おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

Folding(折畳)

Folding(折畳)

stridaの在庫が入荷してきました!

stridaの在庫が入荷してきました!

News, 銀座, Folding(折畳), STRIDA
まずは定番モデルのLTが再入荷! COVID-19の影響で生産遅れの影響が今も続く自転車業界。 stridaも国内在庫が切れていてticketでもお問い合わせいただいてもすぐにご準備できない心苦しい状況でした、遂に在庫が入ってきました。まずは16インチの定番モデルLT。 今回入荷してきたのは新色!・・・ではありますが、stridaでは昔から定番カラーだったパープルが復活してます。 初めてstrida見たのが10数年前だったボクとしては「これこれこの色がstridaよ」ってイメージを持ってますが、ラインナップに入るのは実は結構久々な気がします。 18インチでもないし、内装変速でもないですが、stridaの原点でもあるシングルスピードの16インチはやっぱり使い勝手がいいんです。使ってみて物足りなくなってきたら、足回りをカスタムして18インチにしてもいいし、上位機種のevoやsxに標準装備されているアルミキャリアや折り畳みペダルに交換してあげればいいと思います。 特異な形をしてますので修理の際にはベルトドライブを始め、各所専用のパーツの手配が必要ですが、stridaは輸入元さんがリペアパーツもしっかりと国内在庫してくれていますので修理の際にも困る事が少ないのも重要なポイント。 特殊なデザインの自転車って、壊れたらそれっきりなものも間々あるものなので、買った後のフォローアップがしっかりしているのでticketでも定番ブランドとして長らく取り扱いをしています。 折り畳んだ状態で高さの低いゴルフバッグ程度のサイズ感なのでオフィスや家の片隅に置いて室内保管もしやすい設計になっています。 専用輪行バッグも別売りであるので、輪行に使ってもらってもOK。小ささを活かして車載するのも便利ですね。 少し古い仕様のものですが、店頭にはLTの試乗
bosch社製アシストユニット搭載 “tern vektron”

bosch社製アシストユニット搭載 “tern vektron”

News, 銀座, Folding(折畳), tern
2019年は日本のe-bike元年と言われてましたが、欧州では既にスポーツバイク販売の約3割がe-bikeになっているそうです。各社2020年モデルの発表会ではe-bikeが何かしらラインナップされていてさらなる盛り上がりを見せています。 tern "vektron"は各社に先駆けて2018年から国内展開を始めていて2020年モデルで3年目。 搭載されるアシストユニットは欧州では圧倒的シャアを持つドイツのbosch社製。秒間で1000個の挙動を計測できる高精度なセンサーを搭載しており、既に欧州での実績のあるシステムは十分に熟成されています。漕ぎ出しからの加速もしっかりとアシストしてくれるのに、後ろから強く押されるような急発進感もなく自然にスタートできるのでe-bikeが初めての方でも不安なく乗れるのではないでしょうか。 大容量のバッテリーを搭載しながらも折り畳みが可能とゆうのもvektronの特徴のひとつ。従来からあるternの折り畳み自転車のフレームデザイン、折り畳み方法のままでe-bike化を果たしているのはternが如何に折り畳み自転車に深い造詣を持っているかが伺えます。折り畳み自転車のリーディングブランドだからできたe-bikeです。 今回入荷したのはフレームカラー sliver。グレー味の強い仕上げですのでピカピカしすぎておらず性別や年齢を問わず乗ってもらえる色になっています。折り畳み自転車ならではの低床フレームとシートポスト、ハンドル位置をワンタッチで調整できますので乗車可能な身長を148~195cmと広く設定しています。一家に1台、家族で共有する使い方も視野に入ってきますね。 https://www.ternbicycles.com/jp/bikes/472/vektron-s10 tern / vektro
輪行も走りも妥協しないハイスペックなフォールディングバイク

