ご挨拶が遅れましたが、明けましておめでとうございます。2017年、明けました。引き続き前向きに、そして今年のテーマは『テイネイに』です。よろしくお願い致します。(今日は、七草がゆの日ですよ~)

ブログ上では新人Aとなっていますが、Ticket Velo Styleで働き始めて約1年ほど経ちました。早いもんです。相変わらずカリスマオーラ出しまくりの尊敬する店長と、Web+接客のプロSさん、スイーツ男子でもあるベテラン新人S君の4人でワイワイとやってますよ。

この冬は、第2の故郷イギリスへ少しの間帰ります。その前に寄り道もします。EU離脱が決まってからのイギリスは初めて。肌でその違いを感じることはあるのだろうか?前ロンドン市長のボリスはサイクリストで、市内を走っているとたまに出くわすのでラリアートでも一発かましてきたいものです。

ロンドンには、80年代のNigel Deanのツーリングバイクと盗まれてもいいKonaとGiantの3台を置きっぱなし。クロスバイクのKonaとマウンテンバイクのGiantは2002年に購入。何も自転車の知識がないまま近所の自転車屋に行き、サイズが合ったのがこの2台だけだったので、有無を言わさず買わされた。それも、大っ嫌いな真っ赤。宿敵Manchester Unitedカラー!あ~~~、後悔。(因にManchester Cityサポーターです、ワタクシ。)

当時はロンドン市内で自転車に乗るのが怖くて、命がけで何回か乗ってやめてしまった。車の運転が荒い荒い。怒鳴られる。煽られる。2階建てバスに挟まれる。慣れない手信号。ヘルメット+蛍光イエロージャケット+前後のライトピカピカなどなど。恐ろしかったぁ。 電車に自転車を乗っけて(輪行袋に入れる必要なし)、田舎でちょろちょろと乗り回しもしたが、お尻が痛くなってやめてしまった。幸い屋内に保管しておいたので、11年後にガッツリ自転車に乗り始めた時も、新品同様。元々ビンテージバイクが好きだったけれど、なんせ私の身長に合うビンテージバイクがない。その時代に製造された自転車は男性向けが多く、ミキストのフレームはいやだったので探すのに大分苦労したあげく、見つけ出したのがNigel Deanの自転車だった。譲り受けたのは50代の女性。80年代に、イギリスを横断したのだそう。キレイな状態で保管されていた。これをカスタムし、2013年から乗り回している。今はSurlyのLHT愛用だが、Nigel Deanも恋しい。もうすぐ、会える。待ってろよ~!

1184914_10151859780071745_640885231_n

ウエストミンスター・ブリッジを集団で爆走。車なんて関係ない。正面に見えるのがビッグ・ベンさん。基本ポーランド人のカシャ(右のイエロージャケット)と乗り回す。

1002564_10151757628036745_1790560234_n

ロンドンからパリへ自転車で行く前、初めてのパンク修理予行練習を庭で。相変わらず裸足です。

8514_10151661258861745_223434325_n

ネットで購入した時にサイトに載っていた写真。当然サドル、ハンドルバー、ステム、チェーンは変えました。ヘッドパーツはガタガタだったな。

(全ての写真は2013年に撮影)