いきなり正解、発表します。

この方こそ、あの痛い痛いサドルの創始者、Mr Brooksでございます。あのサッカーの岡崎が所属する、レスターFCがあるレスターシャーで1846年にお生まれになりました。

1866年。弱冠19歳の時にバーミンガムに移り住み、馬具の商売を始める。その時の所持金はなんと20ポンド!(今のレートで約3000円。)

1878年、Brooksさんの愛馬が死んでしまい、意気消沈。そして、新しい馬が買えなかったBrooksさん、そのかわり自転車を友人から借りて乗り始めて、はたと気づきます。元々、馬具を作っていた彼は、『もっと乗り心地のいいサドルを作ってしまえ』と。そして、Brooksサドルが誕生したのです!

それから100年以上経ち、1960年代のロンドンはスウィンギング・ロンドンと呼ばれポップカルチャーの中心、ファッション、アート、ロック、映画など若者文化が開花し、スパークしまっくた時代。アレックス・モールトン博士は、1962年に小径自転車メーカーを立ち上げた。そのコラボ写真。

1969年、数年前に引っ越したロンドンで工場が火災に遭い、かなりの被害が出た。

アーカイブを見るのも興味深い。Downing Streetと言えば首相官邸がある通りだ。

1926年。

なんとまぁ、ぐるぐる巻きにしたバネよ!

表紙のデザインも凝ってます。(1957年)

とまぁ、歴史を独断と偏見でまとめてみましたが、何とも興味深いね。

本場、イギリスのサイトはこちらです。

当店では、もちろんサドルを始め、ヘルメットバッググリップ、ハンドルバーテープ、レインケープ、ズボンの裾汚れを防ぐストラップなども取り揃えてるよ。