しだけ分けてもらいました。 既存モデルのfloatなんかよりも少しだけ長いチェーンステイにヘッドチューブは巷で言うエンデュランスロードをクロモリに落とし込んだようなジオメトリー。ホリゾンタルフレームの多いe.b.sでは珍しい少しスローピングしたデザイン。 このクロモリ製エンデュランスロードと言うべきfaraway。 グラベルやツーリングに適したフレームか、伝統に乗っ取ったクラシックスタイルのフレームが多いクロモリ界隈では実は稀有な存在。 エンデュランス系のフレームらしくフェンダーマウントは装備されていますが、フレームの装備はそれのみ。少し太めのタイヤが装着可能なピュアなロードバイク。 ブラケットを持ってペーシングするとクロモリ特有のしなりを活かした快適な走りができますし、下ハンを持って踏んであげると今回装備したタイヤの影響もありますが、かかりがいいのでダンシングで気持ちよく加速してくれます。 デイサイクリング用にロードバイクが欲しいけどブランドロゴがどっしりとのったカーボンやアルミのレーステイストはイメージが違うとゆう方には是非一度見てもらいたい自転車です。 e.b.s / faraway 既存モデルではない別注モデルのた
何はさておき、これで走り出そう

何はさておき、これで走り出そう

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
surly "straggler" 細部を見ていくとその実かなり違うフレームなんだけど、こいつをわかりやすく表現するならcross checkのディスクブレーキverと思ってもらっとくとイメージしやすいですかね。 crosscheckにできなくてstragglerにできること。 それは「ホイールサイズ」。stragglerはフレームサイズ52までは650B用、54以上は700C用のサイズ設計になってるんです。ただ650Bフレームに700Cも入るんで、フレームサイズ選びは身長で考えてもOK。ticketではちょい太目の650Bでのオーダーが人気。 crosscheckと兄弟分だよなーと感じるのはやっぱりリアエンド。そう、シングルスピードで組めるんです。ギアがあると確かに便利。だが漢は黙ってシングルスピード!・・・そんなオーダーもお待ちしてます。 2020年のラインナップではstragglerは完成車の設定がなくなっちゃってフレーム売りオンリー。そうなると完成形のイメージがつかみづらいし、フレームから組むと高くなるんでしょう?って感じちゃう人も多いと思うんで、スタイルはすっかり、でも手の届きやすい完成車を1台作りました。 ガッチリツーリングやグラベルライドで使うとゆうよりも街中で使って楽しい自転車をイメージした使い勝手のいい1台になってます。stragglerを検討してる人は是非参考にしてください。 お店で展示販売もしてますのでもちろんこのまま乗り出してもらってもOK! surlyは欲しいけどいきなり高価なパーツたちで組むのはな~・・・と悩んでる人はこいつでキマリ。まずは乗ってみる。楽しんでみる。カスタムや自分の理想の自転車はそこから詰めていってもいいと思います。 フレームがしっかりしたものなら永年乗れるし、後々のカスタムも
こうゆうcrosscheckを待ってた

こうゆうcrosscheckを待ってた

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
レースじゃない「楽しむ」ための自転車を欲する自転車スキーたちの欲求をガッチリ受け止めてくれるsurly。自転車に乗ってあれがしたいこれがしたいこう乗りたいってゆうわがままな要望にもだいたい応えてくれる上にカッコいいからticketでも大人気。 唯一ないと言えばレースバイクがないくらい。でもいらないんですよね、レースバイク。surly選ぶ時点でレースに目は向いてないんで。 そういえば一昨年お店に来てくれた本国スタッフが見せてくれたんだけど、「オレ、surlyのスタッフじゃん?でもトライアスロンやるんだよね!で、これこの前大会出た写真な!」ってエアロヘルメットかぶって、TTハンドルついてるECRでした。何なのこの人たち・・・ってのが正直な感想でしたけど、それもまたsurlyらしいし、surlyを作ってる人たちらしいです。 そんな多方面にぶっ飛ぶつつも、利便性高く、実直なフレームを作り続けてるsurlyの中でも息の長い古参モデルがcrosscheck。 surly定番の4130クロモリの丸パイプ。 太いタイヤを想定したフレームクリアランスとカンチブレーキ台座。 フェンダーやキャリアをつけられる豊富なダボ。 シングルでも多段でも組めるエンドに、ロードハブ、MTBハブどっちも入る132.5mmエンド。 懐深すぎて底が見えないレベルに達してます。 昔からあるモデルですけど、「このフレームは何用です!」ってのがボンヤリしてて見えないのがsurlyのいいところ。それを一番体現してるんじゃないかなと思います。surlyの中で一番お気に入りのモデルです! そんなcrosscheckの2020年カラーのフレームが届きました。 今回のカラー名は "stoned ground mustard"。 うん毎度よくわからん。マスタード
ブルーメタリックの輝き

