商品のお問い合わせは

newstaffblog

newstaffblog

イギリスの半端なく厳しいロックダウンと冬に耐えたご褒美旅

イギリスの半端なく厳しいロックダウンと冬に耐えたご褒美旅

News, 銀座, newstaffblog, top4
WaldoカゴとWizard Worksバッグを取り付けて、野生のポニーがいる森へ。森という響きだけでもウキウキするのに、その上ポニーがいるとなるとさらにテンションが上がる。最初に出てきたのは、牛たち。野放しでハッピーな動物を見ると、こっちもハッピーになる。そういう森だ。 今回でニューフォレストを訪れるのは2回目。なんとなく土地感覚もあるし、日も22時頃まで明るいから、前回の11月のように日没後迷ったとしてもなんの心配もない。自由だし気楽だ~。 美しく整備されたグラベルロードを日の光を浴びて(5月末まで冬だった)、後は気ままに走るだけ。ウォーカー達はグラベルロードから外れて森の小道を散策してるから、グラベルロードはサイクリスト専用ロードにみたいだ。ぜひ日本からイギリスに来る予定があるサイクリストは、この森を訪れて欲しい。自転車を日本から持ってくるのは一苦労だから、その場合はレンタサイクルの予約を事前におすすめ。 左の縞模様の牛さんはこういう品種です。 本当に長く苦しい冬だったから、気分は晴れ晴れ! 木陰で地図をチェック。イギリスの森では枝を集めて木に立てかけて秘密基地もどきを作るので、こんな基地が至るところに。 これがWizard WorksのAlakazam Bagだ! 11月には豚さん達が自由に動き回っていたけど、どんぐりの時期にしか放たれないので、今回は豚さん達はお目にかかれず。 でも、ポニーで十分。襲われることはない。追っかけてくることもない。 Look Upと書かれたベンチに寝そべる。 寝っ転がって見上げてみる。まさに森林浴。 のどかですね〜。のどかですね〜。本当にのどかですね〜。 パブもやっと解禁になり、屋外テラスでノンアルコールビールを試してみたら珍しく飲めた。運動の後はな
耐えに耐え、耐え忍び、ようやくワンダフルな旅に!

耐えに耐え、耐え忍び、ようやくワンダフルな旅に!

News, 銀座, newstaffblog
まぁ~、本当にお久しぶりです。だいぶ長い間、仕事以外はどっっっこにも行かれず。自転車で遠出も6ヶ月ぶり。 こちらイギリスは、それはそれは長く厳しいロックダウン(日本とは比べ物にならない全てがシャットダウンのロックダウン)がようやく明け、それはそれは長く厳しい冬がやっと5月末に終わりを告げました。いや~、全てが長く厳しかった! ワクチンも4月に接種し、やっと自由に動けるようになったので、それも記念して再度ニュー・フォレストに行くことに決定。 ミニクーパーに自転車が2台積めるか不安だったけど、前輪を外しただけでどうにか搭載完了。ホステルの共同キッチンがまだ使用不可ということで、キッチン用品なども持っていくことに。もう、トランクはパンパンです。 ハンプシャー州ニュー・フォレストまで車で2時間。(もちろんマニュアル車) 今回は人生初のグランピング! 前々日まで冬だったのに、春通り越して一気に夏がやってきた! 到着してその場でカゴとバッグを取り付け、早速ライド! イギリスに戻ってきた去年の9月以来の半袖半パン! 幸せを噛みしめるライドにいざ出発! 森、待ってろよ! 次回から、車の屋根に取り付けられるようにしようと思う。せっかくラックもついてることだし。 ビフォー Surly Long Haul Tracker  今回は、当店でも販売しているイギリスの自転車バッグメーカーWizard Worksのバッグを装着するために、まずはカゴの取り付け。 付属品のゴムだと、このハンドルには厚みがありすぎたので、自分で不要なタイヤのチューブ切ってアジャストさせました。 カゴの金具とハンドルの間に、チューブを挟んで装着。 汚らしくはみ出さないように注意。(ヘアカットも6ヶ月ぶり) ご覧の通り、ずれないし、ハンドルも痛めな
WWのバッグつけて、春を迎えちゃお〜!

WWのバッグつけて、春を迎えちゃお〜!

