商品のお問い合わせは

Folding(折畳)

Folding(折畳)

ニュージェネレーションなFX~tyrell FXα~

ニュージェネレーションなFX~tyrell FXα~

News, 銀座, Folding(折畳), Tyrell
アイキャッチ画像からニュージェネレーション感バリバリのフレームカラーですが そこではございません。 何がニュージェネレーションなのか? 「性能」 「機能性」 「価格」 この3つを融合させたtyrellが打ち出す新機軸がFXα FXと何が違うのかは写真ではわかりづらい点ですので、FXにするのかFXαにするのか。 以下のポイントを検討材料にしてみてください。 ・FXα フレームは従来からのFXと同じものです。 相違点としてフレームの最終工程での仕上げ処理及び塗装を生産工場のある台湾で行っており 塗装も従来のパウダー塗装ではなく、アクリル塗装になっています。(それでも十分すぎるほどキレイです!!) フレーム販売もあるFXではユーザーさんの好みに合わせてコンポーネントやハンドルの仕様が選べますがαではできません。 shimano "sora"を採用したフラットバーの1x9速仕様のみとなっています。 フレームは同じもので仕上げや仕様の違いだけなのでカスタムはゆくゆくしていくことも可能です。 https://www.tyrellbike.com/products/#fxa tyrell / FXα size : one size price : ¥196,900 in tax 詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!
tern / hsd はチャイルドシートも楽々!

tern / hsd はチャイルドシートも楽々!

News, 銀座, Folding(折畳), tern
vektron s10に続くe-bikeとしてternから登場した " hsd " 折り畳みを主眼としたvektronとは違いhsdの狙いは「カーゴバイク」 購入時から専用の大型リアキャリアが付属しているので後から買い足す必要もなし。 別売でフロント用のラックも販売されており、さらに積載量を増やすことも可能です。 リアキャリアは耐荷重量60kgに設定されているのでチャイルドシートの取り付けもおススメです。 お子さんを乗せるために購入してお子さんを乗せなくなったら荷物も積めるミニベロe-bikeとして活用していただけます。 チャイルドシートをつける場合にリアキャリアの耐荷重量を考える必要も、取り付けの可否を探る必要もないので お店もお客さんも楽々な1台です。 hsdのもうひとつのおススメが「ハンドル形状」 ternの折り畳み自転車と同様のステム形状は工具なしでハンドルの高さと突き出しをフレキシブルに調整可能。 シートポストも2段階で伸縮と合わせて適応身長の幅を広くとる事ができています。(150~190㎝まで対応) お子さんの送り迎えをパパもママもする場合や家族の兼用自転車として自宅に1台も便利そうです。 ハンドルの折り畳みも可能で折り畳みをすると横幅40㎝になるので保管がしやすいのも使い勝手のいいポイント。 今回はチャイルドシートを取り付けてご納車させていただきました。 この自転車で幼稚園保育園に登場したら、もう人気者ですよね。 カッコいいe-bikeをお探しの方は是非! https://www.ternbicycles.com/jp/bikes/471/hsd-p9 tern / hsd p9 price:¥341,000(with tax) 付
久々にチタンフレームの入荷がありました!

久々にチタンフレームの入荷がありました!

News, 銀座, Folding(折畳), KHS
自転車にドップリ、頭の先まで使った人たちが 長い自転車人生で一度は乗りたいと思うのが「チタンフレーム」 でもみんな中々踏ん切りがつかないんです、実際。 何故か? 「高いから」 あ、一人だけ知ってます。初めて買うスポーツバイクでチタンフレーム買った人。 でもそうゆう人なんて日本に片手しかいません。(たぶん) 高いにも関わらず何がそこまで自転車好きを惹き付けるのか? まず第一には見た目でしょう。 時計や食器などで見たことがある方も多いと思いますがチタンはメッキ加工をしなくても 少し鈍色がかったシルバーの美しい表情を持っています。 メッキとも違って、これがまた何ともカッコいいわけです。 そして、もうひとつが素材としての特性。 難しい説明は省きますが、以下の3点。 軽い!!(鉄の約60%の重量) 強い!!(アルミの3倍の強度) 錆びにくい!!(プラチナに次ぐ耐蝕性の高さ) で、こんなチタンを自転車フレームに使うと何がいいのか? チタンは「しなり〇」とゆうパッシブスキルの持ち主。 鉄より軽く、アルミより強い、しかもしなる。 自転車フレームに最適じゃないですか!高いけど! わかりやすく言うと「クロモリフレームとアルミフレームの間くらい」の特徴だと思ってください。 その上、錆に強いので長寿命。 「チタンフレームは一生モノ」なんてワードを見かけるのもお値段だけじゃなくてチタンの特性からきてるんですね。 前置きが長くなりましたが、KHSさんから久々にチタンフレームが届きました。 カタログにはずっといたはずなんですけど、生産の都合なのかしばらく入荷がなかったのでホントに久々。 前回の生産分とジオメトリーは全く同じです。 変更点
alex moulton 久々に入荷があります!(追加情報あります)

