おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

700c ROAD / CROSS

700c ROAD / CROSS

たまにはノスタルジーに

たまにはノスタルジーに

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, tobira
ここ最近、surlyやe.b.sでひゃっほーかっけぇーが多いわたくし共ticketですが ノスタルジーに浸れる自転車ももちろんお任せください。 ベースになったのはe.b.sのセカンドライン "tobira" レースやツーリング用途ではなく、日常での自転車にフォーカスしたフレームは いわゆる実用車に近いデザイン。 e.b.sの作るフレームの中で唯一完成車での販売を行っているもの過度なスペックを与えずに 日々を共にする自転車として必要な機能だけを持たせているから。 フレームに使用されるパイプはe.b.sの各モデルと同じkaisei社の日本製クロモリパイプなので もちろんカスタムベースとしてもおススメです。 乗りながら用途の変化に応じてメンテナンスやカスタムをしていくのも自転車と暮らす楽しみのひとつだと思います。 今回のカスタムはフレームカラーのオーダーもしているので 各所パーツと併せて金額は相応になりますがtobiraの完成形のひとつとしてご覧ください。 :https://tobira.ebscycle.com/ tobira / model-t ホイールサイズ:700C(標準仕様:700x35C) フェンダー/キャリア取り付け可能 カラーオーダーは別途お見積もり(標準カラーはブラック) 詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!
ブルーベリーマフィントップ!?

ブルーベリーマフィントップ!?

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
ってなんだよ。 いきなり題名から意味不明だろ、と。 ごもっとも。 題名の時点でピンときてる人がいたら、そうとうなsurlyフリークでしょう。 ピンときたあなたは誇っていいと思います、surlyに詳しいと。 "blueberry muffin top"とは数年前にsurly "straggler"でラインナップされていたカラー名。 「ブルーベリーマフィンの上んとこの色」 毎度なんだよその名前ってやつですが物凄い人気のあったカラーでした。 ネイビーなんだけどすこーしだけパープルがかっていてシルバーパーツで組み上げてもカッコよかったんですよね。 今回のsurlyもそのカラーが物凄く気に入っていただいて、そこからオーダーが始まったオーナーさんだったので 自転車屋さんとしても何とかしてあげたかったんです。 でももちろん在庫はとっくの昔に完売。 そしてそもそもフレームはmidnight special。 これはもう塗るしかない。 毎度のごとく既存のカラーを剥離した上で再塗装を実行。 既に廃盤となっているカラーなのでサンプルにするものもなく自分たちの脳内と過去の画像だけが頼りでしたが 届いたフレームは「おぉマフィントップだ!」とゆう納得の出来。 これなら今後も量産が効きそう・・・! https://ja.surlybikes.com/bikes/midnight_special surly / midnightspecial price:¥99,800+tax(フレーム&フォーク) 完成車目安価格:¥300,000+tax(塗装含む) 詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click her
変わらない美しさ

変わらない美しさ

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, E.B.S hobo
クロモリフレームが自転車界の先端素材だったのは今は昔の話。 でもクロモリは廃れることもなく、未だに新技術を盛り込んだパイプが多数登場しています。 軽さや剛性などはカーボンやアルミには譲るもののクロモリ特有の「しなり」が生み出す快適性や踏み込んだ際の軽やかな加速は他の素材では味わえないもので、やはりクロモリはいい素材だなと思わせてくれます。 ticketで取り扱うe.b.sやsurly、allcityがクロモリフレームをメインでラインナップしているのもブランドの志向する自転車の用途や方向性と素材が一番よくマッチしている証拠。 丸パイプが基本構造のクロモリフレームは所謂サイクリングウェアではなくカジュアルな服装で乗っても自転車のスタイルと齟齬が出ずに気軽に乗れる自転車になってくれるのもクロモリをおススメしている理由のひとつです。 hoboはe.b.sのラインナップ内でも一番クラシックなスタイルのフレーム。 昨今のパーツ事情でシルバーやポリッシュのパーツを組み込んだ仕様にすると金額が増しますが、カタログスペックの完成車ではなかなか実現できない自分だけの1台に仕上げる事が可能です。 今回のhoboはフレームにメッキ加工を入れ、シルバーパーツで組み上げた1台。 過去のアーカイブから飛び出してきたようなクラシックスタイルなhoboはオーナーさんのこだわりが詰まった素晴らしい仕上がりになりました。 http://ebscycle.com/hobo/ e.b.s / hono price:¥145,000+tax (フレーム&フォーク) color:アイスブルー(メッキ加工代は塗装とは別途) wheel:700c(最大タイヤサイズ32c) 詳しいショップインフォメーシ
2021年のsurlyはポップなカラーリングで

