おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

巨漢レスラー

2021年の最注目モデル “gorilla monsoon”

ムーブメントが起これば各社そこに追従するのは商売としては当たり前のこと。

わかってる。

わかってるけど。

もう飽きた!取って付けたような「グラベルバイク」はもう飽きた!

新しいもの!

壁をぶち壊す新しいもの!

ブレイクスルーが欲しい!

そう思っていたボクの前に現れた巨漢レスラーことgorilla monsoon

そうそうそうだよこうゆうの待ってたんだよ!

surlyのecrやorgeなんかともまた違うニューフェイスに出会えました。

これはticketに来てもらうしかない。

all-cityの2021年モデルの展示会で即決したニューモデルが届きました。


アメリカンブランドall-cityのモンスタークロスマシンgorillamonsoonの2021年モデル完成車

https://allcitycycles.com/bikes/gorilla_monsoon_apex

all-city / gorilla monsoon

price:¥269,800+tax

ホイールサイズ:27.5x2.4(700cの場合42cまで)

店頭在庫商品のため、現在店頭にてご覧いただけます。


特徴的・・・とゆうか特徴しかない

gorilla monsoonの特徴をひとつひとつピックアップしていくと他の車種でも存在する機能ばかり。

でもそれをここまで破綻なく盛り込めているのがこいつの素晴らしく美しくそして馬鹿なところ。

実際に未舗装路を走る上で今までのアドヴェンチャーバイクでは足踏みしてしまったり、押して通過していたような

さらに深いオフロードすらも走破できてしまうような「冒険」のできる自転車。

自転車に限った話じゃないけど、ヒトの欲には際限がないもの。

今のこの自転車じゃあそこを走れない。じゃあどうしよう。よし作ろう!

いい意味でも悪い意味でも言われることだけど、その際限のない未知への欲求こそが進化にとって必要なもの。

これがあるからこそヒトはここまで来たんだ、と。自転車も然り。

日本でこんなモンスターマシンどこで使うんや?とゆう声もあると思う。

なら探そう。乗って探そう。

行ったことのない未開の地を切り開くならこんなに頼もしい自転車はないですから!


ところで

今日のブログの題名なんやねん、と。

確認したわけじゃないのでこれはボクの想像なんだけど、きっとこのgorilla monsoonはレスラーの名前から来てると思うんです。

wwf、今で言うwweにgorilla monsoonってリングネームのレスラーがいたんですよ。

かなり昔のレスラーさんなので現役時代を見たことはないけど、wwe(wwf)見てるとよく喋るビンス・マクマホンの隣とか解説席に気の良さそうなおじさんがいたんだ。

その名はgorilla monsoon。

きっと現役の頃は歩く大型冷蔵庫だったんだろうなとゆう巨神兵ぶりとそのカッコよすぎるネーミング、バリバリスパンコールのド派手なスーツ姿で現役でもないのに大好きだったんだよなー……とゆうボクの小さい頃のキラキラな思い出を蘇らせてくれた自転車でもあります。

お前の思い出話かいっ!とゆう突っ込みはありがたく頂戴しますが、自転車って趣味のものですから。

そうゆう裏にあるストーリーとかバックボーンを掴めるとより楽しくなるし、よりブランドと商品を好きになれる。

例えばtype.01なんて名前もcoolだけど

この自転車見て「あ、これgorilla monsoonみたいじゃね?」「わかるっ(笑)」「はい決定ー!(ハンコポンッ)」みたいなおバカなノリが大好きなんで2021年はこのフレームをゴリ押しで行こうと思います。

今年で30代も折り返したけど、「遊び心を忘れずに」「矩を越えない」「アホな大人」でいたいなと再確認した今日でした。

是非巨漢レスラーに会いにお店に遊びに来てくださいね!

詳しいショップインフォメーションはこちらから

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!