alex moulton 久々に入荷があります!(追加情報あります)

News, 銀座, Folding(折畳), Alex Moulton
お待たせしました! イギリスからの入荷が渋い状況が続いていますが 久々に在庫分が入荷します! 今回の入荷は3台。 SST CONE EDITION / RED ¥352,000 SOLDOUT SST CONE EDITON / BLUE ¥352,000 SOLD OUT TSR FX(非分割) / OXFORD BLUE ¥368,500 SOLD OUT (全て税込) 4/15日追加入荷決定 TSR FX(非分割)/BLACK SST CONE EDITON / BLUE 特にcone editionに関しては次回分はもうないそうなので 今回が最後のチャンスになりそうです。 フレームエンドにステンレスが使われているsstフレームにレザーサドル、レザーグリップ、フェンダーまで付いて フレーム価格とほぼ同価格。 値上がりしたtsr完成車と比べると上級フレームなのに安いとゆう限定モデルならでは?の逆転現象まで起きてしまっています。 繰り返しになりますが、 最後のチャンスです! ※ご予約について 入荷予定は4月中旬となっております。 店頭にて随時ご予約承っております。お電話でのお取り置きやご予約は承りかねます。 ご遠方にお住まいの場合はメールにてその旨をお知らせください。お支払いや配送に関して折り返しご連絡いたします。   詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!  
完成!最軽量!最高の走行性能のp-20rc

完成!最軽量!最高の走行性能のp-20rc

News, 銀座, Folding(折畳), KHS
完成車重量 8.8kg !! 軽い! 圧倒的に軽い! p-20rcのメーカー完成車が10.2kgなので物凄い軽量化を果たしています。 フレームはメーカー完成車と全く同じものなので如何に軽いがわかりますね! 軽さの要因は・・・すべて!! フロントホイールはkitt designの3スポークカーボンホイール。 リアホイールはsram 12速を使用するためにtniの軽量ハブで手組ホイール。 コンポーネントはsram force1をブルホーン仕様。 上げ下げを繰り返すシートポストはカーボンはおススメできな。でも軽いものと言えば安定のthomson。 サドルはtniのショートノーズサドルのサドル。カーボンレールのため超軽量。 多数の軽量パーツにsram forceをフロントシングルで搭載したので物理的にパーツ点数が少ないので さらに軽量化を助けています。 sramでもブルホーンバーで使用できるバーコンがラインナップされているので問題なく組み上げが可能。 特に今回の車体でおススメポイントがこのバーコン。 よく使われるshimanoやmicroshiftと比べても動作が軽く、レバーに遊びがないので綺麗にカチっカチっとキマるので 動作の面で気になる事が多いバーコンの中では断トツにおススメです。 軽量化=金額が高くなる これはどうしようもないところですが、満足感、完成度も非常に高い1台になっています。 今回はバーコンでの組み上げですが、もちろんドロップハンドル仕様も可能です。 https://www.khsjapan.com/products/p-20rc/ khs / p-20rc price:¥88,000+tax 完成車参考価格:¥400
tyrell “fx” 店頭使用の試乗車がお買い得です(SOLD OUT)

tyrell “fx” 店頭使用の試乗車がお買い得です(SOLD OUT)

