おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

PARTS & ACCESORIES

parts-accesories

自転車好きの行きつく先~ハブダイナモ~

自転車好きの行きつく先~ハブダイナモ~

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES, Alex Moulton
alexmoultonの旧車をハブダイナモにカスタム トラス型のフレームが特徴のalexmoulton。 モールトン博士亡き今でも全く色褪せない完成度の高いミニベロとしてticketでも人気のブランド。 一度買ったらメンテナンスをしつつ長年大事に使ってもらっているユーザーさんが多くいるのもmoultonならでは。 今回メンテナンスと同時にカスタムを承ったのはtsrの前モデルにあたるapb。 tsrにモデルチェンジしてかなりの年数が経っていますがまだまだ現役の車両が多いモデルです。 ユーザーさんのapbも数多くメンテナンスしてきましたが今回のはなかなか珍しいフレーム。 正爪エンド自体も珍しいのですが、今回の車体はフレームに割が入っています。 これ何ができるとゆうと「ベルトドライブ」が使えます。 このフレームがどういった経緯でいつ頃売られていたものかは僕たちもわかりませんが、年式によって色々な仕様があるのもモールトンのおもしろみのひとつですね。 <<カスタム内容>> フロントハブ:son "deluxe" リアハブ:sturmey-archer "s1c" ライト:b&m "iq-x" リム:velocity "a23" ticketでは定番のカスタム"ハブダイナモ"化。一度使ったらもう充電式、電池式ライトには戻れないほど便利なハブダイナモ。 回転性能と耐久性ではハブダイナモ界の4番バッターsonのハブに、明るさと照射角の具合が良すぎるダイナモライトのエース"i-qx"を使用したハブダイナモの最上級カスタム。 持ち込まれた時点でコースターブレーキでしたが傷みがひどく、制動力も落ちていたのでsturmeyのシングルコースターハブのs1c
フェンダーはラインナップも豊富な”SKS”

フェンダーはラインナップも豊富な”SKS”

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES
ミニベロはもちろん、折り畳み自転車にも◎ ボクたち自転車屋とユーザーさん、そのどちらをも悩ます永遠の課題。 「フェンダー」a.k.a「泥除け」 タイヤ幅、フレームクリアランス、つけてもカッコいいのか・・・取り付ける時には様々な問題が発生しますが今回のこれはかなりのスグレモノ。 フェンダーブランド "SKS"の小径車用の幅広モデル。これかなりデキる子です。 タイヤが太目のミニベロはもちろん、折り畳み自転車にも難なくつけれます。 メーカー在庫が薄い商品ですが数セットお店にストックしていますのでフェンダーつけたいけど何がつくんだろうーとゆう方は是非ご相談ください。 アルミ製のフェンダーはもちろんカッコいいんですけど、毎日ガンガン使う自転車には実用性に富んだ樹脂製がおススメです。 dahon / boardwalkに取り付けた状態。折り畳み自転車も問題なし! タイヤを少し太いものにカスタムしたdash p8でもこの通り!タイヤサイズは20x1.95 詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!  
天然ゴムを使用したcambiumにnew color