輪行も走りも妥協しないハイスペックなフォールディングバイク

News, 銀座, Folding(折畳), Tyrell
SRAMの新型コンポ "e-tap axs"を搭載! 折り畳み自転車に軽さを求めるならtyrell。 さらに走りの良さを求めるのもtyrell。 どちらの性能も妥協なく突き詰めたフレームは折り畳み機構によるライドポジションへの制限を極力無くし、折り畳み自転車ながらロングライドにも対応できるようロードバイクコンポーネントを搭載できるのがtyrellの強み。 もちろん他のブランドでもできることですが、tyrellの場合は「ここはこうゆう規格のみです」「この規格は取り付けできません」がほぼないのがカスタムの幅を大きく広げてくれています。 700Cのロードバイクはあるけど輪行がめんどくさい。折り畳み自転車が欲しいけど走行性は高いほうがいい。輪行のことを考えると軽いほうがいい。 輪行をする人のわがままをおよそ叶えてくれるtyrell。日本人が日本で使うシーンを考慮して作っているのでこの辺りはさすがに国内の事情をわかっているなと思います。 今回組み上げたのはtyrellの折り畳みフレームの中でも最軽量モデル"FSX" そもそも軽いフレームにカーボンホイール、sramの新型コンポまで組み込んで超軽量、超快適な1台に仕上がりました。 総額を言うのが憚られるほど高価なミニベロですが、こうゆうこともできるんだとゆう参考と、目の保養にどうぞ。 もちろん「同じ感じで組みたい!」とゆうオーダーもお待ちしています。 http://www.tyrellbike.com/products/ tyrell / fsx ホイールサイズ:20インチ(ETRTO) 完成車参考価格:¥845,000+tax 無線電動コンポは凄い!! メディアで見かけることは多いものの、その高価さも相まってなかなかユーザー
待望のNew Colorが登場!!

待望のNew Colorが登場!!

News, 銀座, Folding(折畳), iruka
どのirukaにしますか? 登場からこっち、圧倒的なオリジナリティでticketでも人気のiruka。 斬新なフレームワークに折り畳み構造で唯一無二の存在感を放つ折り畳み自転車界のニューカマー。 何より目を引くのが直線的なフレームデザインの折り畳み自転車が多い中で中央に大きくスリットの入った弧を描くトップチューブですよね。 通常の折り畳み自転車がトップチューブ部に折り畳む機構を盛り込むのに対し、irukaはそこに折り畳み機構がないことで高いフレーム剛性を実現しています。 と、素材だ設計だのうんちくを語りだせばいくらでも出てくるんですけど・・・ まぁ何よりカッコいいですよね!! 片持ちのフロントフォークも、内装8段の変速機構も、折り畳み方までどれもこれもギミック感が溢れているのに煩雑さがない収まりのいいデザイン・・・ 大人の物欲をガンガン刺激しまくりです。 今までも十二分にいい自転車だったんですが!!この度!!ついに!! カラーバリエーションが増えまーす!! もう抗えないですね。3カラー展開になりますから。 これまでどうしよう欲しいなーと悩んでいて人の外堀は完全に埋まりました。 既存のシルバー、渋いブラック、大人なグレー。 本丸はいとも簡単に落とせるであろうスキのないラインナップです。 ticketには近々ブラックが入荷予定です!シルバーも在庫しているので存分に店頭で悩んでください! https://www.iruka.tokyo/overview/design iruka price:¥212,800+tax ホイールサイズ:18インチ フレームサイズ:ワンサイズ iruka / sliver iruka / s
真に自分だけの1台作れます