News, 銀座, ONLINE SHOPING, newstaffblog, top4
ロンドンベースのWizard Worksは、アドベンチャーサイクリストのハリーとベロニカが立ち上げた自転車バッグメーカー。彼らとその仲間が過酷なテストライドし試行錯誤する中で生まれた信頼のおけるバッグだ。その中でも環境に配慮し、ローカルビジネスと手を取り合って、長持ちするバッグを作るというポリシーがある。(修理も受け付けてますんでね)Ticketで取り扱ってる自転車『E.B.S』とも共通点があるかも。自分たちの商品をばら撒きたくないという考えもあって、コンセプトに共感できて信頼のおけるショップとしか取引しないというわけで、チケット、取扱店としてクリアーしました。ありがとーございます。イギリス国内以外ではヨーロッパで既に取引先があるけれど、日本ではなんと1号店。日本の皆さんにも是非、このWizard Worksのバッグを搭載して自転車乗って欲しい。このバッグたちが日本を駆け巡る姿みたい。自分も買っちゃったので、この後ラックやカゴも取り付けてと、今から楽しみ楽しみ。本当、春が待ち遠しい。待たないけどさ。 2015年に日本に来てます、彼らたち。 しまなみ海道かな。 7月の西日本で相当雨に降られたらしい。 ロンドンでもラーメンは大人気。ラーメン店は増える一方。 日本の後、台湾、韓国、中国、東南アジアも行ったみたいよ。うらやましい限り! アジア以外にも モロッコや サンフランシスコや こりゃどこだ?旅先で使ってたのは、初期のWizard Worksのバッグたちだね。 ちなみにハリーが乗ってるのは、SurlyのDisc Truckerさ! あまりのかわいさに自分にも買っちゃったから、近いうちにラックとカゴもつけよーっと。 このスプラッター柄が最高。そして、マンチェスター・シティのスカイブルー。最強。
ロンドン発 世界を旅した二人のバッグブランドが日本に初上陸!

ロンドン発 世界を旅した二人のバッグブランドが日本に初上陸!

News, 銀座, newstaffblog, top4
さてと、お待ちかね。秋にイギリスに戻ってきてから、一番気になっていた自転車バッグブランド "Wizard Works"にお邪魔してきました~っ!2回目のロックダウン前の10月頭に、時間制限とマスク着用が条件で彼らのアトリエ見学しに行きました。メールでのやりとりの中で、すでに人柄がにじみ出てて会うのが楽しみだったけど、実際会ってみたら本当にフレンドリーで自分たちの仕事を愛していて、彼らと一緒に仕事をしてみたいと心底思える出会いだった。 やはりコロナ渦で、去年の夏までのバッグの売れ行きが半端なかったらしく、カップルで立ち上げたブランドにスタッフを加えて新体制で頑張ってました。元々、ハリーとヴェロニカの二人は自転車乗りで世界中を旅して、日本にも来たことがあるそう。そういう人たちだからこそ、旅先でのバッグの使い方や、改善点、改良点がしっかり見れるんだと思う。 色合いも最高だし、自分の目でファブリックや裁縫のクオリティーを見極めたかったから、敢えて実物を見てから決めたかった。自信を持ってオススメできる製品でした。まぁ、イギリスだからわざわざ日本から送ってってことはないと思うけど、修理もアフターケアとして行っているのが嬉しい。バッグって結構過酷に扱うからね。 ってなわけで、2回にわたって紹介していきます。 ヴェロニカとハリー。 ロフトのアトリエは下は裁縫スペース、上がオフィスみたいになっていた。 日のあたりのいいカラフルなアトリエ。 ブランドアイコンカラーのスプラッター。 当店でも販売しているLil Presto。バレルバッグの茶系色がラスト(Rust 錆色?)。もう一つが、オリーブ。 スプラッターとピンクのバッグは、ステムに取り付けるスナックバッグ。 チケットで取り扱っているLil Prestoカラーはスプタッラー、ピンク、ラスト、オリ
『!森森森!』