天然ゴムを使用したcambiumにnew color

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES
サドルとバーテープ&グリップでトータルコーディネート 自転車用の本革サドルの4番バッターbrooks。イギリスで一個一個ハンドメイドされる革サドルは大事に使えば10年でも20年でも使える自転車サドル永遠のスタンダード。 でもよく言われるのが「硬い」。確かに「硬い」です、最初だけは。とにかく短時間でも乗ることで徐々に柔らかくはなってくるんですが天然皮革なので雨濡れなどに注意を払う必要もあります。 永く愛着を持って使える反面、技術が進化して様々な素材がサドルに使われるようになった昨今ではどんなシーンにでも便利に使えるサドルではなくなったのも事実。 もちろんbrooksもそんなことは百も承知。そこで登場したのが天然ゴムを使用したcambiumシリーズです。サドル面を天然ゴム+コットンで仕上げる事で買ったその日から適度な柔らかさがありつつも使い込んでも硬さが変わらないのが特徴。天候を問わず使えるのでデイリーユースにも持ってこいのサドルです。 ブラックのみで展開されているall weatherシリーズにカラー物が追加されました。 orangeとoctaneの2カラーのサドルと同色のバーテープとグリップ。サドルとバーテープorグリップはカラーが揃っているとグッと自転車が引き締まるので2点セットでの取り付けがおススメです。 サドル~¥15,000+tax バーテープ~¥5,200+tax グリップ~¥5,200+tax cambiumだけなのか、今回の入荷分から変更になったのか、ボックスと包装紙がめっちゃかっこよくなってます。 これはこれで置いといてもカッコいいかも。 詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for more in
一度使うとハブダイナモのない自転車生活なんて考えられない!!

一度使うとハブダイナモのない自転車生活なんて考えられない!!

News, 銀座, Hub Dynamo, PARTS & ACCESORIES
どんなシーンでも活きるハブダイナモ 題名はホントにブラフじゃないです。 便利すぎて一度ハブダイナモを使っちゃうとその便利さに驚きます。 どんなシーンでもって書きましたがレースは別かな?でもボクたちにはレースとゆうシーンが存在しないので。 ハブダイナモ自体は何ら珍しい存在じゃないです。ママチャリにだってついてます。 じゃあボクたちがおススメするハブダイナモはどんなものなのか。 やっぱりスポーツバイクフレームに搭載するので 強度・回転・仕上げ・見た目全ての部分のクオリティが高いものを使ってあげたいところ。 こと回転の部分はめちゃくちゃ大事! 内部のコイルを回転させながら発電するハブダイナモは値段が重量と回転性能に直結しちゃいます。 せっかくホイールを組んでカスタムしたのにデメリットがメリットを上回っちゃ意味ないですよね。 そんなわけでこのハブダイナモがおススメです!! 積まれた箱たち 中身はsonのハブダイナモでしたー! 少し説明しとくと、son(ソン)はハブダイナモと言えば、まずみんなが欲しい!とゆうブランドで ドイツで製造されるハブはダイナモハブとは思えない高い回転性能と美しすぎる仕上げでticketでもおススメのハブ。 独自のシーリングとベアリング技術は物凄い精度があって、メンテナンスフリーを実現しています。 万が一何かトラブってもメーカーさんが修理もしてくれるので安心して使ってもらえます。 確かに高い!でも長寿命! sonのハブは安いものでも¥36,000。高い、確かに高い。 でもハブダイナモを使おうと思うとまずホイール自体を組んであげなくてはいけない。 それにはスポーク代も工賃もかかるものだから安いダイナモハブで
現在brooksコーナー充実してます!

現在brooksコーナー充実してます!

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES
英国製本革サドルブランド "brooks" 自転車好きな方には馴染みのブランド "brooks"。創業150年を超える自転車界の長老。創業時から本革製のサドルを生産し続けています。現在ではサドル以外のラインナップも年々拡充を続けていてデイリーユースに最適なバッグなどライダーを含めたトータルでのbrooksコーディネートも可能です。 brooksはクロモリフレーム中心のラインナップのボクたちticketではNo.1人気のサドルブランド。 本革製はもちろん、天然ゴムを採用したカンビウムシリーズも豊富にストックしています。 新車購入時のアップグレードはもちろん、お手持ちの自転車のカスタムにもおススメのサドル。 本革サドルの手入れ方法などもご説明しますので、大事な愛車と同様に10年20年と愛着を持って使える「永く使えるアイテム」です。 http://www.diatechproducts.com/brooks/ ticketのbrooksコーナーも日々アップデートしてますが、今はこんな感じ。 本革サドルにカンビウム、バーテープにグリップ、バッグ類まで沢山揃ってます。 現在は生産されていないcarera製ヘルメットもサイズに限りはありますがまだ各色ご準備してます。 brooksには「茶色」が2種類あるんです クロモリフレームにサドル、グリップ、バーテープをつけます。さぁ何色ですか?となると、まぁまず最初に出てくるのは「茶色(ブラウン)」ですよね。 ただbrooksにはブラウン系のカラーが2色ラインナップされてるんです。極一部マニアックなモデルを除いたほとんどのモデルに。 "brown" と "honey" と呼ばれるこの2カラー。 brooks選びの永遠のテーマなんですよねこれ
銘品サドルと言えばこれ