2021年のsurlyはポップなカラーリングで

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
世界情勢もあってなかなか在庫が入ってこない(とゆうか入荷はしてるけど量が少ない)最近の自転車業界。 入荷がしぶいとゆうだけで入ってはくるので気長に待ってもらうのが最善。 surlyもそう。輸入元にはおいしいサイズのフレームはまぁー在庫がないので予約してもらって入荷を待ってもらうのが実際一番早いし確実。 買うと決めたら早く欲しいのはみんなそうなので時間をもらうのは心苦しいところなんですが、 そこは逆に考えましょう。 自転車のことを知る時間ができたんだ、と。 知識欲が高い人はそもそも自転車って・・・からスタートしてもらっていいですし、何かカッコいいパーツないのかな!?でググってもらってもいいですし。 自分が乗る自転車のことを知れれば、なお愛着が湧くはず。 あぁ・・・これカッコえぇ・・・あぁこれもあれもカッコえぇ・・・とのめり込みすぎてフレームを待っている間にどんどん野望が膨らんで予算も膨らんでしまった!にならないようにだけは注意してくださいね(笑) さて、そんなお待たせしましたフレームの中で入ってきたのが今回のstraggler。 2021年のnew color "chlorine dream" え、なんて? chlorine? え、塩素・・・? 塩素の・・・? 夢・・・? うん、まったくわからん。 surlyはいつものことだけど全く意図がわからん。 でもいいんです、すんごくいいカラーなんで! 展示会で見た資料だと水色に見えてたのもあって、いい意味で裏切られました。 大事なことなんでもう一回、これ、「めっちゃくちゃカッコいいカラーです」 https://ja.surlybikes.com/bikes/straggler surly
黒いだけ・・・じゃない!!

黒いだけ・・・じゃない!!

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
あーstragglerねーうんうんカッコいいねー ・・・で、素通りしないでっ!! 確かに? 毎年、毎月、毎週のように組んでいる気がするsurlyの大人気車種なわけですが やっぱり1台1台に少なからず個性があるんです。 今回のstragglerはオールブラックにスキンサイドのタイヤと一見シンプルな仕上げに見えて ハイスペックなパーツ達が大集合した別格な仕上がりの1台になってます。 将来のカスタム目標地点、または目の保養、もしくはこれ欲しい!まで色々あると思いますが カッコいい1台なので是非ご覧ください。 https://ja.surlybikes.com/bikes/straggler surly / straggler price:¥80,000+tax(フレーム&フォーク) ホイールサイズ:650b/700c たまには・・・ 普段はボク主観でのお話やおススメポイントを書いていますが、たまには詳細なパーツスペックも欲しいですよね。 特に今回の1台はどこを切り取ってもハイスペックなので特に参考になると思いますし。 headset : chirs king "notheadset vold" stem : thomson "X4 100mm" handle : dixna "j-fit trad 400mm" seatpost : thomson "elite 270mm" saddle : brooks "cambium c17 AW" crank : whiteindustries "r30 170mm/42t" pedale : mks "silvan touring next" brake : trp "spyre
surly “steam roller”

surly “steam roller”

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
steam roller 懐かしいですね、AMDのアーキテクチャですね。 違う?違いますね。 サンセットフリップのことをそう呼んでましたね。 違う?違いますね。 道路を整備する蒸気エンジンの重機ですね。 違う?いいえ、違いませんね。 名前の由来はここからだと思います。 フレームに重機いますしね! 2021年カラーのビビットなレッドのフレームを早速オーダーもらって組み上げました。 極上のパーツが搭載された最上級のsteamrollerです。 https://ja.surlybikes.com/bikes/steamroller surly / steamroller price:¥68,000+tax ホイールサイズ:700c(最大タイヤ幅:38c) 高ければいいってもんじゃない! chris king white industries paul philwood みんなが憧れるアメリカメイドのパーツブランドたち。 メジャー志向アメリかぶれなボクももちろん大好きです、性能含めて。 今回の自転車にもそれらのパーツをふんだんにぶち込んでますが、忘れないで欲しいのは「高い=正義」ではないとゆうこと。 カスタムするときに気を付けたいのは「バランス」 一点豪華主義、ワンポイントアルマイトパーツは一歩間違うと「ん?」になる諸刃の剣。 エクスカリバーを手に入れたはずがエクスカリパーでしたになっては目も当てられませんからね。 愛車のバランスを損なわない中心点を見つけてあげましょう。 今回のsteamrollerはオーナーさんが自転車にも車にも詳しい方だったのでサクサク決まっていったのに バランス感は
tobiraも十人十色

