おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

やっぱり鉄のフレームがいい

一周回ってやっぱりsurly

とどまるところを知らないグラベルバイクの進化。カーボンフレーム、カーボンホイール、サスペンションなどなど数年前とは比べ物にならないほどにグラベルに特化したプロダクトが増え続けてます。

それは「グラベル」とゆう新しいフィールドに自転車好き、自転車メーカーが可能性を見出したからに他ならず、そこに適したものをドンドン開発していくのはごく自然の事。人間の性か、特定の分野に人が集まるとそこで一番を競いたくなる。つまりレースが起こるわけです。じゃあそのレースに勝つにはどうするのか?乗り手の進化ももちろん、機材の進化も必須!とゆう流れで自転車の進化をさらにブーストさせるとゆう無限軌道が完成。

キャタピラよろしく回り出したループはそうそう止まる事はありません。少なくともグラベルバイクとゆうジャンルにおいてはマウンテンバイク、ロードバイクどちらの技術も旺盛に吸収しながらフレーム然りホイール然りタイヤ然り、加速度的に進化していってます。

マウンテンバイク側からアプローチしたグラベルバイク、ロードバイク側からアプローチしたグラベルバイク。ブランドも車種も多種多様。選べる選択肢が広い分、ユーザーさんには嬉しい悩みにもなってるんじゃないでしょうか。

グラベルバイクとゆう新種が登場する前から「何とも言えないジャンルだけと乗りやすいしカッコいいよ!」とゆうテンションで自転車を組んでいたボクたちはグラベルバイク界が一気にブーストして走っていく中を後ろからゆっくり徒歩で付いて行ってます。

それはボクたちTicketの提案する、提案したい自転車の乗り方使い方が「競う」ことにないから。

ボクたちにとっての自転車は「生活の道具」としての自転車。

日常の生活の中でも使うし、休みの日のサイクリングでも使うし、ちょっとしたお出かけでも使うし・・・

そうなると自然とカーボンフレームとは縁遠くなってしまって、特異なデザインではないけどスッと生活に取り込みやすい鉄(クロモリ)のフレームが多くなってきます。

グラベルバイクでそうゆうのを探すと行きつくのは、そう、surly。

レーパンレーシャツでグラベルを颯爽と走り抜けるよりも、Tシャツ短パンでダラダラ走って休みたいとこで休むビール飲みたくなったら帰る。

日々ボクたちがせっせとsurlyを組んでいる理由です。


アメリカンブランドsulryのグラベルバイクmidnightspecialの完成車カスタム

https://ja.surlybikes.com/bikes/midnight_special

price:¥258,000+tax

(カスタムパーツやバッグは別途)

ホイール:650Bもしくは700C


詳しいショップインフォメーションはコチラ

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!