News, 銀座, Folding(折畳), Tyrell
これまで店頭にて試乗車として活躍してくれていたfx号。 店頭の試乗車を入れ替えるタイミングになりましたので格安にて販売します! 試乗車として使用していましたので小傷はありますが しっかりと再整備の上でお渡しします。 もちろん他の購入車と同じく点検・調整はずっと無料。 カラーも継続ラインナップされるせとしるべルビーレッドなので古い感じは全くしません! kadowakiコーティングの美しい塗装も当然店内保管なので綺麗なまま。 一か所傷がありますが当店にて補修しましたので通常使用では気にならないレベルです。 (傷の程度は個人差があると思いますので現車にて確認をお願いします) shimano "tiagra 2x10" フラットバー仕様は通常販売価格:¥249,000+tax それを今回は¥174,000+taxで! その差額でパーツのアップグレードをするもよし、輪行用の装備をそろえるもよし! 春の自転車シーズンを楽しむお供に是非。 tyrell / fx components:shimano "tiagra 2x10" ホイール:20インチ(ETRTO406) フレームサイズ:ワンサイズ SOLD OUT 詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!
tern “vektron s10” 再入荷しています

tern “vektron s10” 再入荷しています

News, 銀座, Folding(折畳), tern
発売以降大人気のe-bike "vektron s10" 高価な部類に入るe-bikeですが、それに見合うパーツスペック+アシストユニットを装備し なおかつ折り畳みとゆう無二の存在感がその理由。 大容量なバッテリーをリアタイヤの上に配置したことで小径ホイール+折り畳み自転車の重量配分とルックスを崩すことなく e-bikeに仕上げてくるのは、さすが折り畳み自転車のリーディングブランドternだな!と納得の仕上がりです。 大型化しやすいe-bikeにあって20インチタイヤで折り畳みも可能なので保管場所を確保しやすいのもおススメなポイント。 住まいの住居に駐輪場がない、室内保管して自転車のコンディションをいい状態で保ちたい、車に積みたいetc・・・ 折り畳みであることのメリットは思ってる以上に多いのでe-bikeの購入を検討されている方は是非一度vektronも検討材料にしてみてください。 仮に折り畳まなかったとしてもbosch製のユニットが非常に素晴らしい出来だし、油圧ディスクブレーキがMTBスキーの憧れmaguraだったりとおススメポイントはたくさんあります! ボクのおススメポイントは従来のternの折り畳みフレームをデザインベースとしているので元々空白地だったシートステーのスペースにバッテリーを収めてデザイン性と走行性を両立しているところです。 ternの折り畳み自転車のカッコよさそのままにe-bike化、いいですね! https://www.ternbicycles.com/jp/bikes/472/vektron-s10 tern / vektron s10 price:¥298,000+tax ホイールサイズ:20インチ(ETRTO406) カラー:シルバー(ブラ
KHS + SRAM 1x コンポーネント

KHS + SRAM 1x コンポーネント

News, 銀座, Folding(折畳), KHS
khsのクロモリミニベロフレーム "p-20rc" khsの折り畳みやミニベロの中でも珍しいフレームセットのラインナップがあるモデルです。 ticketではフレームから組み上げて完成車にしている定番フレーム。 これまではshimano 105で組むことが多かったp-20rcですが、いつも105じゃつまらない。 105はいいコンポーネントなんですが数えきれない台数を組んでいると、ふと何か新しいことがしたくなる。 そこで今回はsramのフロントシングルコンポーネント "1x"で組んでみました。 パーツの整合性は? ギア比は? 大丈夫です、全てクリアしています。 1xコンポーネントを搭載したp-20rcはこのフレームの新しい可能性を示す1台に仕上がっています。 https://www.khsjapan.com/products/p-20rc-ff/ khs / p-20rc price:¥88,000+tax (フレーム&フォーク) ホイールサイズ:20インチ(ETRTO451) 完成車目安価格:¥220,000+tax~ ギア比問題もご心配なく ミニベロを組む際に一番気になるのはやはりコンポーネントのギア比。 ホイールが小さい分、ギアレンジに幅を持っておかないとどうしてもトップスピードが足りなくなってきます。 例えば105で組まれたロードバイクの場合、フロントチェーンリングは概ね50x36のコンパクト。 これをミニベロに搭載してしまうとトップ側(重たいほう)が頭打ちになるのが早くなりスピードが出づらくなってしまうんです。 1x11速で組んだ今回のp-20rcはこの問題をどうクリアしたのか。少し数字が出てきますが重要ポイントなので是非ご覧くだ
khs / f-20rc shimano “sora” フラットバー完成車

