おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

Tyrell

Tyrell タイレル

tyrell “csi” 店頭展示車両が届きました

tyrell “csi” 店頭展示車両が届きました

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), Tyrell
ただのブラックではない この夏以降big waveきてて大人気のtyrellさん。 tyrellがトレンドなのか海外からの問い合わせが多いのもありますが、軽量かつ走行性の良いミニベロをお探しでtyrellをお探しの方が増えています。 tyrellの採用するkadowakiパウダーコーティングの美しい塗装も他社製品と見比べてみて、そこを気に入ってお選びいただくことも多いです。 そんなtyrell人気もあって近頃店頭で見てもらえる車両が減ってしまいご迷惑をお掛けしていましたが、本日新しく展示車両がtyrellさんから届きました。 今回届いたのは最軽量ミニベロフレーム "csi" にshimano (r7000)をアッセンブルした完成車。 クリアブラック/マットブラック/カーボンブラックの3トーンで塗り分けられたフレームは全てブラックカラーながら仕上げの違いでただのブラック単色ではないメリハリの効いた塗装。 パーツ類もオールブラックで揃えてありますが、サドル/バーテープを好みに変えて個性を出すのもカッコいいと思います。 人気のkitt designのカーボンホイールとも相性抜群なのでおススメです。 http://www.tyrellbike.com/products/ tyrell / csi <price> tiagra(r4700)仕様~¥286,000+tax 105(r7000)仕様~¥295,000+tax ultegra(r8000)仕様~¥334,000+tax dura ace(r9100)仕様~¥449,000+tax (全てドロップハンドル仕様完成車の価格) フラットハンドル、di2、フレームセットもラインナップにありますので詳細は店舗
もういっちょ最軽量!

もういっちょ最軽量!

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), Tyrell
dura ace Di2を組み込んだハイスペックミニベロ 先日のsram "red"仕様に続き、今度はdura ace Di2で組み上げたcsiが完成しました。 tyrellの中でもっとも軽いフレームcsi、そのcsiにshimanoの最上級グレードdura aceの電動コンポDi2を組み込んだレースバイクと見紛うようなミニベロに仕上がっています。 電動コンポは各社販売されていますがshimanoは発売からこっちずっと有線式。 有線式のメリットは信頼性。フレームに合わせて長短のワイヤーを組み合わせて接続していくのでもしどこかで断線しても修理が容易な点はお店にもユーザーさんにもメリットが大きいです。 ワイヤーで動かすのではなくモーターで変速するため一度設定しまえば変速精度に変わりがないとゆうのも大きなポイントでしょう。 細かい仕様などは書き出せばキリがないですし、Di2の誕生から10年が経ち情報はwebのそこかしこに転がっているのでそちらに譲りますが Di2をおススメする理由は「手が疲れない」。ボクはこれにつきます。 短いライドでは感じづらいですが、ロングライドとなるとワイヤー変速の場合は変速を繰り返す中で指先での変速レバーの押し引きで結構手が疲れてくるんです。 その点Di2はストロークの浅いスイッチでの変速なので手の疲れは皆無。 長時間のライドでのストレス軽減になってくれますし、ワイヤー変速のレバーを押し込むのが辛くなりがちな手の小さい方や女性の方、諸般の理由で握力が弱い方などには特に恩恵があります。 確かに高価なコンポですがそれに見合う性能は十二分に有しています。 ひとつ気を付けてもらいたいとすればいつでもTicketに持ち込んでもらえる距離の方ならいいですけど 遠方の方の場合は近くにDi2を触れる
最・軽・量

最・軽・量

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), Tyrell
tyrell + sram =軽い タイトル通りです。 めちゃくちゃ軽いミニベロが完成しました。 tyrellフレームラインナップ内でも最軽量なフレーム"csi" これに各社のコンポーネントの中でももっとも軽いsram"red22" さらにコックピット周りもonebyesuやfizikなど各社のカーボンパーツを使用し 極めつけにkitt desginの3スポークバトンホイールまで投入して まるでレーススペックなロードバイク然としたミニベロに仕上がっています。 もちろんミニベロでレースするわけじゃないんですけど、tyrellのフレームの安定感と操作性の良さに 軽さが合わさればロングライドでも威力を発揮してくれること間違いなし! スピードライドを目指す人はもちろん、軽い自転車で体力の消耗を抑えたい方にもおススメなフレームです。 今回はフレームセットから組み上げましたがメーカー完成車の場合はshimano 105からご準備できますので 是非店頭にてご相談ください。 http://www.tyrellbike.com/products/#csi tyrell / csi price:¥650,000+tax(完成車参考価格) ホイールサイズ:20インチ(ETRTO451) 詳しいショップインフォメーションはコチラ Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!
tyrellならカスタムペイントが無料!

tyrellならカスタムペイントが無料!