銘品サドルと言えばこれ

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES
セラ・イタリアの歴史はサドルの歴史。 なんか言ったら言いすぎかな? でもそれくらいサドル業界にインパクトを残してるメーカーなんです。 今じゃ当たり前になった穴あきサドルに、GEL入りサドル、サドルへのカーボンの投入などはセラ・イタリアが持ち込んだイノベーション。 今のメインラインナップのSLRでも変わらず革新的なサドルを開発し続けてます。 そんな歴史あるメーカーだからこそ、ラインナップに残り続けてる定番商品が悪いわけないんです。 それが "flite"。軽いと言えばfliteなんて言われてた元祖軽量サドル。 現行のレース用fliteももちろんいいものなんですが、僕らが好きfliteはこっち。 サドル界の永久欠番 "flite"、各種がっちり揃ってます! fliteはクッションが入った一般的なサドル構造をしてますが、表面はレザー。使い込むことで適度な柔らかさが出てくるので薄いけど座り心地は気持ちのいいサドルです。 ドロップハンドルの自転車はもちろん、surlyなんかのクロモリフレームをライザーバーやフラットバーで組んだ場合でもバッチリ似合います! ちなみに僕はその昔、ダートジャンプ用の自転車につけてました。 それくらい何にでも似合っちゃうスグレモノ。 ボクの好きな「だって、カッコいいし」シリーズのひとつです!
みんな待ってた14インチ “big apple” が入荷!

みんな待ってた14インチ “big apple” が入荷!

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES
お待たせしました! メーカー在庫がずっと切れてた14x2.0のbig appleが入荷しました! dahon "dove"のfat化で人気に火がついてしばらく姿を消してましたが店頭に無事届きました。 2.0の太さがあるとエアボリューム増加の乗り心地UPと14インチと特に小さいdoveの安定感UPに効果抜群! たかがタイヤ、されどタイヤ。 かなり費用対効果の高いおススメカスタムです。 あと、こっちのVANSタイヤも同様におススメ!  
たまには自転車の細かいお話も

たまには自転車の細かいお話も

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES
「だってカッコいいから!」 とゆうパワーワードを駆使するふんわり紹介に定評のあるボクですが、それしかないとファッションメカニックだと思われかねないのでたまにはまじめなお話もしときます。 今回はタイヤのお話。 色んなところで解説されつくしている内容ですけど、ticketのブログでは完成車の紹介が多いのでたまにはこうゆうのもいいでしょうってことでしばらくお付き合いください。 「タイヤって、要はゴムでしょ?」 当たりのようで大正解ではありません。 まずはタイヤの構造図をどうぞ。 確かにほぼゴムです。でもゴムだけではありません。 タイヤを大きく分けると3つのパーツからできてます。 コンパウンド・ケーシング・ビード これらをひとつにまとめたのが「タイヤ」になります。 よく見かける"TPI"ってなんぞ? カタログなんかでタイヤをじーっと見てるとよく書いてある数字 "TPI" TPIとは"threads per inch"の略。ケーシング内の1インチの中にどれだけの繊維が詰まっているのかを数値化したものです。 え?タイヤなのに繊維?と思うかもしれませんが、これがタイヤはただのゴムではない部分。 繊維質の織物にゴムをぺたぺた塗った言わばタイヤの骨格であり筋肉。 実際に走った際にライダーのフィーリングへ直結するタイヤの非常に大事な部分。 各メーカーのタイヤで見かけるのはだいたい20~330TPIくらいまで。思いのほか幅があるんですよね。 じゃあTPI値が高いと何がいいのか?それはタイヤのしなやかさに影響を与えます。 タオルで想像してみてください。安いタオルはライトに透かすと網目が荒いので光は透けてきますし、糸も太くて肌触りもごわごわ。でもその分安い。 逆に高
ハイパワーライトの新定番 kong “pwr”

