おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

Alex Moulton

Alex Moulton アレックスモールトン

tsr9の在庫分が入荷してきました!

tsr9の在庫分が入荷してきました!

News, 銀座, Folding(折畳), Alex Moulton
久々の店頭在庫分が入荷 コロナだなんだで入荷がストップして久しかったmoultonから自転車が届きました。 随分と待ったし、随分とお待たせしちゃったし。 その間にも現車はないけどご予約が入ったりもしてオーダーしてた分も大部分が店頭在庫にはならないんですが、1台だけ店頭在庫用のtsr9を確保できました! しかもカラーが "burgundy" 以前ラインナップされていたtsr30のカラーがまさかのtsr9で復活。めっちゃくちゃいいカラーです。 通常ラインナップのレッドと比べると、より落ち着いた色味になっておりbrooksサドルとの相性も良さそうです。 通常カラーになるのか、いつもの一発ものなのかわからないのでこれはお早目がいいと思います。 店頭分が確保できたと言っても1台のみなので是非この機会に。 https://www.dynavector.co.jp/am/model/tsr.php alex moulton / tsr9-sp price:¥305,000+tax ホイールサイズ:20インチ(ETRTO406) 詳しいショップインフォメーションはコチラ Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!
this is ” alex moulton “

this is ” alex moulton “

News, 銀座, Folding(折畳), Alex Moulton
alex moultonのスタンダードモデル "am-20" alex moultonの中でも特に羨望の的「お城製」 もちろんpashley製もハンドメイドなんですが、モールトン博士のお屋敷内の工房で手作りされているとゆうだけで憧れちゃいますよね。 あと、今回のam-20もそうですが、「ホイールが17インチ」 これはお城製のフレームにしかない設定です。 今回組み上げたフレームもこのお城製の17インチモデル "am-20 mk2" 1983年に登場したamシリーズのスタンダードモデルとして長年ラインナップされている、言わば「一番モールトンらしいモールトン」 この良素材は変にごちゃごちゃさせずにサラっと料理してあげるのが一番カッコいいと思うので クオリティの高いパーツでシンプルなルックスに仕上げています。 https://www.dynavector.co.jp/am/model/am.php alex moulton / am-20 mk2 price:¥640,000+tax(フレーム&フォーク) ホイール:17インチ(ETRTO369) 完成車参考価格:¥800,000+tax 細部にわたる造り込みはさすがのお城製 newseries、am、tsr、sst、どのシリーズもトラス型のフレームなのでパッと見では違いが分かりづらいですが、細部を見ていくと色々と違いがあり、価格の違いに繋がっていることがわかります。 pashley製とお城製のフレームで一番違いがわかるのはこの分割部分ではないでしょうか。 お城製の分割機構は太いシャフトがフレームを貫通していて、分割する際にも抜けない機構になっています。 シートポストは専用品が付属しています。し
モールトン博士生誕100周年記念モデル

モールトン博士生誕100周年記念モデル

News, 銀座, Alex Moulton, top4
博士の生誕100周年記念モデル 2020年4月9日でモールトン博士の生誕100年を迎えました。 それを記念してモールトンから限定モデルが発売されます。 100台の限定生産でシリアルナンバー入り。 以前から情報自体はあったのですが、正式に発売に関するリリースが出ました。 現在予約受付中です。 入荷の予定は2021年初頭になるのではないかとの話です。 博士に関わる限定モデルのため人気は必至です。 お城製なので高価なモデルですがこの機会をお見逃しなく! alex moulton / century flyer price:フレームセット/¥1,040,000+tax 完成車/¥1,250,000+tax color:オリーブグリーン <完成車仕様> 詳細のリリースがありませんので写真での判断になりますが、フロントシングルのリア11速。sramコンポとなります。 リアスプロケが9-36tの設定となるため、最大ギア比400%を確保しているため非常に走行性に優れた完成車になるはずです。 サドルはbrooks " B17 AGED "、バーテープはbrooks "rubber bar tape" フェンダーも付属する模様です。 実際の仕様は変更になる可能性もあります。 実は全く新しいフレーム moultonの各モデルをじっくり研究されている方なら「あ~new seriesか~」となるでしょうが 実はこのフレーム、既存のラインナップにはない新しいフレームなんです。 このフレームは" new series の17ホイールver " しかもフロントシングル専用。フロントディレイラーの取り付け台座はありません。 この辺は生前のモー
ふたりで楽しむmoulton