tobiraも十人十色

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, tobira
カスタム仕様での納車も承っています 京都製ハンドメイドフレームe.b.s ticketのド定番と化したクロモリフレームブランドですが、そのe.b.sが作るデイリーユースなセカンドブランドがtobira。 フレーム素材はもちろんe.b.sと同じkaisei社クロモリチューブ。 チューブのグレードと完成車設定を設けることで手の届きやすいプライスと長く使える耐久性を実現しています。 みんな街中で見かけると「かっこいい!」と思っちゃう実用車。八百屋さんとか魚屋さんの前に止まってたり、築地のおじさんたちが乗ってそうなやつって言うとわかりやすいですかね。 ノーマル仕様で乗ってもらって使い方や好みに合わせて徐々にカスタムしていくのはもちろん、カラーやパーツ仕様などを最初からカスタムしてご納車することも可能です。 2020年もたくさんのtobiraをオーダーいただきました。 ブログに紹介してきれなかったカスタム車をゴソっとご紹介します。 是非ご購入の検討材料にしてくださいね! tobira / model-o price:¥110,000+tax カスタム費用:¥10,000程 tobira / model-o price:¥110,000+tax カスタム費用:¥20,000程 tobira / model-o price:¥110,000+tax カスタム費用:¥60,000程 フレームから組んだ特別仕様車が店頭にて販売中です! tobira / model-o price:¥175,000+tax e.b.sさんに無理言ってフレームだけで譲ってもらってticketで1
surlyなら自分だけの1台が作れる!

surlyなら自分だけの1台が作れる!

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
フレーム塗装とかどうですか? これまでにも何度か紹介してきたフレーム塗装をしたsurlyのフレーム。 surlyが他社と違うのはフレームデカールが塗装の上から貼ってある、モデルごとにデカールキットの販売があるとゆう2点。 これのおかげで元からあるデカールそのままでフレームの塗装ができます。 もちろん他社のフレームでもデータ製作を別途でお願いすれば元からのデカール残すこともできるんですけど、やはりネックになるのは「コスト」 塗装費用と別でそれなりにお値段がかかっちゃいます。 その点、surlyのデカールキットは¥2,000くらいからあるのでフレーム塗装の費用をグッと抑える事ができます。 納期~6週間ほど(時期により塗装屋さんの混み具合で変わります) 価格~新規フレーム:¥25,000~/完成車でのお持ち込み:¥50,000~ 今回のフレームは落ち着きのあるアイボリーに塗装しました。 柔らかいカラーなのでブラックパーツで組み上げてもいかつい感じにならずにカジュアルな服装でもピタっとハマるデイリーユースに最適な1台に仕上がりました。 wtbのbywayのスキンサイドのタイヤとの相性もバッチリ! もちろん見た目だけではなくsram "apex1"コンポーネントで固めたので性能も申し分のない快適そのもの。 近場の移動からお休みの日のロングライドまでこれ1台あれば何でもこなせる仕様。 一家に1台、starggler。 それくらい乗りやすい1台。ドロップハンドルが初めての方にもおススメできる自転車です。 詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for more information. Don’t hesita
たまにはクルーザー風味はどうでしょう?

たまにはクルーザー風味はどうでしょう?

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
超⁵快適なcross checkができた。 タイトル通り! やっべーカッコいい やっべー楽しい やっべー気持ちい cross checkが完成しました。 cross check + シングルスピード + クルーザー感 =これ100点 見た目のインパクトもデカい sycip cycleのjb barと高さの出せるvenoのステムで実現したリラックスポジションは クルーザーのようなゆったりしたポジションが取れるのに後ろに体重が行き過ぎないので漕ぎやすい。 cross checkのフレームとの相性抜群な組み合わせ。 タイヤもsomaのしなやかな38cを入れてあるのでクッション性とトラクションのバランスがいいので見た目の太さ以上によく走ります。 「これ最強や!!」とはbossの談。 いやでもホントに最強。 日常の足にsurlyを使いたい方には猛プッシュな1台です! https://ja.surlybikes.com/bikes/cross_check surly/ cross check price:¥145,000+tax(完成車) size:52 同じカラー/サイズのフレームセットも1セットストックがあります。 詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!
舗装路70% / 未舗装路30%(な、イメージ)