ハイパワーライトの新定番 kong “pwr”

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES
シリコンボディのライトで自転車業界に颯爽と現れて以降、blinderシリーズのライトやもはや定番となったOiベルなど革新性溢れる、且つカッコいいアイテムを次々とリリースしているknog(ノグ)。 グラベルバイクの登場から一気に拡大してきた自転車+キャンプなムーブメントにもいち早く反応してアイテムを拡充しています。 pwrシリーズは今までライトとは別で持っておく必要があったバッテリー類を一元管理できるようになった全く新しいソリューション。ライトヘッドとバッテリーが別々になっているのでライトの光量や容量を用途に合わせて好きに選ぶ事ができる上に、ライドしてない状態、例えばキャンプの時などは同シリーズのランタンやスピーカーに接続したりもできます。アウトプット用のポートもあるのでバッテリーを数本持っておいて夜にスマホなどデバイスの充電に使う事もできます。 と、機能だけを文章でごちゃごちゃ書いてもイマイチ、ピンとこないと思うんでknogさんが公開しているyoutubeの動画まずはどうぞ。 組み合わせて様々な使用方法ができるこのギミック感はくすぐられますよね。 使い方を考えてるだけで既に楽しいアイテムです。 もちろん実際使うとメチャクチャ便利なんですけど。 これだけ機能性があると日常使いには別に必要ないアイテムなのかな?と思っちゃいますけど、そんなことはないです。バッテリー容量や光量を抑えての通勤用にも安心感がありますし、いざとゆうにスマホやタブレットの充電にも使えるのでわざわざモバイルバッテリーを持ち歩く必要もなくなります!便利、荷物減らせるのは自転車乗りとしては非常に便利! で、実際に自転車につけるとどんな感じになるのか。一番光量のある2000lumenのライトヘッドに10000mahの大容量バッテリーを自転車に取り付け
ticketおススメのケミカル “mac off”

ticketおススメのケミカル “mac off”

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES
自転車をよりよい状態に保つために必須なのがチェーンオイルに代表されるケミカル。 「別にレースするわけじゃないしそこまでは・・・」と思う方もいるかと思いますが、日常の脚や休日の楽しみとして使う自転車はコンマ何秒を争うレースではなかったとしても、実はレース以上に過酷な環境に晒されてます。 レースバイクはレースの時以外は室内の良好な環境で保管されているので必然的に自転車としての「傷み」は少なくなります。日常の脚として日々街中で活躍してる自転車は日中は外で排気や風雨に晒され、直射日光をガンガンで浴びているわけです。 自転車はコンディション次第で全く別の乗り物になります。まっ茶色になったチェーンがギコギコいって走りづらいなーとゆう経験はママチャリ文化の日本人なら誰しもが体験してるんじゃないでしょうか。あれは別にママチャリ特有の現象では無くてスポーツバイクにも起こります。基本、構造同じですから。 日常の脚としてクロスバイクに代表されるようなスポーツタイプの自転車を乗る人が増えてきたものの、どうしたら長い間快適に乗れるのかとゆうところはほったらかされているように感じます。 ユーザーの意識不足と言ってしまえばそれまでですが、ママチャリ文化が浸透しきっている日本では、「自転車をメンテナンスしつつ永く使う」とゆう風土が未だに感じられません。自転車を売る側発信で「自転車をメンテナンスする必要性」を伝えていくことが大事かなと日々思ってます。 とゆうことで、少し遠回りしましたが、そんな自転車メンテナンスにticketがおススメしたいケミカルが"mac off" 材料は全て自然に変える天然由来の成分だったりと今日日の環境への配慮があったりも素晴らしいポイントなんですけど、一番のおススメポイントは「チェーンオイルはとにかくよく回るし、パーツクリーナーはとにかくよ
セミファットタイヤなキッズバイク