ふたりで楽しむmoulton

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), Alex Moulton
同じ自転車なら同じペースで走れて同じ風景が見える moultonの定番tsr9-spをそれぞれ同じスタイルでカスタムしつつ、乗る方の身長に合わせてパーツをセレクトしてカスタムしました。 honjoのフェンダーやbrooksのサドルなど定番アイテムを使いつつも決して過度にいじらない。 moultonの持つフレームの完成度と美しさを邪魔しないように、それでいて快適に楽しく乗れるミニベロに。 ご夫妻でお休みの日のサイクリングに使われるとゆうご要望での2台カスタムでした。 フレームサイズはワンサイズですがパーツの変更で男女問わず乗ってもらえるのもmoultonのいいところ。 ハイスペックな車体に目が行きがちですけど何もスピードとロングライドだけがmoultonではありません。 行きつけのお店、行ってみたかった場所、ショートライドを繰り返すご近所サイクリングでもmoultonの持つ快適性と走行性は乗り手に楽しさを与えてくれます。 ストイックに楽しむのも自転車の楽しみだけど、如何に緩く楽しく快適に楽しむかも自転車遊びの楽しみですよね。 moultonの懐の深さを再確認した今回のカスタムでした。 https://www.dynavector.co.jp/am/ alexmoulton / tsr9-sp price:¥305,000+tax (カスタム費用は別途) 詳しいショップインフォメーションはコチラ Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!
お城製のフレームセットが入荷しました!

お城製のフレームセットが入荷しました!

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), Alex Moulton
17インチホイールの分割フレーム alex moultonのトラス型フレームのスタンダードモデルとなるmk-2のフレームセットが入荷しました。 17インチホイールに分割フレーム、ソリッドラバーコーン、リーディング・リンクともっともmoultonらしいmoultonのクロモリフレームです。 mk-2にはステンレス製シートポスト(34.9㎜)とvelocity製17インチリムが付属しています。 リムホール数は28Hでオーダーしています。 一見するとTSRやSSTと似てるように見えますがクロモリパイプの種類やパイプの薄さ、分割シャフトの造りなど各所の作りこみはさすがのお城製。 高価なフレームですが一見の価値ありです。 現在店頭にて展示販売中です。 https://www.dynavector.co.jp/am/model/am.php alex moulton / am-20 mk-2 price:¥640,000+tax(フレーム&フォーク) 付属品:ステンレス製シートポスト/17inchリム/ケーブルコネクター 詳しいショップインフォメーションはコチラ Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!
alex moultonに「走り」を求める、それも正解

alex moultonに「走り」を求める、それも正解

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), Alex Moulton
カーボンホイールにultegra仕様の上級カスタム車 初めてのmoultonとゆう方が多いticketですが、もちろん「走り」を求めるmoultonも大歓迎。 今回はsstのフレームセットにshimano "ultegra"をドロップハンドルで組み込んだ完成車をご納車しました。 ホイールはミニベロホイールでは選択肢の少ないカーボンホイールとして真っ先に名前のあがるkitt design "3spoke"で軽さと走りを追求しています。 フロントサスペンションとリアのラバーコーンで乗り心地の良さが注目されることが多いmoultonですが、路面からの突き上げを緩和してくれるフレーム構造は路面の追従性を格段に高めてくれています。 ホイール径が小さくなればなるほどホイールの柔軟性は失われるのでフレーム側で下からの衝撃をいなしてあげないとリアホイールが跳ねてしまいペダルを踏んだパワーが逃げてしまい、それが走りのロスに繋がります。 moultonのフレームは独創的なフレーム構造に目が行きがちですが、奇をてらっただけのデザインのみのフレームではなく、自転車が効率的に走る性能を追い求めた結果のトラスフレームになっています。 決して安いフレームではありませんが所有欲はもちろん、サイクリングの相棒としてもこの上ないミニベロです。 https://www.dynavector.co.jp/am/model/sst.php price:¥290,000+tax ホイールサイズ:20インチ(etrto406) フレームサイズ:ワンサイズ 完成車参考価格:¥600,000- 近日中に店頭在庫用としてAM-20 Mk2(カラー:グレー)が入荷します。price:¥640,000+tax
自転車好きの行きつく先~ハブダイナモ~

