おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

カスタムベースとしても最適なtyrell “srv”

スペックアップにもおススメな軽量ミニベロ

過去にtyrellが生産していたミニベロ”sv” 軽いミニベロとして人気だった車種でした。

srvはこのsvの流れを組むtyrellの中では一番新しいモデル。tyrell独自のスラントデザインを採用したアルミフレームにカーボンフォーク、完成車重量8.3kgで完成車価格¥135,000とかなり説得力のあるミニベロです。

今回は以前にご購入いただいたsrvを全体的にスペックアップしたいとのご相談を受けて現状のスタイルのままでのスペックアップを目指してカスタムをしました。

いつも書いてますがカスタムは何でも高いパーツならいい、何でも使えばパワーアップするとゆうものでもありません。もちろんカッコよくもありたいですが、大事なのは自分の用途に合ったカスタム。何事もバランスです。

ミニベロのカスタムをご検討の方は是非参考にしてみてください。


軽量なミニベロをラインナップする国内ブランドtyrellのミニベロsrv

http://www.tyrellbike.com/

tyrell / srv

完成車価格:¥135,000+tax

(カスタムなしのベース車両のお値段)

ホイールサイズ:20インチ(ETRTO406)


拡張性に優れた完成車スペック

完成車を買って、いざカスタムしようとすると立ちはだかるのが「規格」とゆう壁。

これをつけたいけど規格が合わない、規格はあってるけど見た目が好きじゃないなどなど。

軽量なミニベロをラインナップする国内ブランドtyrellのミニベロsrv
ブレーキレバーはみんな大好き “paul”

 

今回はコンポーネントを丸ごと乗せ換えましたがこうゆう変速の段数が変わるカスタム場合は特に顕著なんですよね。

現在ロード用ハブには”10速まで取り付けられるもの”と”11速まで取り付けられるもの”が存在します。

もともと11速が入っていた完成車なら難しい話ではないんです、例えば105からultegraにカスタムするとか。

現状が9速で11速にカスタムしたい!となるとこれがややこしくて、大体ホイールが足を引っ張ります。完成車で9速が入っているとしたらハブは10速対応のハブなことがほとんど。なぜか?生産コストです。

完成車とゆうパッケージでパーツ構成を決定している以上これは致し方ないことです。大幅なコンポーネントの交換をするとホイールの交換もしくはハブ交換をすることが多いです。

で、このsrv。こいつは例外で完成車段階ではmicroshift “R8″グレード(8速)なのに11速対応ハブがついています。

まずは体感して、楽しんで、もっと遊びたくなったらカスタムもOK!コンポーネントのアップグレードにも対応できるようにしといたよ!!

tyrellさんの温かい心遣い……細かい部分ですけど嬉しいポイントですね!


パッと見、完成車と同じようだけど……

実は色々とカスタムしてあります。カスタムした自転車のカスタムしました(ドーン)ってゆう雰囲気も好きなんですけど、今回はマットブラックのフレームに合わせてブラックパーツを使用した大人仕様なさりげない感じで。

ハブが11速対応なので105(11速)をすんなり取り付けできます。フロントは純正クランクでシングルのままですが、特にロングライド目的でなければシングルで十分。

シマノのラピッドファイヤー(変速レバー)にはロード用11速を動かせるものがラインナップされているのでフラットハンドルでも問題なく使用できます。

チェーンリングの歯がかなり深いのでナローワイドのチェーンリングにしなくてもチェーン落ちしません。これまたパーツが削減できる嬉しいポイント。

paulのブレーキレバーを使用したのが大きく金額に乗っかってますがカスタム費用は総額で¥70,000+taxくらい。(工賃別途)

あんなカスタムがしたい、できる?できない?などtyrellに限らずお店でいつでも相談承ってます。お気軽に聞いてください。

詳しいショップインフォメーションはこちらから

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!