khs / f-20rc shimano “sora” フラットバー完成車

News, 銀座, Folding(折畳), KHS
2020年も本当にたくさんのお問い合わせをいただいて相変わらずの人気っぷりを示したkhsの折り畳み自転車。 その中でもticketでの一番人気がf-20rc。 fシリーズのトップモデルのrcグレードはrグレードと同様のフレームにカーボンフォークをアッセンブルしたもの。 通常は完成車販売のみの設定ですがこちらはフレームセットから組み上げた1台。 過去にラインナップされていたアーカイブカラーの中からボクたちのお気に入りでもあったキャンディレッドのフレームに、カーボン柄仕上げのフロントフォークとゆうカタログスペック外の注目のフレームです。 今回はフラットバーにshimano "sora" 2x9速仕様。 メーカー完成車はブルホーンバー+バーエンドシフター仕様なので ゆったりサイクリング派はフラットバー ロングライド派はブルホーンバー くらいで考えてもらうといいと思います。 https://www.khsjapan.com/products/f-20rc/ khs / f-20rc price:¥160,000+tax ホイールサイズ:20インチ(ETRTO451) +¥15,000+taxにて抜群の軽さを誇る韋駄天ホイール仕様もご準備可能です。 詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!  
khs “f-20r” 2021年モデルが少量入荷!

khs “f-20r” 2021年モデルが少量入荷!

News, 銀座, Folding(折畳), KHS
早いもの勝ちの少量入荷です 事態の収束が早くない限りはこうなると予想はされていた状況ですが、各メーカーの2021年モデルは入荷が大幅に遅れています。 ここは早いここは遅いは特になく、総じて納期に遅延が発生しています。 メーカーに在庫が入ってくる前に予約で埋まってしまい今までは取り寄せが可能だったメーカー在庫の手配がほぼできなくなっています。 お探しの自転車は見つけたら即断即決を強くおススメしたい2021年モデル。 例に漏れずkhsもそうなのですが、早期にオーダーしていた分が少量ですが入荷しました。 https://www.khsjapan.com/products/f-20r/ khs / f-20r price:¥140,000+tax ホイールサイズ:20インチ(ETRTO451) 2021年モデルは仕様変更なし 2020年モデルからの継続となったf-20r。そもそもかなり仕上がっているフレームなので 新しいコンポーネントが登場した場合はまた別ですが販売店的にも特段こうしてほしいみたいな要望も思い浮かばないよく出来たフレームです。 カラーはクロームポリッシュとブラック。 今回は運よく2カラーとも入荷しました。 折り畳める且つ走行性のよいミニベロをお探しの方には真っ先におススメしたい「走れる折り畳み」 クロモリフレーム&ソフトテール(リアサスペンション機構)で乗り心地も抜群。 メーカー完成車はブルホーン&バーエンドシフトですがドロップハンドルに交換してSTIレバーを装着しても折り畳み可能なのでロングライド派な方には嬉しいポイントですね。 詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for m
ディスクブレーキなフォールディングバイク