自転車好きの行きつく先~ハブダイナモ~

News, 銀座, PARTS & ACCESORIES, Alex Moulton
alexmoultonの旧車をハブダイナモにカスタム トラス型のフレームが特徴のalexmoulton。 モールトン博士亡き今でも全く色褪せない完成度の高いミニベロとしてticketでも人気のブランド。 一度買ったらメンテナンスをしつつ長年大事に使ってもらっているユーザーさんが多くいるのもmoultonならでは。 今回メンテナンスと同時にカスタムを承ったのはtsrの前モデルにあたるapb。 tsrにモデルチェンジしてかなりの年数が経っていますがまだまだ現役の車両が多いモデルです。 ユーザーさんのapbも数多くメンテナンスしてきましたが今回のはなかなか珍しいフレーム。 正爪エンド自体も珍しいのですが、今回の車体はフレームに割が入っています。 これ何ができるとゆうと「ベルトドライブ」が使えます。 このフレームがどういった経緯でいつ頃売られていたものかは僕たちもわかりませんが、年式によって色々な仕様があるのもモールトンのおもしろみのひとつですね。 <<カスタム内容>> フロントハブ:son "deluxe" リアハブ:sturmey-archer "s1c" ライト:b&m "iq-x" リム:velocity "a23" ticketでは定番のカスタム"ハブダイナモ"化。一度使ったらもう充電式、電池式ライトには戻れないほど便利なハブダイナモ。 回転性能と耐久性ではハブダイナモ界の4番バッターsonのハブに、明るさと照射角の具合が良すぎるダイナモライトのエース"i-qx"を使用したハブダイナモの最上級カスタム。 持ち込まれた時点でコースターブレーキでしたが傷みがひどく、制動力も落ちていたのでsturmeyのシングルコースターハブのs1c
日常使いにもおススメ alexmoulton “tsr9-fx custom”

日常使いにもおススメ alexmoulton “tsr9-fx custom”

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), Alex Moulton
英国製のハンドメイドミニベロフレーム 自転車好き界隈ではalexmoulton=超高級車。否定はしません、200万を越えるフレームまでラインナップされてますから、moultonには。 でもそれが全てじゃないんです。tsrシリーズは各種完成車がラインナップされており、moultonを体感する、moultonを始めるのにおススメなモデルです。それでもmoultonなので金額だけ見れば安いわけではありませんが、乗っていく中で自分が自転車でしたいこと、求めているものを見つけてカスタムしていく中で生涯付き合っていける自分だけの1台になってくれるはずです。 ドロップハンドルにしてロングライドを楽しむもよし、奮発してウィッシュボーンステムをつけるもよし、キャリアやバスケットをつけて生活のお供にするもよし。こちらのしたいことに合わせて姿を変えてアジャストしてくれるマルチなミニベロはやっぱりmoultonのいいところです。 自分なりのmoultonスタイルを是非探してみてください。 さて、今回のカスタムは「日常使いで快適なmoulton」がテーマ。 生活の中で使う目的でお選びいただいたのでフレームは非分割をチョイス。 たまにお買い物の荷物やカバンを少量でも入れたいとのご要望を受けてワンタッチで取り外せるrixen&kaulのアタッチメントを取り付けてワンタッチで付け外しのできるバスケットが使えるようにしています。 その他、honjo製フェンダー、nitto製ハンドル、brooks製サドル&グリップなど定番アイテムもふんだんに盛り込んだ利便性と普遍性、カッコよさ、全てを兼ね備えたalexmoultonに仕上がっています。 既にお持ちのmoultonのカスタムも承っていますのでお気軽にご相談ください。 https:/
Alex Moulton “CONE EDITION”

Alex Moulton “CONE EDITION”