真に自分だけの1台作れます

News, 銀座, Folding(折畳), KHS
カスタムペイントも承っています と、言ってもボクが塗るわけじゃないんですけど。 今回はフレームでストックしている時点で珍しいkhs "f-20rc"のフレームセットをリペイントしてもらい、その上で完成車に組み上げてご準備させてもらいました! ホワイトと一口に言っても濃い薄いはホントに色々あってピュアなホワイトを見るのはいつぶりでしょうか・・・ 久々に見ると、うんやっぱりカッコいいよね、ホワイト。 汚れるなんて声も聞くけど、どの色でも汚れますから。大事なのはその後のケアです。 ticketで主に揃えているfシリーズはf-20rとf-20rcの2車種。shimano "sora"と"tiagra"を採用したブルホーンバー仕様での販売になっています。今回組み立てたf-20rcもブルホーンバー仕様ですが、こちらはshimano "105"仕様。リアが11速になっており、さらにスポーツ走行に適したパーツスペックになっています。フレームセットでの販売が可能なticketならではのカスタム。 まだ少量フレームセットをストックしていますので、「こうゆう仕様で組みたい!」とゆう希望がある方には完成車をカスタムするよりお財布に優しいのでおススメです! カスタムペイントは現在のカラーを剥離した上での再塗装になります。都度のお見積もりとなりますが例えば2カラーでの塗り分けなども可能です。完成車の場合はフレーム単体にする工賃などもあり、金額もそれなりになりますが自分だけの1台を作って永く使ってもらえます。随時承っていますので店頭にてご相談ください。 https://www.khsjapan.com/products/f-20rc/ khs / f-20rc price:¥80,000+tax (フレーム&フォーク)
すこしのカスタムで快適度が格段にUP!

すこしのカスタムで快適度が格段にUP!

News, 銀座, Folding(折畳), DAHON
「タイヤを太くする」のすゝめ ミニベロでタイヤ太くしたら走りが重くなるじゃん いえいえ、そんなことはないんです。 確かに理論上は接地面積が増えるので摩擦抵抗も上がってスピードは落ちます。 でもそれを補って余りある効果が得られるとしたらどうでしょう? 「乗り心地」と「安定感」 聞くだけで自転車乗りに安心感を与えてくれるワードですよね。 折り畳めないようで折り畳めるdahonオリジナルの技術「lock jaw」システム。これを採用したdashシリーズは折り畳み自転車とゆうより、折り畳みも"できる"自転車。 普段は折り畳む必要はないけど、たまーーに折り畳んで車に積みたいなんてシーンでも活躍が見込めますし、折り畳み自転車が欲しいけど折り畳み特有の一本フレーム&長いハンドルコラムがどうにも美観的に好みじゃないなんてワガママにも応えてくれます。 純正オプションでワンタッチで外せるバスケットも取付できますし、知らなければ普通のミニベロに見えちゃうところが毎年人気の理由。 ticketのお客さんでも日常使用にする方が多いdash p8。 純正で付いてくるタイヤは20x1.5なんですが、これを20x19.5にサイズアップしました。空気圧をしっかり入れてあげると転がりは十分!それでいてボリュームが増しているので地面からの振動の軽減と接地面が増えたことでの安定感が段違いに気持ちよくなっています。 タイヤを交換しただけのライトなカスタムですが実用に関してはかなりの効果があるおススメカスタムです! https://www.dahon.jp/2020/product/bike/dashp8.html?id=container dahon / dash p8 price:¥89,000+tax
極上中の極上。これ以上上はないテッペンバイク。