『!森森森!』

News, 銀座, newstaffblog
ニュー・フォレスト 最終日。 森の中へ入る前ギアの調子がおかしかったので、ワイヤー調節して応急処置を施してみたが一向に良くならない。リアのカセットを触ってみるとガタつきを感じたので、近所の自転車屋さんに行って締めなしてもらった。元々自転車屋巡りをするのが好きなので、ちょうどよかった。チケットでも扱いがあるSurlyをはじめ、グラベルバイク、ツーリングバイク、ハードテールのMTBを主に取り扱っている自転車屋The Woods Cyclery。スタッフもフレンドリーで無料でなおしてくれたお礼に、ショップオリジナルのTシャツを買った。その方が高くついたかもだけど、いい思い出になってるから問題ない!黒いTシャツは仕事柄何枚あっても構わない!個人経営の自転車屋をサポートしよう!と、自転車に気持ちよく乗れるようになったところで森に突入。前の月が大雨続きだったので、この数日の晴れ間が天国だ。森林浴と日光浴を楽しみながら、4日目もポニーと豚さんに囲まれてのライド。ここに住んだら、日課でライドしたり、友達とコーヒーをいれながらピクニックを楽しんだり、散歩したりするんだろうなと想像しながら妄想しながらのペダリング。(しかし今はロックダウン中。同居人と仕事場以外で人に会うのは禁止!春までの我慢?!)ランチでサンドイッチを食べているすぐ近くでポニーが昼寝をしはじめた。なんと、優雅なんだろう。これぞ英国といった感じだ。コロナ収束したらまた来るからね~と言い残して、恋したニューフォレストを後にした。それにしても、春が待ち遠しい!待ちきれないので、このSurly Long Haul Truckerのタイヤサイズを太くしマウンテン仕様にして、近所のお山に遊びに行こうっと。ロックダウン中でも、ローカルでならエクササイズという名目で出歩いていいのよ。やっぱり、自転車はもってこいのツールだね。 前から、
魔女と暗闇の森の中で

魔女と暗闇の森の中で

newstaffblog
すでに1月半ばですが、明けましておめでとうございます。コロナでてんてこ舞いになっているイギリスから情報発信しております。自転車は既に多くの人の交通手段となっていて、自転車業界は大忙しです。サイクリストでもあるボリスは(首相。こっちでは、みなボリスと呼び捨て)ロックダウン中に11km自転車に乗って咎められてます。エクササイズとしては問題ないのだけれど、ローカルで運動しましょうと呼びかけているのに11kmはなんだと。ローカールの定義がはっきりしていないイングランドでは、少々自宅から離れたところまで車で行って屋外で運動/散歩/ランニングなどする人もいるわけで、その人たちが警察に罰金を支払わされたり(後から謝罪と返金)と問題になってるからです。11kmなんで サイクリストとしたらなんでもない距離ですけどね。スコットランドでは、こういうことが起きないように自宅から半径何キロ以内でのエクササイズと決まっております。まぁ、3度目のロックダウン。どうにか、踏ん張っております。 さてさて、去年のブログの続き。そしてこれはロックダウンになる前の話。 ニュー・フォレスト3日目。しっかりとべジタリアン・ブレックファーストを食べた後、ルート確認をしてから出発。ここリンドハースト(Lyndhurst)から、宿の人に勧められたバーリー(Burley)という魔女の村を目指した。放し飼いのポニーや豚さん達のように、自由を謳歌しながら森の中を走り抜ける。バーリーは1950年代の終わりに”白い魔女”と呼ばれていたシビル・リーク(Sybil Leek)という女性が住んでいたことに始まったようだ。白い魔女というのは、悪い魔女でなく善良な魔女のことで、いつも真っ黒なコートを着て肩にはカラスを乗せて歩いていたそう。その後、彼女はアメリカにオカルトを学びに引っ越して行ったらしい。村には魔女の看板やお土産屋がた
イギリス版 あつまれ本物のどうぶつの森

イギリス版 あつまれ本物のどうぶつの森

News, 銀座, newstaffblog
秋の長雨の後、1週間の晴れ予報をきいて、自転車を車に積んだ。 その直後に控えていた2回目のロックダウン前に、自然の中に飛び込んでおかなければと西へ向かうこと2時間。向かった先は、古代森林が残るニュー・フォレスト! 初日は急遽決まったので、夕方に出発して宿に到着してご飯食べて終わり。2日目は、朝食後にビジターセンターに行き地図を、スーパーでサンドイッチをゲットしそのまま”GO TO 森”。国立公園でもあるニュー・フォレストはウォーキングとサイクリング天国で、アップダウンもあまりなく、誰でも気軽に楽しめるので人気の森だ。 1ヶ月続いた雨の後のドンピシャ紅葉シーズン。森の中に無数に張り巡らされたルートを標識を確認しながらポタリング。 ガンガンスピード出して走るタイプではないので、スナックかじったり、紅茶飲んだり、写真撮ったりしながら散策なんだけど、気持ちが高揚してて、森をくまなく回りたくてペダリングがいつもより早くなる。どちらにしてもN氏の方が早いので、いつもなんだかんだで追いかける立場。 この森は、放し飼いにされているポニーが有名。ポニー以外にも羊や鹿や牛が我が物顔で至る所を闊歩し、まさに”どうぶつの森”。ゲームはやったことないけど、こっちの方が本場だな 秋に限って、いつもは家畜である豚も放出されるというボーナス・シーズン中だという事を知らずにきて大感激。その理由はポニーや他の動物には有害である緑のどんぐりを豚が食べてくれるからだときいてさらに大感激。でも、その後の豚の回収が大変なんだとか。 丸々1日森林浴ライドして、翌日に備えるためさっさと消灯。この森の近くに住んでもいいかなぁとか夢想しながら。 客室3室のみという宿を拠点に。 久しぶりにイギリスにSurly LHTを持って帰ってきた。自分の自転車で念願の森の中を走れるのが嬉しいね。たまには、乗り
電動なのになぜか必死