News, Minivelo(ミニベロ), Alex Moulton, top4
ラバーコーン生誕60周年記念モデル 自転車メーカーの創始者である以前に優れた発明家でもあったモールトン博士。博士の発明した数々のアイディアの中でも特に知名度の高い「ラバーコーン」。自動車miniのサスペンションとして発明され今でも現役で活躍しているのは有名な話です。 そんなラバーコーンの誕生から60年を記念したモデルがモールトンから発売されました。 sst-sp "cone edition" price:¥320,000+tax ホイールサイズ:20インチ(ETRTO406) cone editionと名付けられたこのモデルはフレームは特別カラーのsst。パーツの仕様はtsr9と同等となっています。 フラットハンドルの完成車のみでの販売ですが、このcone edition。物凄くお買い得な仕様になってます。 サドルはsella italia "flite bonne"、グリップもsella italiaのレザーグリップ、さらにmoulton純正フェンダーが付属。 この3点セットは個別に買うと合計¥39,500+tax おや? sstのフレームセットが¥290,000+tax 豪華パーツたちが¥39,500+tax cone editionの完成車が¥320,000+tax ・・・おぉ!! さすが限定モデルとゆうだけあってとんでもないお買い得仕様ですね!! 今回入荷したのはブルーが1台。レッドはまだ未入荷です。在庫がメーカーにあればお取り寄せ可能です。 姉妹店の大阪のunpeuにレッドが入荷してるみたいなのでこちらも是非ご覧ください。 →Moulton Cone Edhition   詳しいショップインフォメーション
Alex Moulton製品の値上げのお知らせ

Alex Moulton製品の値上げのお知らせ

News, Minivelo(ミニベロ), Alex Moulton, top4
稀代の発明家モールトン博士が生み出したトラス型のスペースフレームが 唯一無二の存在感を放つAlex Moultonの自転車たち。 Ticketでも日々ご相談をいただく人気のブランドですが、2020年1月1日以降の国内販売価格の値上がりが決まりました。 全てをイギリスにてハンドメイドしており、そもそも手のかかった高価な自転車ですが製造コストや輸入コストなど様々な要因が重なってのやむを得ない値上げとなりました。   アクセサリーを含む全てのMoulton製品が5%値上がりします。   上に書いたようにMoulton製品はそもそもの値段が自転車としては高価ですので 5%でも重たいんですけど、トレンドに左右されない長く付き合える自転車です。 クオリティに目をつぶってでも現状維持をするよりも値段が上がってもクオリティを維持してくれたほうがお店にもユーザーさんにもメリットが大きいと思います。 モールトン欲しいけどどうしようかな~と決断しきれなかった方の背中をグイグイ押してくる今回の決定ですがTicketでは年内にオーダーいただいた分に関しては納車が年明けになっても値上がり前の価格にて販売します。 ご検討中の方は是非一度お店にてご相談ください! 今は店頭在庫も各車種豊富にありますので違いをご説明しながらご検討してもらえます! 車体以外にも専用キャリアやバッグ、フェンダーも在庫しています。 これらも値上がりの対象になりますのでカスタムも今のうちがおススメです。 定番のTSR9は分割・非分割ともに在庫しています。 同郷のpashley社にて生産されるTSRシリーズはサスペンションパーツなどはAMシリーズと共通の部品を使いながらもフラットバーの完成車として組み上げることで価格を抑えた、ま
TSRならシングルスピードカスタムも可能

