リオ・パラリンピック。9月7日に始まるそうで。日本ではそれなりに放送されるのでしょうか?ロンドン・パラリンピックの時イギリスでは、チャンネル4がライブストリーミングで何100時間も放送したけれど、どうなんでしょ?車椅子バスケットボールを応援する集まりに行った時、ルールや各選手の障害の程度による持ち点があることなど、知らないことばかりで興味深かったのと、試合のタフさに驚いた。視覚障害がある選手のブラインドサッカーやシッティングバレーボールなどなかなか面白い。We ll see, we ll see.

さてさて、第2の下処理はボトムブラケット(BB)シェルのタッピング。Tapといえば、ブラジリアン柔術をやっていた私にとってはギブアップすること。軽く叩くという意味だけど、それ以外にはタップダンスのタップとか、蛇口とか飲み口等など。ネジを切るという意味もあるんですね~。
BBを取り付ける時に滑らかに入るように、シェル側(フレーム側)にすでに付いているネジを立てて加工を施すべし!(ここは、特に無駄に汗だくになるところではないよ。)

BBのTap

こういうことを、するんですね。タップに切削油を塗ってくるくると回していくのではなく、3歩歩いて2歩下がるように、行ったり来たりさせて回していくんだよ。