極上中の極上。これ以上上はないテッペンバイク。

News, 銀座, Folding(折畳), Tyrell
PK1?いいえ違います。 PKZ?それでもないです。 こちら、XF。tyrell創業10年を記念して発売された チタンフレームの折り畳み自転車 tyrellのラインナップ内で比較するとFX/FSXのチタンverといったところ。 XFはチタンの成型の難しさとその造作の複雑さ、お値段も相まって50台の限定生産モデル。創業から10年間でtyrellの培った技術を集約し値段や採算を無視して完成した、言わば記念碑的モデル。 嬉しいことにticketでも50台中の数台をお客さんにご納車させてもらいましたが、今回で50台の生産も終わり、最後の1台をご納車しました。値段も値段なのでポンポン売れるものではないですけど、こんな車種もあったんですよとゆうアーカイブとして紹介します。 そもそも素材が高価かつプレスやハイドロフォーミングでの成型が難しいチタン素材。最上級モデルとしての精度を求めた上に折り畳み。ホリゾンタルフレームではなく、tyrellのアイコン「スラントデザイン」を用いたフレームはもはや工芸品レベル。 そんなフレームなのでアッセンブルされるパーツも一切の妥協はありません。 コンポーネントはshimano duraace Di2(9070)、ハンドルはvison metron5D、サドルはprologo nago evoと全てアフターマーケット用に販売される最上級のものを各所に用いています。 極めつけがホイール。リムは軽量なカーボンクリンチャーリム。そして何より「ハブ」。完成車にこれがついてるなんてありえるか?と思っちゃうブランド "gokiso"。国産の超高回転/超高精度/超高価と3高ハブの代名詞gokisoのハブをXF専用設計モデルを作って搭載しています。 10周年の記念モデルの名に違わない贅を尽くしたXF。
KHSの2020年モデルの入荷

KHSの2020年モデルの入荷

News, 銀座, Folding(折畳), KHS
輪行に使える走りのいいミニベロとゆうと真っ先に名前が出るKHSのFシリーズ。ticketでもRとRCの両モデルが定番の車種として人気です。2020年モデルは2019年からの継続となる各モデル、お待たせしていた入荷がスタートしました! 今回入荷したのはF-20RCの"matt titan"カラー。マット仕上げの少しザラついた雰囲気の塗装はシルバーとグレーの中間色で飽きが来ない、でもしっかりと主張のあるカラー。折り畳んだ輪行状態でのコンパクトさとロングライドに対応できるハンドルポジションを加味してチョイスされたブルホーンハンドルを標準装備。コンポーネントはshimano tiagraをフルで搭載。ブレーキまでしっかりと揃えてあるので完成車にありがちな購入時にブレーキキャリパーだけ交換しとこうかな・・・がないのも嬉しいですね! https://www.khsjapan.com/products/f-20rc/ khs / f-20rc price:¥170,000+tax ホイール:20インチ(ETRTO451)   輪行に使う場合は専用オプションがおススメ! khs Fシリーズを輪行用に使う場合は専用のオプション装備を取り付けるのが圧倒的におススメです。取り外したハンドルをフレームに固定するハンドルアタッチとふたつに折り畳まれたフレームを前輪・後輪部分で固定してくれるマグネット。このふたつをつけてあげることで輪行袋に入れる前に傷が入らないようにフレームパッドをつけたり、車体がバラけないようにバンドで固定したりする面倒な作業がいらなくなります。 輪行経験のある方はお分かりかなと思いますが輪行した先で袋から出して組み立てて、帰る時に折り畳んで袋にしまっての作業って結構めんどくさいんですよね。すぐに組み立てて走り出せるの
off the wall !! “dahon + vans”

off the wall !! “dahon + vans”

