日が暮れる前にテント場を確保しなければ!

湖を離れて、北上していく。この辺りは温泉が点在してるから、テント張ってから温泉に行ってのんびり過ごそう計画を立てみた。が、まぁいい(安全かつ警察をよばれないような)テント場が見つからない。N氏が温泉施設前にテントを張らしてもらおうなんて言うから、とりあえず急いで温泉に行ってみた。答えはやはり無理とのこと。丁寧に断られてしまった。

日も暮れ始めたし、これはまずいぞ。それに温泉も閉まってしまうぞ。キャンプ場以外でテントを張ったことがないN氏も慌て始めた。温泉の周りをくるくると走ってると村人発見!ナシ園の中でナシをもぎ取っていたおばあちゃんだ。事情を説明するとナシ園の中にナシの木を傷つけない限りテントを張っていいという。

なんとも、贅沢なテント場を確保~。最高のロケーションだ。すでに日が暮れかかっていたのでお急ぎでテントを張り、大急ぎで温泉に向かう。極楽、極楽。日本は温泉があるから便利だよね。

その後、ご飯は質素に済まし早々と寝袋にもぐりこみました。

低いナシの木に当たらないところにテントを張らさせてもらった。

言うことなし!