おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

変わらない美しさ

クロモリフレームが自転車界の先端素材だったのは今は昔の話。

でもクロモリは廃れることもなく、未だに新技術を盛り込んだパイプが多数登場しています。

軽さや剛性などはカーボンやアルミには譲るもののクロモリ特有の「しなり」が生み出す快適性や踏み込んだ際の軽やかな加速は他の素材では味わえないもので、やはりクロモリはいい素材だなと思わせてくれます。

ticketで取り扱うe.b.sやsurly、allcityがクロモリフレームをメインでラインナップしているのもブランドの志向する自転車の用途や方向性と素材が一番よくマッチしている証拠。

丸パイプが基本構造のクロモリフレームは所謂サイクリングウェアではなくカジュアルな服装で乗っても自転車のスタイルと齟齬が出ずに気軽に乗れる自転車になってくれるのもクロモリをおススメしている理由のひとつです。

hoboはe.b.sのラインナップ内でも一番クラシックなスタイルのフレーム。

昨今のパーツ事情でシルバーやポリッシュのパーツを組み込んだ仕様にすると金額が増しますが、カタログスペックの完成車ではなかなか実現できない自分だけの1台に仕上げる事が可能です。

今回のhoboはフレームにメッキ加工を入れ、シルバーパーツで組み上げた1台。

過去のアーカイブから飛び出してきたようなクラシックスタイルなhoboはオーナーさんのこだわりが詰まった素晴らしい仕上がりになりました。


国産ハンドメイドフレームebsのクロモリロードhobo ドロップハンドル完成車

http://ebscycle.com/hobo/

e.b.s / hono

price:¥145,000+tax (フレーム&フォーク)

color:アイスブルー(メッキ加工代は塗装とは別途)

wheel:700c(最大タイヤサイズ32c)


詳しいショップインフォメーションはこちらから

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!