おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

隙のないクロスバイクが好き

やっぱり太いタイヤの気持ち良さには抗えない

ブログでも度々紹介しているMTBレジェンドbreezerおじさんの作る自転車はそのまんま”breezer”。どんな分野でもブランドやアイテムに自分の名前つけるのって凄く勇気のいることですよね。それがイケてなかったら自分のステータスもガタ落ちする、ある種の賭けだし、それだけモノに自信がなければできやしないし、breezerおじさんみたいに自転車界に名前を残した人なら尚更。つまりレジェンドが自分の名前をブランドネームにそのまま使うってことはそれだけ自信があるってこと。

中身がなくても名前だけで売れてるモノなんて昔からいっぱいあったでしょう。今ほど情報が過多じゃなかった時代はその真偽を疑うことなくネームバリューで買っちゃうこともあったと思います。でも今はそうはいかない。これでもかと情報が溢れるこのご時世、名前だけでは売れません。中身がないものはすぐにバレます。買い手の持つ手札も増えてきて、口先だけではモノは売れません。しっかりとした裏付けがないと。

ticketがbreezerを扱っているのはその辺を加味しても「これはいいものだ」と言えると判断したからに他なりません。もちろんbreezerおじさんがやっているとゆうのもポイント高いんですけど。

以前紹介したradarは700cホイールのMTB寄りなフレーム。今回のdopperは650bホイールのツーリングテイストのフレームです。

アメリカンブランドbreezerのクロスバイクdoppercafeの完成車

breezerでおススメしたいのは特にこの”cafe”グレードなんですよね。その上のexpartやproもあるんだけど値段を考えたらticketのラインナップ内だとsurlyやe.b.sも射程に入ってくるんでほぼ完成車では置いていません。breezerの上位機種ももちろんいいバイクなんですけど、同じ値段を出すなら自分の好きな感じで組んであげるのも楽しいですよ?とゆうticketなりの品揃えでもあります。

“cafe”グレードのいいところは「使いやすさ」と「お値段」。昨今流行りのグラベルバイク、オールロード、アドヴェンチャーバイクなんて呼ばれる奴らはとにかく使い勝手の良さが売り。舗装路も未舗装路もどちらも走れる性能を盛り込んでみたら普段使いにめっちゃ最適な乗り心地の良い自転車ができちゃった!とゆう副産物的な要素のほうがウケてます。少なくともticketでは。

dopper cafeも例に漏れずその辺はしっかり押さえてあります。650bx47の太目のタイヤは乗り心地と転がりを両立してくれている上にタイヤ径は大きいので速度もそれなりに出せる。未舗装路でのハンドリングを意識してセッティングされたハンドルポジションは実は街中でカジュアルに使うには遠すぎず近すぎずちょうどいい塩梅。フロントシングルのギアはチェーン落ちのリスクも少ない上に片手にしか変速レバーがないので操作がとっても楽。

どんな道路でもカバーしようと成熟してきたグラベル系の自転車は今や街中でも最強の自転車となったんです。

アメリカンブランドbreezerのクロスバイクdoppercafeの完成車

dopper cafeにはチェーンリングカバーもついていて洋服の巻き込みや汚れ防止もしてくれるし、フェンダーも標準装備。またこのフェンダーが憎いやつで、標準装備の47cタイヤにこれでもかとジャストサイズで作らているので後付け感もなく、ついている方がむしろカッコいいくらい。フェンダーステーをとりつける金具にbreezerロゴが入っていたりと芸が細かいのもgood。

変速はshimano deoreの10速。これで十分。今日日の先端コンポになるとスプロケが大きくなりすぎて舗装路では軽すぎて使えないんですよね。これくらいのローギアなら全部使って上げれるので無駄がないです。ブレーキもshimano の油圧ディスクブレーキなので制動力はもちろんのこと、後々のメンテナンスが楽なのも嬉しいポイントです。

アメリカンブランドbreezerのクロスバイクdoppercafeの完成車

ホントにこれ一台あれば満足できます。

自転車遊びを始めたい人も通勤で使い人も日常の脚にする人もとにかくかっけぇチャリンコに乗りたい人も。

これだけの要素が使った完成車が¥128,000+taxなら相当お買い得。自信を持っておススメします。

詳しいショップインフォメーションはこちらから

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!