リカンベントに是非乗ってみたい!と、ご来店くださったHさん。リカンベント初挑戦にしてなんと高難度なローレーサーをフレームから組むことに。

仰向けに寝そべって乗る自転車リカンベント。一概にリカンベントといっても写真の様にほぼ平らな角度で寝そべるようなものから、椅子に座るような体勢で乗れるもの、3輪車など種類も様々。

その中でも、空気抵抗がいちばん少なく、だいぶ練習が必要そうなのがこのローレーサー。

足しげく通っていただき、足の長さに合うようにフレームを切り、何度も何度も調整しつつ、カリスマ店長が作り上げました。

Hさん、仕上がってもまず乗れないということで、本人のご希望通り毎週通っていただき、銀座1丁目界隈を(多分近所の京橋公園)最初の一漕ぎのところから、徐々に1m、5mと数週間かけて乗れるようになったところで、タクシーに乗っけてご自宅まで持って帰っていただきました。

漕ぎ出と止まることがことができるようになれば、あとは5kmも30kmも変わらない。

体に負担が少なく、長時間乗っても疲れないというリカンベント。立ち漕ぎできない構造だから登りに不向きで、漕ぎ出しも大変、ドライバーから見えにくいなどの点もあるけど、平坦ならものすごい早さで走れるみたいよ。Hさん 、最高速度130キロ台が出るみたいだけどかっ飛ばさないでね。旗つけて安全運転してくださいませ。

最初は2人で支えつつ。

これで足の長さにぴったり調整できました。

Hさん、事前に自転車のサイズを測り、搭載できるタクシーを手配していた。

中でしっかり固定+車内が傷つかないようにタオルなどでカバー。