セミファットタイヤなキッズバイク

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES, KHS
キッズバイクだからこそ、もっと自由でいい。そう思います。ロングライドに出るわけでもないし、速く走るわけでもない。見てカッコいい、乗って楽しいのが一番ですよね。 そんな楽しさ満点のキッズバイクが入荷しました。 khsのraptor+はキッズバイクに20x2.8のセミファットタイヤを装着したキッズのためのファットバイク。 見た目のインパクトが凄いですけど、もちろん性能面でもプラス要素になっています。太いタイヤは空気の量が多いので安定感に繋がります。 お父さんのMTBと一緒に河川敷に遊びに行ったり、キャンプに持って行ったり、普段乗るだけの自転車じゃない遊びができそうな自転車です! https://www.khsjapan.com/products/raptor+/ khs / raptor+ price:¥34,000+tax ホイールサイズ:20インチ(ETRTO406)   詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!  
フロントキャリアの活用法

フロントキャリアの活用法

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES
バスケットもキャリアも日々色々な自転車に取り付けている僕たち。 用途によっておススメするものも違いますがお買い物用なんかだとバスケット率が圧倒的に高いです。 じゃあキャリアはどうゆうときに使うのってわかりづらい部分もあるんで こんな使い方はどうでしょう?とゆう2通りを紹介します。 今回登場してもらうのは東京生まれのニューカマーバイク"pepcycles"と北欧はフィンランド、ヘルシンキからやってきたpelagobicylesのラック。 どちらもマスなメーカーにはない独自性とこだわりが詰まったお気に入りのメーカーです。 http://pepcycles.com/ pepcycles / ns-d1 price:¥120,000+tax(カスタムパーツ込み) ホイール:650B(27.5インチ)   仕事でも買い物でも何でもこいな大容量バッグをつける pepcycles "ns-d1"に取り付けたpelagoのフロントラックにsurlyの大型バッグを取り付けてみました。 surlyから発売されている24packruck用のバッグなんですが、こっちが現在生産の都合で手に入らない。 じゃあどうしようで付けてみたらピッタリサイズで収まってくれました! しかもpelagoのキャリアはミニベロでなければ、ほぼ取り付ける自転車を選ばないのでsurlyのバッグを使いたいけどruckの都合で使えなかった人には素晴らしい解決策! 容量を大きくてポケットもたくさん付いてるこのバッグは使い勝手がいいんですよね。レインカバーが付属しているのも素敵なポイント。 ベルクロでも固定なんでお仕事の荷物をガサっと入れて、そのままお仕事へ行くジテツウスタイルで使ってもいいですし 上の部分がガバっと
whiteindustries在庫がどっさり!&待望のリムが入荷!

whiteindustries在庫がどっさり!&待望のリムが入荷!

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES, PAUL / White Industries
ブランド背景を長々と書くまでも無く、みんな大好きwhiteindustries。 アルミインゴットから削り出されたパーツの数々は彫り込まれたブランドネームと共に圧倒的存在感を放つ高級パーツです。 現在生産されているのはハブ、クランクアーム、チェーンリング、昨年ラインナップに加わったヘッドセット。 今年はそこに待望のリムが登場しました! サイズは650Bと700Cの2サイズ展開でホール数は24/28/32/36から選択可能です。 Ticketでは700Cの32Hを2本確保しました!初回の入荷分は輸入元さんでも完売しているので次回の入荷は年末から年明け以降になる予定です。この入荷分を押さえることもできますので650Bサイズが欲しい方はご相談ください。 リムサイドにCNCで加工された"W"ロゴがwhiteindustriesらしさプンプンの超軽量リム。もちろんチューブレスにも対応していますし左右非対称な形状なのでしっかりとスポークテンションを張る事ができグラベルライドやシティーライドに最適な頑丈なホイールに仕上げられます。 http://www.whiteind.com/ whiteindustries / G25 price:¥18,500+tax(1本) サイズ:650B/700C ホール数:24/28/32/36 whiteindustriesのハブでホイールを組んだ場合は¥110,000+taxほど。   欠品していたハブ、クランクも再入荷してます! ありがたいことに店頭でフレームから組む際に組み込むことが多いwhiteindustriesなのでお店の在庫が薄いことも間々あります。 店頭で欠品していた諸々が届いてます。ショーケースの中もポリッシュがピカピカし
RawLow Mountain Works / Tabitibi Tote 入荷しました!