News, 銀座, Folding(折畳), Tyrell
粉体塗装(パウダーコーティング) ミニベロを中心としたラインナップで国内外問わず人気のあるtyrell(タイレル) tyrellと言えば、「軽さ」と「塗装」 今回は「塗装」についてご紹介します。 塗装と一口に言っても塗料や方式は様々ありますが、tyrellが採用しているのは自転車業界では珍しい「粉体塗装(パウダーコーティング)」 粉を吹き付けて塗装できるのか? できるんです。静電気の力で。 塗装したい自転車が"+"の電化、吹き付ける塗料が"-"の電化を持つことで、極微細に加工された粉状の塗料がピタピタとくっついていきます。 よくあるウレタン塗装などであれば、これを乾燥させて終わりですが粉体塗装はここからさらに「焼き付け」を行ってさらに塗装を硬化させます。 簡単に言うと「レンジでチン」です。 手間のかかる工程を経ている分のメリットは非常に大きく、まず塗装面に透き通るような美しさは粉体ならでは。 焼き付けを行うので塗料の乗りが良く、紫外線にも強く、外的な傷にも強い。 塗装面を長い間、塗装時と同じ状態で保つことができます。 塗料についても粉を吹きつけるため、塗装の際に有機溶剤を一切使わず環境にも優しく、シックハウスを起こすこともない。 人にも環境にも優しい粉体塗装が自転車や車、バイクだけでなく、街中の信号機やビルの外壁など様々な分野で使われているのも納得です。 tyrellのフレームは一部を除き、粉体塗装で有名なカドワキコーティングさんで一本一本手作業で塗装が施されています。 KADOWAKI COATINGさんHP 好きなカラーに塗っちゃいましょう! さて、本題の「無料でペイントできますよ」の件。 tyrellではモデルによってはカスタムペイントをオーダーできます。
輪行も走りも妥協しないハイスペックなフォールディングバイク

輪行も走りも妥協しないハイスペックなフォールディングバイク

News, 銀座, Folding(折畳), Tyrell
SRAMの新型コンポ "e-tap axs"を搭載! 折り畳み自転車に軽さを求めるならtyrell。 さらに走りの良さを求めるのもtyrell。 どちらの性能も妥協なく突き詰めたフレームは折り畳み機構によるライドポジションへの制限を極力無くし、折り畳み自転車ながらロングライドにも対応できるようロードバイクコンポーネントを搭載できるのがtyrellの強み。 もちろん他のブランドでもできることですが、tyrellの場合は「ここはこうゆう規格のみです」「この規格は取り付けできません」がほぼないのがカスタムの幅を大きく広げてくれています。 700Cのロードバイクはあるけど輪行がめんどくさい。折り畳み自転車が欲しいけど走行性は高いほうがいい。輪行のことを考えると軽いほうがいい。 輪行をする人のわがままをおよそ叶えてくれるtyrell。日本人が日本で使うシーンを考慮して作っているのでこの辺りはさすがに国内の事情をわかっているなと思います。 今回組み上げたのはtyrellの折り畳みフレームの中でも最軽量モデル"FSX" そもそも軽いフレームにカーボンホイール、sramの新型コンポまで組み込んで超軽量、超快適な1台に仕上がりました。 総額を言うのが憚られるほど高価なミニベロですが、こうゆうこともできるんだとゆう参考と、目の保養にどうぞ。 もちろん「同じ感じで組みたい!」とゆうオーダーもお待ちしています。 http://www.tyrellbike.com/products/ tyrell / fsx ホイールサイズ:20インチ(ETRTO) 完成車参考価格:¥845,000+tax 無線電動コンポは凄い!! メディアで見かけることは多いものの、その高価さも相まってなかなかユーザー
カスタムベースとしても最適なtyrell “srv”

カスタムベースとしても最適なtyrell “srv”

