おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

最新規格てんこ盛りのグラベルバイク

自転車生産のメッカと言えば台湾。大小様々なファクトリーがあり、完成した自転車で台湾からのパーツが入っていないことのほうがないほどの自転車大国。全てのスポーツバイクは台湾に通ず、と言っても過言ではないほど。

そんな台湾で誕生したニューカマーが“veloci”(ヴェロシ)

台湾製のフレームは星の数ほどある中で、あえてmade in taiwanを前面に押し出すメーカーも少ないんです。上にも書いたように世界のビッグブランドも生産拠点を構える台湾は自転車の生産の技術はピカイチ。

あー台湾製なんですねー⤵⤵⤵・・・じゃなくて、おー台湾製、なら安心だー!なわけです。

今回組み立てたのはvelociの中でも一番何でも屋さんなフレーム “jimmy”。お店に届いてから組みたいなー組みたいなーと思いつつ、なかなか組む時間がなかったんですがようやく完成しました!

https://www.velocicycle-japan.com/frame/jimmy/

veloci / jimmy

price:¥250,000+tax(フレーム&フォーク:¥125,000+tax)

ホイールサイズ:650b or 700c

 

ライダーのニーズ(わがまま)に応えてくれるクロモリフレーム

velociの自転車は個性や独自性を持ちつつ、使うシーンに関係なく生活の価値を上げてくれるアイテムとして開発されていて、多くの人にスチールバイクに美しさと純粋に乗る喜びを教えてくれる自転車を作りたいとゆう思いが込められています。クロモリフレームを精度の高いハンドメイドでの少量生産しており、人により千差万別な自転車のニーズを満たしてくれる自転車造りを目指しているそうです。

店頭でもほとんどの自転車がクロモリフレームで埋まっている僕たちとしてはシンパシーを感じずにはいられないブランド。今回ご縁があって取り扱いができることになりました。

今回組み立てたjimmyは古典的な素材クロモリに革新と呼べるであろう最新規格がたくさん盛り込まれたオリジナリティ溢れるフレーム。スペックや機能を書き出してみるとそれがより顕著にわかります。

<jimmyの特徴>

コロンバス社製クロモリパイプ

EC44サイズのヘッドチューブにテーパーコラムのカーボンフォーク

フロント100㎜リア142㎜のエンド幅で前後12㎜スルーアクスルかつディレイラーハンガーは交換可能なリプレイスエンド

ブレーキは前後フラットマウントのディスクブレーキ

フロントフォークにはブレーキホースとダイナモの配線を内装可能

タイヤは27.5x2.1もしくは700x42cまで対応、フェンダー&キャリアの取り付けも可能

ケーブル内装式のドロッパーシートポストの取付が可能

BBは68㎜BSA、フロントダブルも対応

フォーク側面、トップチューブ、ダウンチューブ裏にもダボがありバイクパッキングにも最適

ケーブル類は外装のみのためDi2には不向き、e-tapはOK

従来からあるもの、新しく出てきたもの、作りたい自転車を思い描く中で何でもかんでも取り込んでキメラになっちゃう自転車が多い中でこれだけの機能性を持たせつつもバランスよく仕上がっているのは流石。自転車も乗り物ですから、割り切って使う競技用自転車じゃないしやっぱりルックスは大事です。

ボク個人はダイナモ配線の内装ができるのはポイント高いです。フォークの右脚に配線をクルクル巻き付けることが多いんですが、ルックスもイマイチだし配線が外に出ているので不慮の断線の可能性もあるんですよね。ハブダイナモユーザーにとってはこれを内装できるとなるとカッコよさもパーツの耐久性もあがるめちゃくちゃ嬉しい仕様です!

SRAM 1x仕様の完成車を店頭にて販売中!

フロントダブルがいけるよと言われようとも今の気分は1x、フロントシングル。リアのスプロケでギアレンジは稼げるので特別シビアな状況で使わない限りはしんどいこともありません。今日日はナローワイドなチェーンリングのおかげでチェーンも(ほぼ)ないですし、整備も楽、シンプルなルックスがカッコいいと何かとメリットが多いんですよね。

フレームに手がかかっていてそれなりの金額なのでコンポーネントはsram apex1で揃えて組み上げました。トータルでの価格を抑えたかったとは言うもののapex1で何か不満点があるかと言えば、一切ないです。もう一回言います、一切ないです!そもそもsramコンポは軽量な仕上がりですし、ひと昔前のダブルタップに比べたらシフティングの反応やタッチは劇的に良くなってるのでsramが初めての方でも違和感なく使えると思います。

まだまだ国内での知名度は低いブランドですが、フレームデザインや塗装、デカールもしっかりと作りこまれたいいフレームですし、実際に走ってみても直球のグラベルバイクほど重心が重くもないし、ロードバイクほどヒラヒラもしない、ちょうどいい塩梅。

見た目が気に入った方、人とはひと味違ったクロモリフレームに乗りたい方、色々なシーンに対応できるマルチな自転車をお探しの方、色々な方におススメできるフレームです。

フレームでのストックもありますので、完成車を見てもらってカスタムでの組み上げも相談してくださいね!

長くなったのでここからは各所の写真で雰囲気をつかんでください!

詳しいショップインフォメーションはこちらから

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!