おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

グラベルライドのその先へ

グラベルだけじゃ物足りないアナタへ

グラベルバイクとゆうワードが世に広まってもう数年。それまでMTBが席巻してたフィールド “オフロード”にドロップハンドルが進出してきた、正確に言うと進出しやすくなった。それまでは悪路を走るドロップハンドルとゆうとシクロクロスバイクはずっとあったんだけど、あれはあくまでレース用。ジオメトリーはレーシーなものが多くて興味本位で買ってみるにはちょっと敷居が高かった。それを誰にも楽しめる身近なフィールドにしてくれたのが所謂「グラベルバイク」。

と、書くと最近登場したジャンルのように聞こえますが実は結構昔からいました。好き者の自転車でなかなか日の目を見ない自転車ジャンキーのための自転車だったんですよね。

自転車バカが自転車バカのために自転車を作ってたブランド、そう、surly。

世間がグラベルライドだーーーのりこめーーー!ってなる以前からorgeやtrollなんて奇特なフレームをラインナップしていました。

なので自転車屋さんの感覚で言うと「新しいジャンルが生まれた」とゆうより「世間のトレンドがsurlyなんかの好き者ブランドが先取りしすぎた地点に追いついた」くらいの感じ。

そのグラベルからもう一歩踏み込んだのがマウンテンツーリング。

なんて、唐突に言われてもよくわからないと思うので、完全にボクの主観でsurlyの車種ってまぁこの辺の道が得意なんじゃない?とゆう表を作っておきました。

ボクの主観だし、各々のフレームをパーツセレクトでどんな使い道の自転車にでも仕上げられるのがsurlyの良さだし、そもそもsurlyに「ジャンル」なんて枠組み自体が野暮な話だと思ってるんでこれからsurlyを買おう!でも何を買えばいいのやら?・・・な方の参考になれば。

(車種が多すぎると分かりづらさのほうが勝っちゃうので一部省略してます。)

今回オーダーをいただいて組んだフレームはecr。

27.5+から29er+までの適応タイヤ幅を持ち、最大29x3.0までのタイヤを飲み込める・・・のにフレーム形状はドロップハンドルやsurly “molocobar”がジャストフィットとゆう大手ブランドが手を出さないようなニッチなフレーム。

今回はフレームキャパいっぱいの29x3.0のタイヤにsram 1xコンポのマウンテンツーリングな仕様。河川敷や公園の未舗装路、たんぼ道・・・身近にある未舗装路からさらに奥へ一歩踏み込みたい少年の心を忘れない自転車好きのための1台。

さすがに29x3.0でこれだけブロックが立っていると舗装路を走ると「ぶぉーんぶぉーん」とタイヤが摩擦で鳴きますけど、もちろん舗装路でもどうぞ。

走りやすさは細いタイヤ、ブロックのないタイヤに譲りますが走れる道のキャパシティはどんなドロップハンドルのバイクよりも高いです。

あと、何よりカッコいい。正直ここに尽きます。

特に未舗装路とか興味ないけどecrのルックスに惚れた、毎日の相棒にしたい。そんなご相談もお気軽に。

上でも書いたようにsurlyにジャンルの壁なんてあってないようなもの。

自転車で何がしたいか。自転車選びのスタートはここですが、ことsurlyに関しては「どんな自転車が欲しいか」をスタートにしてもいいと思います。好きなモノに乗ってる方がみんなニッコリですから!

スーパーへの買い物のためにフェラーリを買う、それもありってことです。


アメリカンブランドsurlyのマウンテンツーリングフレームecrのドロップハンドル仕様sram/apex完成車

https://ja.surlybikes.com/bikes/ecr

surly / ecr

price:¥110,000+tax(frame&fork)

<タイヤサイズ>

フレームサイズ:XS~Mは27.5x3.0まで(29を入れる場合は2.6まで)

フレームサイズ:M~XLは29x3.0まで


詳しいショップインフォメーションはコチラ

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!