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), Tyrell
スペックアップにもおススメな軽量ミニベロ 過去にtyrellが生産していたミニベロ"sv" 軽いミニベロとして人気だった車種でした。 srvはこのsvの流れを組むtyrellの中では一番新しいモデル。tyrell独自のスラントデザインを採用したアルミフレームにカーボンフォーク、完成車重量8.3kgで完成車価格¥135,000とかなり説得力のあるミニベロです。 今回は以前にご購入いただいたsrvを全体的にスペックアップしたいとのご相談を受けて現状のスタイルのままでのスペックアップを目指してカスタムをしました。 いつも書いてますがカスタムは何でも高いパーツならいい、何でも使えばパワーアップするとゆうものでもありません。もちろんカッコよくもありたいですが、大事なのは自分の用途に合ったカスタム。何事もバランスです。 ミニベロのカスタムをご検討の方は是非参考にしてみてください。 http://www.tyrellbike.com/ tyrell / srv 完成車価格:¥135,000+tax (カスタムなしのベース車両のお値段) ホイールサイズ:20インチ(ETRTO406) 拡張性に優れた完成車スペック 完成車を買って、いざカスタムしようとすると立ちはだかるのが「規格」とゆう壁。 これをつけたいけど規格が合わない、規格はあってるけど見た目が好きじゃないなどなど。   今回はコンポーネントを丸ごと乗せ換えましたがこうゆう変速の段数が変わるカスタム場合は特に顕著なんですよね。 現在ロード用ハブには"10速まで取り付けられるもの"と"11速まで取り付けられるもの"が存在します。 もともと11速が入っていた完成車なら難しい話ではないんです、例えば
極上中の極上。これ以上上はないテッペンバイク。

極上中の極上。これ以上上はないテッペンバイク。

News, 銀座, Folding(折畳), Tyrell
PK1?いいえ違います。 PKZ?それでもないです。 こちら、XF。tyrell創業10年を記念して発売された チタンフレームの折り畳み自転車 tyrellのラインナップ内で比較するとFX/FSXのチタンverといったところ。 XFはチタンの成型の難しさとその造作の複雑さ、お値段も相まって50台の限定生産モデル。創業から10年間でtyrellの培った技術を集約し値段や採算を無視して完成した、言わば記念碑的モデル。 嬉しいことにticketでも50台中の数台をお客さんにご納車させてもらいましたが、今回で50台の生産も終わり、最後の1台をご納車しました。値段も値段なのでポンポン売れるものではないですけど、こんな車種もあったんですよとゆうアーカイブとして紹介します。 そもそも素材が高価かつプレスやハイドロフォーミングでの成型が難しいチタン素材。最上級モデルとしての精度を求めた上に折り畳み。ホリゾンタルフレームではなく、tyrellのアイコン「スラントデザイン」を用いたフレームはもはや工芸品レベル。 そんなフレームなのでアッセンブルされるパーツも一切の妥協はありません。 コンポーネントはshimano duraace Di2(9070)、ハンドルはvison metron5D、サドルはprologo nago evoと全てアフターマーケット用に販売される最上級のものを各所に用いています。 極めつけがホイール。リムは軽量なカーボンクリンチャーリム。そして何より「ハブ」。完成車にこれがついてるなんてありえるか?と思っちゃうブランド "gokiso"。国産の超高回転/超高精度/超高価と3高ハブの代名詞gokisoのハブをXF専用設計モデルを作って搭載しています。 10周年の記念モデルの名に違わない贅を尽くしたXF。
ぶっちぎりに軽いミニベロならtyrell “CSI”

ぶっちぎりに軽いミニベロならtyrell “CSI”