TSRならシングルスピードカスタムも可能

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), Alex Moulton
大変ありがたいことにTicketでは人気ブランドとして多くのお問い合わせをもらっているAlex Moulton ミニベロが好きな人ならいつかは乗りたい憧れのブランドですよね。 今はTSR9-FXの完成車が¥240,000+taxと手の届きやすいプライスになっています! それでもなかなかなお値段ですけど、メンテナンスやカスタムをしながらずっと乗ると思えば 絶対無理!な金額でもない(と思います) トレンドに左右されない普遍性もMoultonの美味しいところなので生涯付き合う自転車くらいの覚悟で是非検討してみてください。 今回はお店のストック分をカスタムした上でご準備しました。 お客さんの希望は「オールブラック」、そこに僕らの経験値とカッコよさとお値段と・・・色々なものと相談しながら出来上がった1台は自画自賛ですがかなり「いい」自転車になりました。 Ticket Moultonカスタムアーカイブ Alex Moulton / TSR9-FX Price:¥240,000+tax ホイールサイズ:20インチ(ETRTO406) カスタム費用は別途お見積もり   TSRだからできるシングルスピードカスタム 今回の一番のポイント「シングルスピード」 ディレイラーやカセットをバーンと外してしまった姿はシンプルそのもの。 ダイレクトな漕ぎ心地は一回乗っちゃうとクセになる楽しさがあります。 シングルスピードにカスタムが利くのはPashley製だと昔のロードバイクでよくあった逆爪エンドになっているTSRだけ。 SSTはステンレス製のドロップエンドなので純粋なシングルでのカスタムはできません。 トラスフレームのインパクトを活かすシングルスピードカスタムもMoulton
DV-1 スペシャルカスタム 日本製 モールトントリビュートモデル

DV-1 スペシャルカスタム 日本製 モールトントリビュートモデル

News, 銀座, 未分類, Minivelo(ミニベロ), Bikes / Frames, Alex Moulton, 銀座 Pickup
Dynavector DV-1 日本製 モールトントリビュートモデルという事で和製モールトン、走りは?お城性モールトンとほぼ同等です。去年から話題となっておりましたDV-1でございます、次回製作はもうすぐで御座いますでしょうか。。今回はアパレルブランドのカセドラルさま別注のDV-1で御座います。シングルスピードのパーツも含めたフルセラミック塗装で御座います。とんでもないと言えばとんでもないカスタムですね。 https://www.dynavector.co.jp/am/model/dv1/ Price:¥550,000+tax (フレーム/フォーク) https://www.dynavector.co.jp/am/model/dv1/detail.php 同色塗りの統一感は格が違います ステム、シートポスト、チェーンリング、リムといけるところはほぼ同色に塗装されております。塗膜が固いのでシートポストやステムを差し込んでも大丈夫なんでしょうね。   独自機構メカニカルなフロントフォーク メカニカルなデザインのフロントフォークが目を引きます。本家アレックスモールトンはスプリングがコラム内に収められておりますがDV-1はむき出しで御座います。またそれぞれ独立したスプリングになっているので滑らかさが違いますね。あとはリムも塗装でございます。セラミックなんでリムでもイケちゃうんでしょうね。   ステムも同色塗りセラミックだからできる技です。ブレーキレバーはDIA-COMPE  DC-189、バーテープはBROOKSレザーバーテープ、雰囲気満点でございます。   Japan pride 情熱が形になったDV-1です。 https://vs-ticket.com
ALEXMOULTONにHONJOフェンダー、SONハブダイナモ搭載

ALEXMOULTONにHONJOフェンダー、SONハブダイナモ搭載

News, Minivelo(ミニベロ), Bikes / Frames, Alex Moulton, 銀座 Pickup
ALEXMOULTONの完成車モデルTSR-9のSP(分割)モデルで御座いますがカスタムのご依頼をいただきご納車させていただきました。BROOKSのレザーサドルを装着してそれに合わせてERGONの同色レザーグリップを装着。ハンドルバーも握りやすい角度のEBS20を装着してステムも可変式のものよりノーマルなシンプルなモデルに変更。足回りは大きくハブダイナモ化とリムを美しいポリッシュ仕上げのディープリムに変更。前後にダイナモ用ライトを配置し今回のカスタムの要でもありますHONJOのフェンダーを装着。ハンマードのフェンダーは非常に美しい造形美で在りながら存在感たっぷりでございます。。カスタムも上を見ればキリがないのですがこちらも上級のカスタム具合で御座います。ぜひご参考にしていただけましたらと存じます。 ALEXMOULTON / TSR-9 SP(分割モデル) Price:¥270,000+tax (完成車ノーマルの価格) 最高峰のスタンダードダイナモライトSON EdeluxⅡ 当店でも古くから登場しておりますSONのハブダイナモライトEdeluxⅡ。性能はもちろんですが小ぶりなサイズ感とデザインの良さで皆様魅了されておりますが私もその一人です。カラーがブラックとレッドが他にもありますがそちらもまたよろしいですね。 Price:¥25,000+tax http://www.g-style.ne.jp/item.php?brand_id=26&item_category_id=47   ハイグレードな輝きを放つSchmidt SON delux 堅牢な構造と高品質なボールベアリングを採用することで回転性能を確保しつつ、 防水・防塵性の高い2重のシーリングを採用、さらにハブ内部の水分を圧力調整パイプによって排出する、
アレックスモールAPBレストア アイボリーのアクセサリー