ブルーメタリックの輝き

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
各フレームにブラックをラインナップしつつ、シーズナブルなカラーをラインナップしてる最近のsurly。おもろしいのがカラー名が毎回ひとひねりあって、赤!とか青!みたいな呼び方しないんですよね。 今回組んだstragglerのカラーは"Blueberry Muffin Top" つまり・・・なんだ?焼き上がったブルーベリーマフィンの一番上のとこの焼き色ってことかな?わかりづらいか?わかりづらいな?でもこれがsurly。ブラックにすら車種ごとに名前ついたりしてるんで、お客さんに「この車種の〇〇〇って色」と言われても「???」って顔してる時がありますが、カラー名が突拍子もないんでご勘弁ください。 このstragglerは既に生産が終了しているカラーですが、少量だけ国内に残っていたものをゲットして組み上げました。surlyは車種それぞれができあがってるのでモデルチェンジも少ないし、crosscheckやstraggler、steamroolerなんかのノーマルサイズの新円パイプで組まれたトラディッショナルなスタイルのクロモリフレームは過去のカラーであっても時代遅れ感もないので大事に使ってもらえると思います。 このブルー・・・ブルーベリー・・・Blueberry Muffin Top!・・・は、一見するとネイビーに見えるけど、近くで見ると軽くラメの入ったメタリックな仕上がり。日差しがあるとどこかパープル感があるのもGood!各ブランドでメタリック塗装復権の流れも感じる最近の自転車業界、派手すぎないこんなメタリック塗装は飽きが来なくておススメです。 http://ride2rock.jp/products/104744/ surly / straggler 650B price:¥80,000+tax(フレーム&フォーク)
大人の乗るカッコカワいいポップなバイク

大人の乗るカッコカワいいポップなバイク

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, E.B.S FLOAT700SINGLE
どこのブランドだ!こんなポップでカワイイフレーム作ったのは!! フレームカラーといい、タイヤといい、パーツのシルバーとの相性といい、カッコカワイすぎだろ!! 正解はe.b.sです。 ボクたちもオーダーをもらった時から出来上がりを楽しみにしてたんですよ、このフレーム。 フレームが届いて実物を見ると「おおおお、いけてる・・・!」って一気にテンション上がって、完成車にしたらさらに上がりました。カワイイし、カッコいい。ポップなカラーリングのフレームは市場でも見かけますけど、細身のクロモリで作られたジェントルなフレームをこうゆうカラーリングで塗るとカワイイとカッコイイが同居する素敵な1台に仕上がっちゃいます。 こうゆうバイクを大人がサラっと乗るとこれまたカッコいいんですよね。 派手なフレームにそれに合わせたアルマイトのカラーパーツてんこ盛り!みたいなバイクを見ることもありますが、それは僕たちの好みではない。派手さの中にも落ち着きが欲しいんですよね。感覚的な話ですけど。 洋服と同じです。要はバランス。 こうゆう自転車欲しいけど、バランスってなんやねん!って方はお店でご相談ください。 普段は落ち着いたブラックやグレー系のカラー、ロークリア仕上げでの納車が多いfloatなので、久々にボクたちもフレッシュな気持ちで組み上げられた1台になりました。 http://ebscycle.com/float-700-s/ e.b.s / float700s price:¥131,000+tax(標準仕様フレーム&フォーク) ホイールサイズ:700c 今回のフレームは内装ギアを搭載するためのアウター受けやエンドの追加造作やカラーの塗り分けをしているので標準価格にアップチャージがかかっています。 一見
レース感のない優しい色合いはいかがです?

レース感のない優しい色合いはいかがです?