RawLow Mountain Works / Tabitibi Tote 入荷しました!

News, 銀座, ONLINE SHOPING, Bikes / Frames, PARTS & ACCESORIES, RawLow Mountain Works
大人気の日本製ハイキングギアのRawLow Mountain Worksより人気シリーズのTABITIBIトートシリーズが入荷致しました。なんと言っても出来立てホヤホヤのNEWモデルTABITIBIトートがテープがグレーになって登場、激シブで一つ確保してしまいました!超いい色です!他はテープが黒のX-PACと子供用のTIBITIBIトートと結構なボリュームで御座います。店頭でも通販でもぜひお求め下さいませ。   RawLow Mountain Works / TABITIBI 2019-2020F/W New color ¥6500+tax https://velostyle.base.shop/items/24265678 容量:1〜5L 重量:120g サイズ:W27cm x H19.5cm     RawLow Mountain Works / TABITIBI/X-Pac ¥7500+tax https://velostyle.base.shop/items/24265348 既にアウトドアマテリアルでは定番となりつつある素材 X-Pacを使用したTABITIBI Toteが登場です。 防水性、引き裂き強度に優れた軽量なX-Pacは現在の所、アウトドアプロダクトには非常に適した素材です。 様々な厚みのあるX-Pacですが、RLMWは1番バランスの良い210デニールのVX21を使用しています。 VX21はAntelopeやBambi、Bike'n Hike Bagのボトム部分にも使用している強度と耐水性に優れた素材ですので、様々なアクティビティにご使用いただけます。 素材:X-Pac (VX21) 容量:1〜5L 重量:105g サ
Rawlowmountainworks / Banbi ライトウェイトハイキングバックパック

Rawlowmountainworks / Banbi ライトウェイトハイキングバックパック

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES, RawLow Mountain Works
売り切れ必死の人気ブランドRawlowmountainworks。日本製で数多く出回らないために次に見た時は無くなっている事も多々御座います。今回はバックパックのBanbi、あーこの感じオールドマウンテンギアのにおいがプンプンするルックスですが内容はと言うと現代的マテリアルでアップデートがかかっております。ハイキングギアですがタウンユースでも馴染むデザインとされておりますのでもちろん自転車にも合いますね。非常に軽い背負い心地のバックパック普段使いでも旅でもお役立ちになるかと思います。 http://rawlow.jp/?pid=126445861 設計の際、ハイク時でのハードなアクティビティに最適化したのはもちろんですが、それプラスあまりスポーティー過ぎずRLMWらしいオールドスクールなデザインのマウンテンギアを目指しました。 Bambiはハイクでしっかり使えてアプローチや下山後のシーンでも違和感なく街に溶け込むシームレスなマウンテンギアなのです。 Bambi 22,000円(税込24,200円)   ボディとハーネスのバランスは上半身にウエイトが乗る様にデザインされているので、あまり身長に左右されずフィットします。また、内側ウレタンフォームの背面パッドは取り出し可能で、好みの物にも交換カスタムも可能。 メインの素材は強靭ながら軽量の撥水加工済みの1000Dナイロンを使用(ポリエステル15%混紡) 要所にスペクトラ Grid 210DやX-PAC VX21を使用して適材適所の素材選択のコンセプトはAntelope譲りです。