おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

BREEZER

隙のないクロスバイクが好き

隙のないクロスバイクが好き

News, 銀座, MTB / ATB, BREEZER
やっぱり太いタイヤの気持ち良さには抗えない ブログでも度々紹介しているMTBレジェンドbreezerおじさんの作る自転車はそのまんま"breezer"。どんな分野でもブランドやアイテムに自分の名前つけるのって凄く勇気のいることですよね。それがイケてなかったら自分のステータスもガタ落ちする、ある種の賭けだし、それだけモノに自信がなければできやしないし、breezerおじさんみたいに自転車界に名前を残した人なら尚更。つまりレジェンドが自分の名前をブランドネームにそのまま使うってことはそれだけ自信があるってこと。 中身がなくても名前だけで売れてるモノなんて昔からいっぱいあったでしょう。今ほど情報が過多じゃなかった時代はその真偽を疑うことなくネームバリューで買っちゃうこともあったと思います。でも今はそうはいかない。これでもかと情報が溢れるこのご時世、名前だけでは売れません。中身がないものはすぐにバレます。買い手の持つ手札も増えてきて、口先だけではモノは売れません。しっかりとした裏付けがないと。 ticketがbreezerを扱っているのはその辺を加味しても「これはいいものだ」と言えると判断したからに他なりません。もちろんbreezerおじさんがやっているとゆうのもポイント高いんですけど。 以前紹介したradarは700cホイールのMTB寄りなフレーム。今回のdopperは650bホイールのツーリングテイストのフレームです。 breezerでおススメしたいのは特にこの"cafe"グレードなんですよね。その上のexpartやproもあるんだけど値段を考えたらticketのラインナップ内だとsurlyやe.b.sも射程に入ってくるんでほぼ完成車では置いていません。breezerの上位機種ももちろんいいバイクなんですけど、同じ値段を出すなら自分の好きな
BREEZER ブリーザー

BREEZER ブリーザー

BREEZER, bikebrand2
BREEZER ブランドとしては新しいですが創設者のヒストリーはMTBの創成期の歴史そのもので御座います。   彼の名はJoe Breeze。 仲間からの強い依頼もあって、Joeは山を下るための頑丈な自転車を専用設計で製作。 彼はのちに「マウンテンバイク」と呼ばれるオフロード専用自転車の、世界初のビルダーとなったのだ。そして自らもREPACKに没頭していたJoeは、この自転車を完成させたその年のレースに出場し、見事優勝。 やがて彼への自転車製作の依頼は止むことなく、1年で10台を作るのがやっとだった貴重な自転車は、製作者である本人の名前をとって仲間から「BREEZER」と呼ばれるようになった。     BREEZERを立ち上げて40年以上が経ったいま、改めてこれまでの経緯を振り返ってみる。 1977年に私は可能な限り最高の乗り心地の自転車を作ることを志し、以降私はその自転車を世界中に提供してきた。 自転車というのは世の人にとっての最も効率的な移動手段であり、自らが注ぎ込んだエネルギーを余すことなく返してくれるもの。 つまり素晴らしいマシンを常に作り続けるには、貴重な数ペタリングのエネルギーから最良の効果を得ることが最も重要になってくる。 私は長年を通して、最新の素材やお金をかけた自転車が最高の自転車ではないということを発見したんだ。 人間工学に基づくジオメトリ、軽快な乗り心地、余計な力を必要としないステアリングやペダリングのポジションはあなたをぐんぐん前に動かす。 フレームはまるでバネのように振動を吸収してくれることだろう。 幾多のディテール調整と洗練を経て、あなたのための自転車ができあがった。 我々の力の源、すなわちペダリングに正確なデザインが加わったとき