電動なのになぜか必死

News, 銀座, newstaffblog
E-MTB(電動マウンテンバイク)ライドはあまりにも楽ちんすぎて脂肪燃焼には程遠く、気温13度の中、ドーバー海峡からの横殴りの雨風で凍える寒さだ。 電動の設定をエコモードにしたり、オフにしたりして汗を掻こうと必死。電動なのに必死です! 海岸線の崖の上から一気に下り、谷間にあるいくつかの村を抜け、石灰質の切り立った崖を横目に目的地である海辺の町にたどり着いた。折り返し地点で休憩予定だったけど、寒すぎて休憩なんかとりたくない!とにかく動きたい!重たいべダルをこぎたい!とガイドを急かした。 帰路は、エコモードで再度崖の上まで登って体を温め、やっと血の巡りも良くなった。雨も止んで、最高のタイミングで夕日を眺め黄昏る。このアップダウンの激しいルートだと、電動でなければ気合をいれて臨まないと行かれそうにないし、ましてや普段自転車に乗り慣れてないこのメンバーでやろうと言う話にもならなかっただろう。気軽に誰とでも出かけられるのはいいけど、自分としては電動にシフトするのは、まだ時期相応かな。それにE-MTBはまだまだ高いしね。自転車乗るなら、しっかり汗かきたいです。運動した気になりたいです。後数年は、SurlyとE.B.Sで頑張ります! イギリスの海外沿いでよくみる、典型的な石灰質の白亜の崖。 芝生の上もガンガン攻めて走る。とにかく寒いもんで。 ちょうどいい時間に、最高のロケーションで夕日を眺める。 誰よりも薄着で参加したLちゃんは凍えてました。 レンタルの時間をだいぶオーバーしたけど、ガイドさんも楽しんでたんで全く問題なかった。
うっぷん晴らしに、崖の上でE MTB!

うっぷん晴らしに、崖の上でE MTB!

銀座, newstaffblog
東京がまだ汗かく夏の終わりに渡英したら、もうこっちは秋を通り越して冬でした。泣ける。T-shirt&半パンから真冬仕様の4枚重ねで、一気に気持ちが押しつぶされそうになる中のコロナ渦+規制。イギリスではさらに規制が厳くなった上、見事に雨ばかりの1ヶ月で中々気晴らしもできずにストレスが溜まる一方だ。想像以上にボディーブローが効いてきた。 そこで、イギリスの南海岸を電動自転車で走ろう計画。中距離に自信がない人もいたし、アップダウンが激しい海岸沿いの崖の上を走ると言うことで、今回は人生初の電動マウンテンバイク体験! サンセットを拝むために夕方から3時間半のツアーを予約。ガイドをつけてもつけなくても同じ金額だったので、迷いなくお願いすることに。ガイドさんは普段はIT企業で働いているようで、デスクワーク仕事の気晴らしに時々ガイドの仕事も引き受けているそうだ。 早速、簡単な説明を受け、平坦な海岸沿いを東にさーっと抜けて丘陵地帯へ。 電動馬力マックスの”TURBO”にすると、いつもなら自転車を押して上がるような坂も、手放し運転できるんじゃないかと言うような魔法の力が働いていた。 見えない力が背中を後押しし、キャーキャー言いながら笑って登っちゃいました。しかし、激坂を登って崖の上を走る時には横殴りの雨。右の耳穴に容赦無く雨が入ってくる。ハンドルを握る手もかじかむ。 いったん内陸部に入ると甘風も弱まり、芝生の上を縦横無尽に走ってみたり、羊や馬を眺めながら快適すぎるほどのライドを楽しむ。 しかし、しか~しだな、全く汗をかかない。もうオートバイに乗ってる感覚。そして、皆が口を揃えて『寒い』と言い出す。。。 全員集合。今回は、20〜60代の総勢6人で貸し切り参加。 まさにイギリスといった感じ。 ガイドさんがいるので道に迷う心配もなし。
Good Byeだけど、遠隔でね。