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), Tyrell
新年あけましておめでとうございます! 昨年も多くのお客様にTicketをご利用いただき慌ただしい一年を過ごすことができました。 今年は東京オリンピックも間近に控え、東京とゆう街もさらに活気を帯びた年になるんじゃないかなと思います。 Ticketもますますパワーアップしていきますので是非期待してくださいね!     新年一発目にご紹介するのはtyrellの軽量ミニベロcsi 入荷後紹介したいしたいと思いつつできてなかったおススメのミニベロ。 自転車とゆう構造物を動かすのは他ならぬエンジンであるライダー自身。ビギナーであってもベテランであっても漕ぐ自転車が軽いにこしたことはありません! csiはtyrellのアルミ加工技術をふんだんに盛り込んだ軽量なフロントフレームにカーボンバックを特殊な技法で接着しており、アルミの剛性感とカーボンの振動吸収性とを両立したスムースな走りを実現しています。 軽量なミニベロとゆうとまず名前のあがるtyrellらしく、軽量を越えて「超」軽量!! 今日紹介する105(R7000)ドロップハンドル仕様で7.9kg! ultegra(R8000)ドロップハンドル仕様にいたっては7.5kg!! そこいらのカーボンロードバイクよりも軽く仕上がっていますが、ただの軽いだけの自転車ではありません。軽いだけの自転車を作るのは案外簡単な話。耐久性や操作性などを犠牲にしてしまえば、「軽いだけ」の自転車はできます。それだけはなくライダーが乗って漕いで人馬一体の走りができた上で軽量とゆうのが大事。 tyrellのミニベロ全般で言えることですが、他社の製品に比べて少しだけホイールベースが長いのが特徴。これが絶妙に効果を発揮していて、軽さだけを追いかけた自転車にありが
tyrell SRV 人気のブルホーンハンドルにカスタム

tyrell SRV 人気のブルホーンハンドルにカスタム

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), Bikes / Frames, Tyrell
tyrellで最近人気と言えばSRV、ポテンシャルの高さと抑え目な価格、なんといっても軽量さはこの価格では見逃せません。当店ではKHSとternのsurge辺りと比較検討されて悶絶されております、う~ん悩ましいですね分かります。。13万円台になるとそれぞれに個性がハッキリとしてきて、軽いとかスペックが良いとか分かりやすくなってきます。中でもtyrellのSRVは軽量さがダントツの8.5kg、多くの方が軽いと思っていただける重量で御座います。この価格でtyrellのポテンシャルが味わえるサービス価格なSRVで御座います。 こちらでも解説しております Price:¥135000+tax カラーはマットブラック / パールホワイト 重量が8.3kg http://www.tyrellbike.com/   とは言えメーカーは完売のSRV 今現在メーカーのSRVの在庫は売り切れ表示です。しかし、当店はあとわずかに在庫を持っております!white、Black共にわずかで御座います。メーカーの次回生産予定は出ておりません、この価格は今後難しいとの事で御座います。今SRVにビっときてる方、ぜひ当店にご来店下さいませ、お見逃しなく!   フラットバー用のブルホーンハンドルを装着 やっぱりブルホーンにしたいなーうーん、、バーテープもサラっと巻いてみたいよねーうん、、それではコスパも良しなNITTOのB263AAでとりあえず行ってみよう!フラットバーコンポーネントがそのまま使用できるのでバリバリコスパが良くなるんです。考える前にできるお値段ですね。¥3700 https://vs-ticket.com/?p=28409 詳しいショップインフォメーションはコチラ Please click
tyrell IVE GRAY×YELLOW 扱いやすいフォールディングバイク

tyrell IVE GRAY×YELLOW 扱いやすいフォールディングバイク

銀座, 未分類, Folding(折畳), Bikes / Frames, Tyrell
気になった方のほとんどがその内容に納得してご成約しておりますtyrellのIVE。tyrellのフォールディングバイクの中で最もリーズナブルなIVE。コンパクトさと扱いやすさ、走行性能が魅力で納得のモデルで御座います。幅広い年齢層を視野に入れたフレームデザインは老若男女扱いやすく乗りやすい自転車に仕上がっております。18インチと小ぶりなホイールはペダルを回しやすいサイズでもありますが、長めに設定されたホイールベースは小径車の弱点であるふらつきを抑えホイールサイズからは考えられないような走りを実現しているのがtyrell IVEです。 http://www.tyrellbike.com/products/ tyrell IVE Price:¥148,000+tax トランスフォームする折畳デザインのIVE タイレルのフォールディングモデルがこのトランスフォームする折畳方式を採用しております。一般的な折畳と違ってメインフレームが折り畳みません。それによりフレーム剛性が高くなってりと走行性能が向上するわけです。画像はわかりやすいですね、黄色い部分が折り畳まりメインフレームの真下に収まります。リアについたキャスターが真下に移動します。各部のクオリティ、折畳サイズ、18インチながら驚きの走行性能とtyrell IVEは充実の内容でありながら¥148000と納得の価格でもありますね。   KNOG COBBERを装着 フロントリアのライトをKNOGのCOBBERを装着致しました。画像を見てもライトが付いてますねーという自然な印象ですが、通常ライトの光はサイドからは見えないものがほとんどです。こちらのCOBBERは330度の視認性を実現したカーブ形状の全く新しいLEDライトで御座います。前後だけでなく左右もカバーしたライト、もちろん安全性
ブルホーンカスタム&グレードアップ tyrellのSRV