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, breezer
MTBおじさん Joe Breezerさんの作る自転車はパッキパキのレースバイクじゃなくて、自転車を楽しむための自転車。自転車を自然に生活やアクティビティに取り入れられるようなラインナップになっていて、フレームはどのモデルもクロモリ。クロモリは性能面でのメリットはもちろん、カジュアルな服装で乗ってもスッと一体になれるライトな印象を与えてくれるデイリーバイクのマスト素材。 今回入荷したradarのフラットハンドル完成車"cafe"は名前の通り、カフェライド、つまりショートライドを繰り返す乗り方に最適。長距離を走るならやっぱりドロップハンドルの方が楽だけど、通勤やお買い物、遊びに行くときなんかは距離もそんなに長くないし、ストップアンドゴーを繰り返すことが多い都心の自転車事情。そうゆう状況で使うにはピッタリな自転車かなと思います。 昨年までのカラーは継続しつつ、Newcolorとして登場した今回のカラーもかなりGood!! 僕たち的にはかなり好きな色なんですよねアイボリー。でも市場の自転車には案外少ないカラー。レトロな胴抜きペイントでレッドの差し色が入っていて優しくもぼんやりしないメリハリのある自転車に仕上がってます。 XS(45)とS(48)が1台ずつの入荷ですのでお早めに~! あ、あと皆さんインフルエンザ。気を付けてくださいね。いつもブログを書いているボクが一週間ほど寝込んでいたので更新が止まっちゃってました。オフィスに戻ったら、自宅に帰ったら、手洗いうがいを忘れずに! https://www.breezerbikes.jp/2020/product/radar.html breezer / radar cafe price:¥99,000+tax ホイールサイズ:700c 今日日のトレンドは
“楽しむ”ためのロードバイク

“楽しむ”ためのロードバイク

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, OTHER 他メーカー
1月とゆうわりにあまり寒くない気がする東京都内。 暖冬だと聞いてましたけど、暖冬以上にそもそも冬になってなくない?くらいに気温が高い現在。自転車乗りには嬉しい限りですよね。極寒も汗が出にくいんでしっかり対策すれば走りやすいんですけど、その一歩手前が一番楽しいです。 寒いとどうしても腰が重たくなりがちですけど、夏以上にロングライドに最適な季節なのでロードバイクで是非走り出してもらいたいのが自転車屋の気持ち。 じゃあロードバイク買うか!となっても、一口にロードバイクと言ってもその切り口はさまざま。 ticketに来た事がある人はわかるかもしれんが、ticketにはいわゆる"レースバイク"は置いてません。 同じロードバイクでもライバルに打ち勝つ、レースでトロフィーを勝ち取るような自転車は僕たちの求めているところじゃなくて、僕たちの好きなロードバイクは「永く使える&長く乗れる」 シリアスな場面で使われる自転車も研ぎ澄まされたナイフみたいで、そのスタイルは大好きです。でも乗りたい自転車ではない。僕たちの乗りたい自転車は"楽に乗れて、かつ楽しい"。Fan、とことんFan。 そんなFan方面へ突っ走ったフレームが今日紹介するVeloci "Diskoking" http://www.velocicycle.com/disko Veloci / Disko King price:¥248,000+tax ホイール:700C フレーム&フォーク:¥105,000+tax SRAM Rival 2x11仕様の完成車で組み上げました!   kingと聞いて、うおお???と思ってしまったあなたは少しticketに染まりすぎ。別にchriskingがついてくるわけではありません
surlyにはフロントバスケットもアリ!

surlyにはフロントバスケットもアリ!

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
カゴは便利。これは間違いない事実。仕事、買い物、お出かけ、何をするにもどこに行くにもカゴは便利。 じゃあみんなつければいいじゃん!と思うけど、そうはいかない。自転車にカゴをつけたい派の積年の悩みが 「つけるとカッコよくない」 でも大丈夫。そんなことないですよ。surlyはカゴをつけてもカッコよく仕上がります。 ticketでも時々で紹介している方法、「フロントキャリア+カゴ」 これが最強の解決策! フロントキャリアをつけた上でそこにカゴを固定するのでカゴをつける時にどうしてもルックスを損なう取り付け金具もいなくなるのでカゴがついててもめちゃくちゃカッコいいんです。ホントに小さいパーツ、小さい部分なんだけど、この「少し」が実は物凄く大きい差になるんですよね。 カゴつけたい派の方は是非ご参考に! https://ja.surlybikes.com/bikes/straggler surly / straggler price:¥260,000+tax(フレームからの組み上げのため都度お見積もり) ホイールサイズ:650b & 700c   シクロクロスバイクだけど普段使い推奨 デイトリッパーでウィークエンダーで荒れた道用のロードバイクでレースに出るそぶりを全く見せないシクロクロスバイク。 さすがsurly、何言ってんのか全くわかんない! ま、要は日常使いから砂利道遊びまで何でも来い、シクロクロス的な遊び方や草レースに出たい人は今はmidnightspecialがあるんでそっちをどうぞってことでしょう。 stragglerはフェンダーやキャリアの取り付けがしやすいフレームで取り付けた状態での安定感もあるジオメトリーなのでディスクブレーキフレームで荷物を積みたい人