舗装路70% / 未舗装路30%(な、イメージ)

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, E.B.S VOKKA
未舗装路にも憧れがあるならば 選ぶべきは"vokka"!! もしも「憧れはあったけど憧れで終わったわ!」って時にも街乗りで快適な自転車へのふり幅が残されてると自転車も無駄がない。 この懐の深さとゆうか、ユーティリティ性がvokkaの特徴でもありおもしろい部分。 今回は未舗装路にも軽く入れちゃうイメージで幅広めのドロップハンドルとサイドノブのある太目のタイヤで遊べる仕様で組み上げました。 「こうゆう仕様用途を想定しています」がないvokkaみたいな乗り手の用途に合わせて自由に組めるフレームって実は市場でも珍しい存在。 やっぱり「これ!」と決まったコンセプトがあった方が見てる側にはインパクトありますからね。 でも「生活の中でのツール」とゆう想いもあるボクたち的にはこうゆうvokkaみたいなフレームが大好き。 言うなれば「コンセプトはない、がコンセプト」 e.b.sの中でも一番遊べるフレームです。 さて、どんな使い方で自転車探してますか? 自転車で何がしたいのか、どんな自転車が好きなのか。 カメレオンみたいなvokkaで理想の自転車を作ってみましょう! 何もわかんなくても大丈夫。あなたのイメージをボクたちに教えてください。 バッチリ仕上げます。 http://ebscycle.com/vokka/ e.b.s / vokka price:¥91,000+tax(フレーム&フォーク) ホイールサイズ:27.5x2.3(最大サイズ) カラーオーダー:単色/¥12,000+tax   raw clear/¥20.000+tax 詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for more
“KAMOGAWA”

“KAMOGAWA”

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, E.B.S other
シングルスピードな新顔 e.b.sの本拠地、京都府。その京都の中心部、木屋町二条にe.b.sのオンリーショップvelo stand kyotoがあります。 そこからe.b.sの濃い情報を発信している通称 "MASN"が今回の発信源(らしい) 鴨川を気持ちよくライドしたいとゆうコンセプトで作られたフレーム。 それが "kamogawa" シンプルなホリゾンタルフレームにちょい太目の700cタイヤが入るクリアランスにシングルスピードをゆう割り切った仕様。 このkamogawaが如何にして誕生したのかはボクが語るよりもボクの36倍熱量のあるMASNの前後編にわたるブログがあるので是非そちらに譲ります。 MASNの熱いブログ(前編) MASNのさらに熱いブログ(後編) velostand kyotoでは完成車での提案もしているみたいでクオリティのいい国産フレームを手軽に乗ってもらいとゆうのはtobiraとも似たコンセプトですが、こっちはもう少し走れる仕様かな、と。 こんなの作ってるらしい 素敵なお値段のkamogawaの提案は上のブログに譲るとして、ボクたちticketからは行くとこまで行った仕様をご紹介しておきます。 whiteindustries、chrisking、velocity、selle italiaなどなど誰もが羨む、誰もが憧れるパーツをこれでもかと盛り込んだkamogawaが完成しました。 写真撮ってる時も感じたんだけどkamogawaはraw clearが似合うな~・・・ なんでだろ? クランク:white industries/r30 チェーンリング:white industries / narrowwide chainring(mr30用) ハブ:
カスタムペイント ~surly “straggler”~

カスタムペイント ~surly “straggler”~

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
surlyのフレームもカスタムペイント可能です! ticketでカスタムペイントと言えばe.b.sが圧倒的多数ですが、あれはそもそも工房で仕上がったフレームは無塗装でストックされてるんで必然的にカラーオーダーになっちゃうから。 じゃあ入荷した時点でカラーがされているsurlyのなどのフレームはどうなのか? もちろん塗装可能です。 その場合は今塗られているカラーを一度剥離した上での再塗装になります。 剥離工程が入るので少しお値段はアップしますがカラー見本帳などからお好みのカラーに仕上げられるのはかなり魅力的。 納期は4~6週ほど。 価格は塗装方法やカラー、仕上げによって違うのでお店でお問い合わせください。 今回はstargglerをアイボリー系のカラーで再塗装してご納車しました! surlyはフレームデカールが車種ごとに販売されているので再塗装してもキッチリロゴが残せるのがいいですよね。 まさに自分だけのsurlyって感じで満足感の高い自転車に仕上がります。 詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!
シャープなクロモリディスクロード