ブルホーンカスタム&グレードアップ tyrellのSRV

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), Bikes / Frames, Tyrell
一気に人気モデルへと成長しましたtyrellのnewモデルSRV。このフレームデザインでマットブラックのカラーで御座いますから人気も集中してしまうのも納得です。あともう1点はカスタムのご依頼も多いです。今回はブルホーンハンドルカスタムとなりましたが関連してフロント多段化パーツのアップグレードも行いました。タイミングもよろしい事と価格差を見てSHIMANO SORAグレードの9speed化しております。一応後で後悔が無い様にサポートしつつご案内もさせていただいております。皆様も是非ご検討下さいませ。 こちらでも解説しております Price:¥135000+tax カラーはマットブラック / パールホワイト 重量が8.3kg http://www.tyrellbike.com/ メーカー在庫は完売しております。本当にもう在庫がわずかなSRV、この価格でのご提供も在庫分だけになりそうです。この価格、この軽さとクオリティ、この機会は是非お見逃しなく。   馴染み過ぎてカスタム感が薄いくらいに自然な仕上がりです。皆様が一度はあこがれのブルホーンカスタムです。先端にバーエンドコントローラーを取り付けてハンドルもカジュアルすぎずスポーティ過ぎないフラットで前上がりなタイプKHSと同じ方式となりますね。当店のHPによくご来店の方はどっかで見たような?と感じたハズです。そうKHS のFシリーズやPシリーズのアレです。 https://vs-ticket.com/?p=28409 詳しいショップインフォメーションはコチラ Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!
tyrell 2020 FXα  SILVER METALIC&MATTE BLACK

tyrell 2020 FXα SILVER METALIC&MATTE BLACK

News, 銀座, Folding(折畳), Bikes / Frames, Tyrell
メリハリの利いたタイレルらしいカラーリングのFXαシルバーメタリック&マットブラックが入荷しております。軽量でスポーティな走行性能の折畳自転車で¥175000はかなりリーズナブルな部類に入りますね。SRVといい新型の完パケモデルは好調な滑り出しで御座います。ここからカスタムも全然アリですのでご要望いただきましたらお好みに合わせてご納車も可能で御座います。しかしパっと見はFXとなんら変わりませんね。。お買い得で御座います。 FXα詳しい説明はこちらから ¥175,000(税抜) マットブラック&グロスブラック / シルバーメタリック&マットブラック パールホワイト&シルバーメタリック / ペアイエロー&グロスブラック ミラージュブルー&シルバーメタリック 重量 9.5kg FXα仕様表   オーナー様の所有欲を満たすスペシャルな対応がふんだんな内容でございます。 http://www.tyrellbike.com/products/ 詳しいショップインフォメーションはコチラ Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!
tyrell IVE sports complete 試乗車が入荷致しました。

tyrell IVE sports complete 試乗車が入荷致しました。

News, 銀座, Folding(折畳), Bikes / Frames, Tyrell
今年は何かと注目のモデルが登場しておりますTyrell。ハイエンドなスペックのモデルも間違いありませんが10万円台クラスも価格以上の性能でご満足いただけるモデルが多数ございます。そして最もコンフォータブルな折り畳み自転車のIVEをグレードアップさせたモデルIVE sports completeの試乗車が入荷致しんましたのでお知らせいたします。皆様お気軽にお乗りいただけますのでお声がけくださいませ。 tyrell IVE sports complete Price:¥179000+tax color:パールホワイト&ブルーメタリック、パールホワイト&ターコイズメタリック、パールホワイト&ライムグリーン、シルバー&マットブラック、ワインレッド&ダークグレー、チャコール&あやめパープル、マットグレー&レモンイエロー weight:10.7kg という事でtyrell IVE sports complete でございますが、細かく見ていくといろんな部分がアップグレードされてスポーティな走りが実現しております。乗ってみた印象ですと月並みですが18インチとは思えない安定感と走行性能で御座いますね。リアのクッションといいしなやかです。重量ですがフォールディングで10.7kgであれば結構軽い部類に入ると思います。アップグレードではありませんが泥除けは標準装備から外れておりますね、スポーティですからもちろんそうなりますね。   オフセットハンドルポスト 40mm前方にオフセットされた軽量(標準ステムより約90gの軽量化)のハンドルポストを装備、スポーツライドに適したポジションが得られます。 軽量化しながらも絶妙なハンドルポジションの設定になっております。考え抜かれた40㎜オフセットです。   ラ
走行性能と見た目はそのままにリーズナブル Tyrell FXα