ディスクブレーキなフォールディングバイク

News, 銀座, Folding(折畳), KHS
fシリーズのディスクブレーキモデルが入荷しました。 MTBは言うまでも無く、ロードバイク界隈から日常使いのクロスバイクまで広く普及しているディスクブレーキ。 ディスクブレーキに残された最後のフロンティアは「ミニベロ」ではなかろうかと。 とは言うもののディスクブレーキ搭載モデルが増えてこないこの現状。ハイエンドなミニベロには搭載されているものもあるにはあるんですが、日常使いからフィットネスを目的とするクロスバイクなんかに比べるとまだまだ少ないんです。 コスト増による完成車価格の上昇、そもそもミニベロにディスクブレーキがいるのか。などなど理由は色々とありそうですが、そんな中ticketに珍しいkhsが届いています。 https://www.khsjapan.com/products/index-folding.php khs / f-20sx price:¥120,000+tax ホイールサイズ:20インチ(ETRTO406) ディスクブレーキホイールのため組み替えれば451もいけるかと思いましたがクリアランス不足のためホイールのサイズアップはできません。残念です! 要所におもしろいポイントが・・・ 折り畳み自転車だとゆうのはいつも書いているので違った角度からこのsxのおもしろみを探ってみましょう。 普段在庫している20rや20rcと比べるとなかなかおもしろい1台ですよ。 1x10の変速を採用しているsx。RDとシフターはmicro shift。この辺はkhsの定番。変速性能も十分です。 写真にチラッと写っているんですが、フロントのチェーンリングにガードがいません。チェーンを抑えるウォッチャーもいません。 でもチェーンは外れません。 そう、つまり、「ナローワイ
~アヒルの卵~

~アヒルの卵~

News, 銀座, Folding(折畳), Alex Moulton
カタログ外の珍しいカラー 昨今の事情もあって世界的に自転車がバカ売れ状態でメーカー問わず在庫が少ない、もしくは全くない状況が続いてます。 折しも各メーカー次年度モデルへ切り替えの時期も相まって生産工場がパンパン。 コンポーネント業界の巨星shimanoと言えどもパンパン。 一つの工場で全てが完結するわけではない工業製品の難しいところなんですけど、今は欲しいものを探すにも一苦労。 しばらくはこの感じが続きそうです。。。 ボクたちはと言うと特に物が入ってこないのがalex moulton。 オーダーしてた分も初夏→夏→わかんねと変わっていきしばらくは「わかんね」状態継続じゃないかなーと。 そんなこんなで全然在庫が入ってこないタイミングで珍しいカラーがポロっと入ってきました。 "duck egg blue"と箱に書いてありました。 アヒルの卵?・・・ アヒルの卵ってこんなに青いんだろうか?・・・ まぁそんな疑問はさておき、良い色です。 以前あったミントと同系色ですが、少しだけ濃いかなといったところ。 何でもmoultonの在庫分ではなく、生産を請け負うpashleyの倉庫にあったとか。 カラーも出自も変わってるtsr、追加入荷は一切ないであろう希少カラーです。 1台のみの入荷ですのでお早めにお願いします! alex moulton / tsr9-sp price:¥305,000+tax ホイールサイズ:20インチ(ETRTO406) 詳しいショップインフォメーションはこちらから Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!
bosch社製アシストユニット搭載 “tern vektron”

bosch社製アシストユニット搭載 “tern vektron”

News, 銀座, Folding(折畳), tern
2019年は日本のe-bike元年と言われてましたが、欧州では既にスポーツバイク販売の約3割がe-bikeになっているそうです。各社2021年モデルではラインナップにあるのが当然となっていて各社e-bikeのラインナップがさらに拡充されています。 日常使いからロングツーリング、MTBまでさらなる盛り上がりを見せています。 tern "vektron"は各社に先駆けて2018年から国内展開を始めていて2021年モデルで4年目。 搭載されるアシストユニットは欧州では圧倒的シャアを持つドイツのbosch社製。秒間で1000個の挙動を計測できる高精度なセンサーを搭載しており、既に欧州での実績のあるシステムは十分に熟成されています。漕ぎ出しからの加速もしっかりとアシストしてくれるのに、後ろから強く押されるような急発進感もなく自然にスタートできるのでe-bikeが初めての方でも不安なく乗れるのではないでしょうか。 大容量のバッテリーを搭載しながらも折り畳みが可能とゆうのもvektronの特徴のひとつ。従来からあるternの折り畳み自転車のフレームデザイン、折り畳み方法のままでe-bike化を果たしているのはternが如何に折り畳み自転車に深い造詣を持っているかが伺えます。折り畳み自転車のリーディングブランドだからできたe-bikeです。 今回入荷したのはフレームカラー black。 ブルーのアクセントが入ったツヤ無しのブラックは性別や年齢を問わず乗ってもらえる色になっています。折り畳み自転車ならではの低床フレームとシートポスト、ハンドル位置をワンタッチで調整できますので乗車可能な身長を148~195cmと広く設定しています。一家に1台、家族で共有する使い方も視野に入ってきますね。 https://www.ternbicycles
ちょっと珍しい”Vブレーキ”仕様