News, 銀座, Folding(折畳), DAHON
スケートシューズで有名なvans。シューズやアパレルだけかと思いきや自転車用のパーツも出てます。vansが生産している自転車ラインとゆうよりvansの技術を取り入れて自転車メーカーが生産している、いわゆるコラボなアイテム。BMXブランドのcultやグリップの定番odiからvansの特徴でもあるワッフルソールを全面に使用したタイヤ、グリップなどくすぐってくるアイテムが発売されています。 vansのワッフルソールはそもそもが強い衝撃のかかるスケートシューズのために開発されているのでクッション性やグリップ力は物凄く高いので自転車で使われるゴム製品との親和性は言うに及ばず。出会うべくして出会った、繋がるべくして繋がったgoodコラボですね! 店頭でも人気のdahon "dove plus"はホイール径が14インチ。ノーマルのタイヤは少し細身のものがついているのでもう少しボリュームアップして安定感を出したいとゆうご相談が多い車種なんです。 cultはBMXブランドなこともあって、作ってくれてます、14インチ。気が利いてることにグリップもお揃いであるのでこれ以上ないカスタムができちゃいました。dove plusは14インチのシングルスピードなので太目のタイヤを履いても走りが重たくなるよりも乗り心地の良さが強く出るのでデメリットも感じません。 あと、何よりカッコいい。ここ大事です、ほぼここが全てです。 https://www.dahon.jp/2020/product/bike/doveplus.html?id=container dahon / dove plus price:¥79,000+tax(カスタム費用込み) ホイールサイズ:14インチ   折り畳みにも障害なし! dove plusは何はさておき折り
折り畳みに見えない折り畳み自転車 dahon “dash”

折り畳みに見えない折り畳み自転車 dahon “dash”

News, 銀座, Folding(折畳), DAHON
折り畳み自転車と言えば、まず名前のあがるdahon。ラインナップは折り畳み自転車のみとゆう特化したブランドなので色々なホイールサイズ、フレームデザインが揃っており、ユーザーさんの使い方に合わせた折り畳み自転車を選べるのが嬉しいポイント。 dashシリーズはコンポーネント違いでドロップハンドル、フラットハンドル、両モデルがラインナップされています。一見すると普通のミニベロですが、これでも折り畳み自転車。同じ構造の折り畳み方式だけに固執せず常に新しいイノベーションを生み出せるのも折り畳み自転車専業のdahonの強みではないでしょうか。 https://www.dahon.jp/2020/product/bike/dashp8.html?id=container dahon / dash p8 price:¥89,000+tax ホイールサイズ:20インチ(ETRTO406)   全く新しい折り畳み構造"lock jaw" dahonの生み出した全く新しい折り畳み構造が lock jaw システム。フレームに折り畳みヒンジがついておらず、見た目は普通のダイヤモンド型フレームですが、トップチューブ、ダウンチューブそれぞれに一本ネジが入っていて、これを緩めることでフレームを二つに折り畳める構造になっています。 パッと見はミニベロに見えるlock jawフレームは従来のダイヤモンドフレームの持つ剛性感と折り畳み自転車の利便性を同居させたdahonの提案する新しい折り畳み自転車の形。 今日ご紹介したp8はフラットハンドルに406ホイールのモデル。普段使いからお休みの日のポタリングまで、長距離を想定しないライドにおススメのモデルです。工具は必要ですが折り畳み自体は簡単なのでキャンプなどに車載して持っていくのも楽しいんでは
tern vektron シルバーカラーが入荷しました!

tern vektron シルバーカラーが入荷しました!

News, 銀座, Folding(折畳), tern
2019年は日本のe-bike元年なんて言われてますが、欧州では既にスポーツバイク販売の約3割がe-bikeになっているそうです。各社2020年モデルの発表会ではe-bikeが何かしらラインナップされていてさらなる盛り上がりを見せています。 tern "vektron"は各社に先駆けて2018年から国内展開を始めていて2020年モデルで3年目。 搭載されるアシストユニットは欧州では圧倒的シャアを持つドイツのbosch社製。秒間で1000個の挙動を計測できる高精度なセンサーを搭載しており、既に欧州での実績のあるシステムは十分に熟成されています。漕ぎ出しからの加速もしっかりとアシストしてくれるのに、後ろから強く押されるような急発進感もなく自然にスタートできるのでe-bikeが初めての方でも不安なく乗れるのではないでしょうか。 大容量のバッテリーを搭載しながらも折り畳みが可能とゆうのもvektronの特徴のひとつ。従来からあるternの折り畳み自転車のフレームデザイン、折り畳み方法のままでe-bike化を果たしているのはternが如何に折り畳み自転車に深い造詣を持っているかが伺えます。折り畳み自転車のリーディングブランドだからできたe-bikeです。 今回入荷したのはフレームカラー sliver。グレー味の強い仕上げですのでピカピカしすぎておらず性別や年齢を問わず乗ってもらえる色になっています。折り畳み自転車ならではの低床フレームとシートポスト、ハンドル位置をワンタッチで調整できますので乗車可能な身長を148~195cmと広く設定しています。一家に1台、家族で共有する使い方も視野に入ってきますね。 https://www.ternbicycles.com/jp/bikes/472/vektron-s10 tern / vektron s
KHS P-20RCにshimano 105 をフル装備