走行性能と見た目はそのままにリーズナブル Tyrell FXα

News, 銀座, Folding(折畳), Bikes / Frames, Tyrell
tyrellの折畳自転車といえばFX。ロングランモデルで20万円前後でのラインナップで10㎏以下の軽量な折畳自転車としては数少ない選択肢の一つで御座います。そして今回のFXαが登場、お値段がなんと驚きの¥175000で投入されました。今までのtyrellのラインナップの中でも頑張った値段設定でございます。しかしどこが変わったのかもわからないくらいのルックスと走行性能、輪行などのサブバイクとしてお考えなら打って付けのお値段でございます。もちろん何も変わらずで値下がりではありませのでそこら辺を見ていきましょう。 ¥175,000(税抜) マットブラック&グロスブラック / シルバーメタリック&マットブラック パールホワイト&シルバーメタリック / ペアイエロー&グロスブラック ミラージュブルー&シルバーメタリック 重量 9.5kg FXα仕様表 FXとどこが違うんだ?間違い探しレベルの違い ・ホイールがAM3 今までのFXはそもそもAM3が標準装備なんですけどね。今度のFXがAM6が標準となりました。 ・BBがスクエアテーパー 昔ながらの四角BB仕様で御座います。FXはホローテックタイプです。 ・カラーがカドワキでは無い。 Tyrellのモデルはほとんどが日本トップクラスのカドワキコーティングで御座います。今回はカドワキでは無くなりました。 ・コンポーネントがSORAのみ Tyrellのメリットとしてはコンポーネントのグレードが選択可能でしたがSORAのフラットバーハンドル一択となりました。 一般的なメーカーはほとんどこれですからね、当たり前といえば当たり前。 ・アッセンブルが全て台湾工場 今までtyrellのモデルは日本の自社工場にて最終的にアッセンブルをしてデリバーされておりました。 FXαは台湾
最もスマートなブルホーンカスタム Tyrell CSI Di2

最もスマートなブルホーンカスタム Tyrell CSI Di2

News, 銀座, 未分類, Minivelo(ミニベロ), Bikes / Frames, Tyrell, 銀座 Pickup
ジャーンって言いたくなるほどカッコイイ、プレミアムでプラチナムなカスタム。Tyrell CSIのDi2 ブルホーンハンドルカスタムで御座います。ブルホーンのカスタムで一番問題なのがシフターの取付ですがDi2用のレバーなら一発解消、ルックスも操作性能もいう事無しで御座います。中々ハードルの高い内容ですがDi2の性能と軽量さ、ブルホーンハンドルのたたずまいと文句なしの完成度で御座います。 Di2 / ULTEGRA R8050 BULLHONE Price:¥433,000+tax Color:ターコイスブラック リアのシフトはブレーキレバーの左右についたこの内側の四角いボタン、スイッチはそれぞれにPCで割当できるのですが右側がシフトアップ、左側がシフトダウンに設定しております。ブレーキレバーから手をはなすこと無くシフト操作が可能です。ボタン、スイッチですからタイムロスも無く、力も必要なくシフティングできます。んーー!超快適ーー!なんです。 コクピット部分。ステム左側がスイッチ、フロントギアのアップダウンに設定しております。ステム右が液晶表示です。どちらも非常にコンパクトで邪魔にならないです。 しかしまあ重量も軽くなってカッコ良くなってと申し分無しのCSI Di2、満足度は格別で御座います。。 ん?とか言ってる間にCSIが完売しておりますね、、非常に残念です、、がしかし!当店には店頭在庫のキャンディーレッドの105ドロップが御座います。お急ぎください! https://vs-ticket.com/?p=28409 詳しいショップインフォメーションはコチラ Please click here for more information. Don’t hesitate to