聖地と勝手に呼んでいる山口県は、本州なんでもっと近いかと思いきや、遠かった。自転車を箱詰めして空港行くのが面倒くさいのと、しっかりとした計画、ルートを考えていかなかったから、事前に自転車を特定の場所に送ることもできなくて、とりあえず新幹線で行くとこにした。輪行袋は買ってあったし、工具もある。気ままな旅の始まり。

まずは当日、土砂降りの朝、東京駅に行って山口県宇部市までの切符を購入。とにかく宇部に行きたいので緑の窓口に自転車ごと乗り込んで『宇部市まで』と。『宇部市のどこですか?』『とにかく宇部のどこかまで』『ん~』『じゃ、宇部の中心部まで』『あ~』『宇部駅ってありますか?』『あります。』『じゃ、宇部駅まで』ということで、目指すは宇部駅。(宇部という漢字、好きです。)

自転車を駅前でちゃっちゃと分解し輪行袋に入れて新幹線のホームへ。が、しかし、13.5kgの愛車Surly Lonh Haul trucker+9kgのパニエバッグx2つ+ハンドルバーバッグ+チェーンロック+ウォーターボトルx3本が重い。むむむ、総重量約33kg。人混みなので、こまこまと個別に運ぶこともできず(盗まれそうで怖い。海外生活の癖が抜けず、いつも盗難、ひったくり予防センサーがガンガンに働いている)一気に持ち運ぼうとしたら、これが大変な荷物。背が縮まる思いをしてホームまで運び、昼の部1着しかないサイクルジャージが既に雨と汗でびしょびしょ。それ以外の衣類は寝る時に着るT-shirtと短パンしかない。もしかしたら人生で初めてかもしれない『のぞみ』に乗って、まずは新山口駅へ。新幹線の中で地図(1:220.000)を開き、なんとなくルートを決めようとすると、常盤公園に行ってみれば?と友人iから連絡が入ったので、車掌さんに言って、宇部駅でなく常盤駅に変更してもらう。宇部は宇部でも、南部の常盤駅。新山口駅まで約5時間、乗り換えの時も汗だくになり、宇部線にぎりぎり間に合った。それがなんとも可愛い2両編成の黄色い電車。無人駅で運転手さんが各駅で毎度運転席から立ち上がり、乗客の定期券や支払いをチェックしたりして、後払いのバスのような感じ。小学生のように窓に額をくっつけ、風景を眺める。田んぼが広がり、山口県って米も作るんだと驚いた。

%e6%96%b0%e5%b9%b9%e7%b7%9a

日本の新幹線掃除の手際の良さには度肝を抜かれる。

%e5%b8%b8%e7%9b%a4%e9%a7%851

のどかな常盤駅で組み立て直す

%e5%b8%b8%e7%9b%a4%e9%a7%852

直前に友人からもらった、風車とひらひらフリンジをハンドルバーエンドに装着しドレスアップ。