KHS P-20RCにshimano 105 をフル装備

News, 銀座, Folding(折畳), KHS
完成車ラインナップの多いKHSのミニベロで数少ないフレームセット販売のあるp-20rc。 店頭ではドロップハンドルでオーダーいただくことが多いんですが、先日のf-20rcに続き、「実はフラットハンドルでも凄くいいですよ!」シリーズでp-20rcも組み上げました。 パーツ構成はやりすぎ感がない自然な仕上がりにするにはやっぱりshimano。そもそもが走行性の高さが売りのpシリーズですから105をフル装備でインストールしました。 僕たちは実際に走った時のポジションや走って気持ちよく感じれるかってゆうフィーリングを大事にしてるんで重量ってシビアに測ったりすることは少ないんですが、今回ばっかりは組み上がった車体を持ったら「軽っ!」ってなったんで測ってみました。 実測で重量がなんと9.5kg!! 軽い!軽いぞp-20rc!! これだけ軽いのでもちろん走りは快適そのもの。軽いけど変なヒラヒラ感もないし、カジュアルな装いでポタリングを楽しむならもうこれしかないです。 https://www.khsjapan.com/products/p-20rc-ff/ khs / p-20rc price:¥88,000+tax(フレームセットのみ) ホイール:20インチ(ETRTO451)   こちらの車体は現在、店頭にて展示販売中です。フレームセットの在庫がある限りは都度製作できますが、フレームセットの在庫もいつ何時でもあるものではないので気になった方はお早めがおススメです。 フレームの仕様は2020年モデル準拠のtangeパイプになっています。 メーカーの105ドロップの完成車はフロントフォークがカーボン仕上げになっていますがフレームセット販売のものはフレームと同色となります。現在数本だけp-2
irukaの純正アクセサリーが到着!

irukaの純正アクセサリーが到着!

銀座, Folding(折畳), iruka, top4
今年の初頭に登場以来、独創的な折り畳み機構がフォールディングバイク界隈に新風を吹き込んでるiruka。 構想から10年をかけてブラッシュアップを繰り返して完成した自転車だけあって折り畳み機構やそれに付随するフレームワークなど今までのフォールディングバイクにはなかったスタイルでticketでも問い合わせの多い人気車種になっています。 自転車のローンチ時より紹介はされていた純正のアクセサリーたち。自転車の入荷から半年ほど、遂にリリースになりました! 早速オーダーを・・・と、思ったら代表自ら早速irukaに取り付けてキャリーしてきていただきました。 いつもありがとうございます! https://www.iruka.tokyo/ iruka price:¥212,800+tax(車体のみ) ホイールサイズ:18インチ 変速:shimano alfine 内装8速   多彩な荷物をキャリーできるトレーラー"iruCart" 既にirukaをお持ちの方ならノーマルで付属しているアタッチメントに差し込むだけ使えます。 最大積載容量は15kg。自転車でけん引したいものなら大体収まる重量じゃないでしょうか。 シンプルな天板にロープフックが多数設けられているので固定するロープの取り回しもやりやすい設計になっています。 メーカーHPにて紹介されていますが、スリープモードにしたirukaをこれに積んでキャリーカートとして使うこともできます。自転車で走るときは荷物を積んで、現地に着いたらirukaを引いて歩く。なんだか自転車旅にも使えそうな気がしてきますね!irukaを乗せることを想定した固定パーツも現在開発中とのことなのでirukaユーザーさんは要チェックです! さらに見逃せないのが、このir
KHS/P-20RCはフレームセットでのラインナップもあります