ちょっと珍しい”Vブレーキ”仕様

News, 銀座, Folding(折畳), Alex Moulton
太いタイヤいれちゃおうぜ!! と、言いたくなるんですよ、vブレーキだと。 日本には通常キャリパーブレーキ仕様しか輸入されていませんが、欧州ではラインナップに存在するtsrのvブレーキ仕様。 日本では少しイレギュラーなモデルが1台だけ入荷しました!(と、同時に売れましたごめんなさい) 在庫がないのが心苦しいところですが、こうゆうカスタムもできるんだな!とゆうイメージ造りに是非見てやってください。 https://www.dynavector.co.jp/am/model/tsr.php alex moulton / tsr9-sp price:¥305,000+tax(ベース車両) ホイール:20インチ(ETRTO406) 太いタイヤが入るとゆう喜び 通常のキャリパーブレーキ仕様のtsrだとタイヤは完成車の状態で1.1。カスタムして太くしてもまぁだいたい1.35まで。 フレームクリアランスはクリアしていてもキャリパーブレーキに当たっちゃうんです、タイヤが。 その点、vブレーキならタイヤの直上にブレーキがいないので太いタイヤが入れられます。 実はフォークのデザインも少し違います。まるっこい仕上げで肩がないのもカッコいい。 今回使ったタイヤはmaxxisのbmx用タイヤで、幅は1.75。bmx用と聞くと重たいイメージがあるかもしれませんが今回使ったrelixはかなり軽量な部類なので 軽い転がりで走りがもっさりしない上にクッション性もあってmoultonにはおススメのタイヤ。 昔のapbのvブレーキ仕様なんかを持ってる方には修理の際によくおススメしてます。 クリアランス的にはまだまだイケそうだけど、この後フェンダーを取り付ける予定なのと、走りと快適性の塩梅を考えてこ
tyrellならカスタムペイントが無料!

tyrellならカスタムペイントが無料!

News, 銀座, Folding(折畳), Tyrell
粉体塗装(パウダーコーティング) ミニベロを中心としたラインナップで国内外問わず人気のあるtyrell(タイレル) tyrellと言えば、「軽さ」と「塗装」 今回は「塗装」についてご紹介します。 塗装と一口に言っても塗料や方式は様々ありますが、tyrellが採用しているのは自転車業界では珍しい「粉体塗装(パウダーコーティング)」 粉を吹き付けて塗装できるのか? できるんです。静電気の力で。 塗装したい自転車が"+"の電化、吹き付ける塗料が"-"の電化を持つことで、極微細に加工された粉状の塗料がピタピタとくっついていきます。 よくあるウレタン塗装などであれば、これを乾燥させて終わりですが粉体塗装はここからさらに「焼き付け」を行ってさらに塗装を硬化させます。 簡単に言うと「レンジでチン」です。 手間のかかる工程を経ている分のメリットは非常に大きく、まず塗装面に透き通るような美しさは粉体ならでは。 焼き付けを行うので塗料の乗りが良く、紫外線にも強く、外的な傷にも強い。 塗装面を長い間、塗装時と同じ状態で保つことができます。 塗料についても粉を吹きつけるため、塗装の際に有機溶剤を一切使わず環境にも優しく、シックハウスを起こすこともない。 人にも環境にも優しい粉体塗装が自転車や車、バイクだけでなく、街中の信号機やビルの外壁など様々な分野で使われているのも納得です。 tyrellのフレームは一部を除き、粉体塗装で有名なカドワキコーティングさんで一本一本手作業で塗装が施されています。 KADOWAKI COATINGさんHP 好きなカラーに塗っちゃいましょう! さて、本題の「無料でペイントできますよ」の件。 tyrellではモデルによってはカスタムペイントをオーダーできます。