私が住む南ロンドンのSouthwartk地区。毎朝、清掃員の彼と挨拶を交わす。
『Hello, lovely lady. We are family. God bless you. 』と毎回同じことを繰り返す彼。
10ヶ月ぶりに戻ったら、こんなファンキーな自転車に乗っていた。
ジャマイカ系イギリス人、もしくはジャマイカ人だろう。自転車はRasta(ラスタ)カラーにペイントされ、シートポストと豪華なミラーにはテープが貼られ、カゴもかわいらしくカラフル、Mudguardsにもボタン型のポチポチがついていて、オリジナル感満載。なにせ、目立つ!
赤は、戦いで流した血。
黒は、ジャマイカ独立のために戦った黒人戦士、もしくはアフリカの色。
黄は、太陽、アフリカの富。
緑は、豊かな大地と自然。
この4色は重要な意味を持つんだね。
ネックレスとドレッドロックスもバッチリ決まっている。
この髪型は、自分の身体にハサミや剃刀を入れないで自然な状態でいるという聖書の教えから来ているそうで。自分も以前試してはみたが3日でギブアップ。ほどいたらアフロになってしまった。

イギリスではリサイクル文化、アンティーク、チャリティーへの寄付、(盗難など)、簡単に物を捨てない、使い回す習慣と文化がある。そして、日本のママチャリのように1万円ちょっとで買える自転車が出回っていなから、大切に長く使う。だから、ボロボロの自転車やレトロな自転車が町中で見れて嬉しいんだけどね。防犯登録のシステムもないから、譲渡や盗難が簡単っていう理由もあるかもな。

追伸:タイトル:Love the life you live. Live the life you love.
自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。-Bob Marley

IMG_7385

IMG_7386

サドルに直接ペイントっていうのが、思いっきりよさがあっていい!

IMG_7388

細部にもこだわる。

IMG_7387