アレックスモールAPBレストア アイボリーのアクセサリー

News, 銀座, 未分類, Minivelo(ミニベロ), Bikes / Frames, Alex Moulton
ご依頼いただきましたALEXMOULTONのAPBレストア。持ち込まれる車体の程度は色々でございますが消耗品とアクセサリーメインで収まればいい方でございます。基本性能は元に戻りますし見た目もよくなりますのでご相談しながらご案内できればと思います。今回も消耗品関係タイヤ、チューブ、ブレーキシュー、チェーン、ケーブル類はもちろん全てとサドルとハンドル周りを全て交換致しました。フレームはまだ奇麗でしたのでそのままと致しましたが塗装も可能ですのでご依頼も可能です。アクセサリー類はアイボリーというお題をいただきましたがなんとか雰囲気良く収まったとおもいます。皆様のご参考になりましたら幸いで御座います。   綺麗に復活致しましたアレックスモールトン APB 消耗品関係タイヤ、チューブ、ブレーキシュー、チェーン、ケーブル類とサドル、ステム、グリップ、シフトレバー、ブレーキレーバーも交換。雰囲気もあるRINDOWのライトを前後にマウントして装着しております。ここまで行けばルックスも性能も良くなりますがそれなりにご予算もかかってきますのでご了承下さいませ。今回はブレーキレバーに¥30,000ほど、ライトで¥12,000、鍵で¥10,000程度奮発致しましたので価格も10万円ぐらいにはなりました。しかしご満足度は100%でございます。   APBカスタムならハンドル周りは全ていってしまいましょう TSRの前のモデルがAPBですが販売期間も長く多数の販売実績が御座います。その中で多いのが可変式ステムとグリップ式シフトの組合せ、色んな意味で今の時代にマッチしていないと思いますのでそこは全て取り換えをおススメ致します。ステムはスレッド式ですのでNITTOのオーソドックスなタイプで、変速レバーは現代的なラピッド式に交換です、これによりグリップが左
今すぐ乗れるモールトン ALEXMOULTON TSR-9

今すぐ乗れるモールトン ALEXMOULTON TSR-9

News, 銀座, 未分類, Minivelo(ミニベロ), Bikes / Frames, Alex Moulton
アレックスモールトンの完成車は基本的にはTSRシリーズだけ(企画ものは除く)です。それ以外はフレームフォークの販売となりますので完成車でお乗り出しですとSSTでも40万円手前ぐらいのお乗り出しとなります。TSR-9の分割モデルは最安値の¥240,000ですぐに走り出す事が可能ですのでモールトンに乗りたいという衝動にお応えできます。 https://www.dynavector.co.jp/am/ ALEXMOULTON TSR-9(完成車) FX(非分割):¥240,000+tax FX(分割):¥270,000+tax こちらはTSR-9の分割タイプSP、価格は¥270,000+tax。クロスしている部分のボルトを抜くと真っ二つになる機構です。車に電車に乗せての移動に役立つモデルでも御座います。モールトンは細いパイプで組みあがったモデルですが見た目に反して非常に剛性の高いフレームとなっております。前後のクッションが路面の抵抗を和らげ快適性と路面接地性能の向上に成功しております。実際に乗っていただくと従来の自転車、今現在の自転車とは異なる乗り心地の自転車だという事がよく理解できます。 人気のカラーミッドナイトブルーで御座います。ラインナップカラーの5色のうちの一つですが中々入荷する機会も多いわけではありません。これだという方はお見逃しないようにお願い致します。銀座店ではブラックも御座います、是非ご相談しながらご検討いただけましたらと思います。 https://vs-ticket.com/?p=28406 詳しいショップインフォメーションはコチラ Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!