Good Byeだけど、遠隔でね。

銀座, newstaffblog
5年間、大変お世話になりました。いや~自転車でどこでもふら〜〜〜と行っちゃうただの自転車乗りに、全てを一から丁寧に教えていただき、感謝しかありません。お客様にも温かく見守って頂き、本当に楽しい5年間でした。 最終的にイギリスに戻ることになりましたが、遠隔でできること(英語・フランス語対応&ブログ)は続けてい行きますよ。 こんな楽しい職場、そうはないと思います。神の手を持つカリスマ店長、スイーツ男子S君(最近食べている感じが全くしないな)、去年まで一緒に働いていたweb担当のSさん、人に恵まれた職場でした。 夢はイギリスから日本に自転車で戻って来ること、アラスカ、パタゴニア、知床半島を自転車で駆け巡りたい。いつかの夢です。 一時帰国した時には自転車屋に顔を出すので、またみなさんにもお会いできるかもしれません。それまで、Keep pedalingしてて下さい。 本当に、今までありがとうございました。 以下の写真は、今までの色々。 毎年恒例の冬のイギリス滞在から戻ってくると、必ず復活祭をひらいてもらいました。 SurlyのAlexがアメリカの本社から来てくれた時。 ホイール組むのはてこずったなぁ 自転車に触ってるのが好きでした。 最後に、神の手で差し入れ餃子を食べる店長の写真。
Toddx3=いちご畑

Toddx3=いちご畑

銀座, newstaffblog
京都の自転車ハンドメイド工房の『E.B.S』と『Row Low Mountain Works』がコラボしたニューブランド『Grown』。まだまだ情報が少ないですけど、そろそろ世の中に出回る気配がプンプンしてきましたよ。 今日、3台組んだのは16inchの子供用自転車Todd。3台も並んだらストロベリーフィールドのようだったよ。 今日、こんなスナック食べてたから気持ちもアップでポップ。 手はこまめにゴシゴシ洗ってるけど、グリースで結構汚れてるのね。 キャンピングカーにTodd3台と、もう1台詰め込んで。 こんな車欲しいわ。最強だね。        
解放宣言

解放宣言

銀座, newstaffblog
今さっきカリスマ店長が、カスタムづくしのSurly Long Haul Truckerを組み上げ終わり、怒涛の日々、忙殺からの『!!!解放宣言!!!』が飛び出しました。 休む暇もなく働き、自転車が必要になった方々にいち早くお届けすることに努めてきましたが、今日になって一呼吸入れられそうです。 ブログ、ご無沙汰になってしまいました。 立派に生きていますので、ご心配なく。 写真は本場アメリカのSurlyのHPより。  
わたくし復活。神の手はいまだに存在。

わたくし復活。神の手はいまだに存在。

銀座, newstaffblog
銀座店、忙しすぎて猫の手も、わたくしの手も借りたいくらいてんてこ舞いだったようです。 うれしい悲鳴が、本物の悲鳴になってました。 そして、Eバイクがビュンビュン走っているロンドンから戻り、日本復帰です!Eバイクは音もせずに後ろから突然抜いてくるので怖い。恐ろしい生き物だ。 今日は、山積みの作業をこなし、修理をこなし、久しぶりにファットバイクに触れました。Surlyは扱うだけでウキウキ、ウハウハするバイク。 そして、カリスマ店長の神の手は、疑いもなく存在してました。なんでも直す神の手。 3人で、銀座店で待ってます! 見たまえ。これが神の手じゃ。 スイーツ男子のSくんも健在。二人で何やらこそこそ。 残念ながら、これは神の手ではない。でも直す。 日本、暑くてビックリ。
新車をを眺める。愛でる。そして乗りたおす。

新車をを眺める。愛でる。そして乗りたおす。

銀座, newstaffblog
先月、アジサイの時期にポタリング。まだきれいだけど、そのうちボロボロになるんだろうなぁ。 E.B.S VOKKA。 SIMANO  SLX TOPEAKのライドケースマウント。 ライドケース(iPhone7用)とセットで。 安定のTubus Logo。壊れないよ。たくさん荷物乗っけて一番壊れやすいの、ラックだと思うんだよね。 ペダルは、CRANKBROTHERSのSTAMP 1。ペダルピンがついているから、滑らない。