シャープなクロモリディスクロード

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, E.B.S other
シャープなクロモリディスクロード ロードバイクにもディスクブレーキを搭載しよう!とゆう流れが出てきてから早数年。 選択肢のひとつだったディスクブレーキもレースでの承認が下りたことで一気にスタンダードとなりました。 レース系の自転車に関して言えば今やリムブレーキのラインナップがないフレームが大多数になってきていますが ticketの主戦場クロモリ界隈はどうかと言うと、「まだまだ少ない」のが現状。 surlyなんかのアドヴェンチャーバイクを多くラインナップしているブランドでは昔からたくさんありましたが ことロードバイクフレームではなかなか見かけないんです。 そんな狭い狭い薄い薄いところにスッとフレームをラインナップするあたりがe.b.sらしいですよね。 しかもとても出来がいい。 "needle"と呼ばれるそのフレームはその名の通り、針のように細みのクロモリパイプが目を引くフレーム。 フレームパイプはkaisei019を使用したフレームは軽量かつ適度な剛性感で伸びやかな加速を体感できます。 レース現場のシビアな環境ではなく、適度な速度域でのロングライドに威力を発揮してくれるはずです。 今回は店頭用に完成車を1台組み上げました。 1インチスレッド仕様のフロントフォークにフレームカラーは薄めのシャンパンゴールド。シルバー系のパーツをアッセンブルしたクラシックな雰囲気の中にディスクブレーキとゆう現代的なブレーキ仕様のギャップがおもしろい自転車になっています。 http://ebscycle.com/needle/ e.b.s / needle price:¥134,000+tax(フレーム&フォーク) ホイールサイズ:700c(最大タイヤサイズ28c)
太目タイヤでシングルスピードが今の気分

太目タイヤでシングルスピードが今の気分

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
超お買い得な完成車をご準備しましたよ 先にお伝えしておくと、この完成車。 ¥165,000+tax この時点で「はい、買いまーす!」でもいいくらいにナイスなstragglerができちゃいました。 surlyらしさを感じるホリゾンタルドロップアウトのおかげで ギアードでもシングルスピードでもどっちも組めちゃうstragglerを今回はシングルで組み上げました。 シングルの漕ぎの重たさが気になる人もご心配なく。 42cタイヤに42x18t(ギア比:2.33)で街中ライドでのスピード感とクッション性はバッチリ確保してあります。 https://ja.surlybikes.com/bikes/straggler surly / straggler price:¥80,000+tax(フレーム&フォーク) 完成車:¥165,000+tax 後々のカスタムもご心配なく 何かと言えば「やっぱ一番楽なんわシングルやわー」と言いまくってるボクらなので 是非ともシングルで乗ってもらいたいわけですが、用途によっては変速機が欲しくなることもあるでしょう。 使う人に合わせてカスタムしてあげるのが自転車の楽しみでもあるので 用途に合わせてギア周りをカスタムしやすいようにパーツチョイスしてあります! クランクはナローワイドチェーンリングのsram apex1を使ったので変速仕様にする場合もそのままフロントシングルできます。 ホイールもshimano mt-501(29er)にシングルスピード化するキットで組んでいるのでホイールもそのままでOK。 後々の拡張性も考えておきましたんで、これでスタートして乗りながら自転車の楽しみ方を模索してみてくださいね!
surly stock frame

surly stock frame

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
surly ストックフレームのご案内 如何ともしがたい事情なんですけど、新型コロナとかゆうやつのせいで生産がストップしたりで surlyの国内フレーム在庫、プラス次回入荷分の予約まで含めて在庫がかなり少ない状況が続いています。 モデル、サイズにもよるんですが、次回(8月)入荷分の予約も埋まってしまって次々回(11月以降)入荷分での予約になるものも出てきています。 特に50~54あたりの一番おいしいサイズが特にその傾向にあります。 予約はいつでも可能ですが、買おう!と思ったらすぐに欲しいですよね。。。 そこで、今日現在ticket店頭にある50~のサイズのフレーム在庫をお知らせしておきます。 どれも一本ずつなのでお探しのフレームはお早めに! midnight special price:¥99,800+tax size:50 straggler price:¥80,000+tax size:50 cross check price:¥68,000+tax size:54 cross check price:¥68,000+tax size:52 steam roller price:¥68,000+tax size:56 詳しいショップインフォメーションはコチラ Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!