KHS/P-20RCはフレームセットでのラインナップもあります

News, Folding(折畳), KHS
折り畳みではないダイヤモンドフレームながら輪行のしやすさで人気のKHS "パッケージングバイク"シリーズ。 上位機種に当たるP-20RCにはフレームセットでのラインナップがあります。 メーカー完成車を購入後にカスタムをしていくといらないパーツも出てきますしコストもかかります。 徐々にカスタムして自分仕様にしていくのも自転車の楽しみのひとつですが 最初から「こうゆうパーツでこう組みたい」イメージができている人や 「1から自転車を組んでみたい」とゆう方にはフレームから組み上げるのがおススメです。 ひとつずつパーツを決めていくのは悩みも多いですが店頭にてご説明、ご提案しますのでご相談ください。 https://www.khsjapan.com/products/p-20rc-ff/ KHS / P-20RC F/F Price:¥88,000+tax パーツは別途お見積もり   SRAM 1xは操作もメンテナンス性も◎ フロントシングルで使用するロードコンポーネントと言えばSRAM。 シマノからも2019年にグラベルコンポーネントとしてGRXが発売されましたがあっちはブレーキが油圧ディスクブレーキ。 フロントシングルかつメカニカルのダブルタップレバーは僕たちTicketでは非常に助かる存在。 特にフォールディングやミニベロではまだまだディスクブレーキは浸透していないので SRAMを使用すれば、パーツの互換性だなんだと考えながらのパーツ構成にしなくてもサラっとビシっとキチっと組めます。 ただクランクは歯数設定の関係でいつものDixna / la crank 。 クロモリフレームには太いアルミのアームよりも細いほうがカッコいいよねとゆうのも裏にはあります。
KHS P-20RC 2020モデル 105ドロップ

KHS P-20RC 2020モデル 105ドロップ

News, 銀座, 未分類, Folding(折畳), Bikes / Frames, KHS
当店で人気のハイエンドな走行性能を楽しめる小径車モデル KHSのP-20RC。待望の2020年NEWモデル、105ドロップハンドルカスタムが発売されました。2020のP-20RCは変更点が多く、105ドロップの他にM、Lのサイズ展開とパーツカラーがブラックに変更されました。当店ではよくご要望いただいていたカスタムですが知ってか知らずかお客様の声が届いた形になりますね。抜群の走行性能でお楽しみいただけると思います。 KHS F-20RC 2020 DROPHANDLE 105 Price:¥220,000+tax Color:Crome-silver Size:M(530mm)、L(560mm) コンポーネント:SHIMANO105 ご要望の多かったSHIMANO105ドロップがデフォルト仕様に KHSのこれまでの流れとしても大きな変革です、SHIMANO105のロードSTIレバーが標準装備となりました。カスタムのご要望もとても多かった105ドロップモデル、新たな選択としてユーザビリティが高くなりました。ちなみにブルホーンモデルのP-20RCは無くなりましたのでご注意下さいませ。。ブレーキキャリパーはTEKTROです。 ハンドルコラムやシートポスト、パーツカラーがブラックになりました、これで真っ黒なカスタムも可能ですね。フレームサイズがM、Lで2種類展開になりました。今期もフレーム販売の展開がありますので105以外のコンポーネントやブルホーンなどのハンドルバーに変更したい際はフレームから選択いただければ理想通りに組み上げます。 予定通りTANGE PRESTAGE JAPANのフレームチュービングとなりました。ここの乗り心地はどれくらい違ってくるのでしょうか、まだしっかりと乗れていなのですがほぼ同じと思っていただいていいん