商品のお問い合わせは

” X “

フォールディングバイクのリーディングブランドternが提案する新しい自転車の形、それが「rojibike」

スタイルを優先するとカッコいいけど乗りづらい。

性能を追い求めると日常使いには勝手が悪い。

どちらを取るのか、取捨選択を迫られるのは自転車に限った話ではないですけど

どうせならいい案配でどちらも欲しい。

ワガママなんだけど、日常使いの自転車だし

かなりカッコいい、しかもけっこう走る。

これを実現できるならそれに越したことはないですよね。

そんな自転車屋やユーザーさんのワガママをガッチリ受け止めてくれて

人気のミニベロと言えばの最右翼となったsurge。

そのsurgeをさらにブラッシュアップ。金額はとりあえず置いといていけるとこまでいってみたんだ!

それがsurge x

完成車価格で¥238,000+taxともはやミニベロの完成車の価格か!?と伺いたくなるほどですが

surge xはsurgeの名を冠してはいるものの全くの別物。

前回ブログにUPしたカスタムが自転車屋が金額は置いといて最大限がんばったsurgeだとしたら

こちらはメーカーさんが最大限がんばっちゃった一台。

これ以上カスタムの余地もない最高級な仕上がりです。


ternbikeのミニベロシリーズrojibikeの最上位機種surge x

https://www.ternbicycles.com/jp/bikes/471/surge-x

tern / surge-x

price:¥283,800(with tax)

ホイール:20インチ(ETRTO451)

フレームサイズ:520㎜(one size)

適正身長:170~180㎝


同じsurgeの名前を持ちながら全くの別物と言ってもいいsurge-x

こだわり抜いたフレーム構造やカーボンホイールにも目が行きますが一番おもしろいポイントは

やはり「ディスクブレーキ」ではないでしょうか。

ミニベロにディスクブレーキの制動力が必要かと言うと実際そこまで必要でない場面の方が多いとは思います。

ですがディスクブレーキは天候を問わず高い制動力を発揮してくれますし、キャリパーブレーキのようにブレーキかすがフレームに付着することもないのでお休みの日のライドだけではなく通勤通学で使うユーザーさんにもメリットは大きいです。

surge-xのフレームにはロゴなどの装飾はほぼありません。

それでも一目見ただけでそれとわかるスタイルにはゴテゴテしたロゴが逆に邪魔なんです。

サイドから見ると何かわからないダウンチューブのロゴは真上から見ると実は「X」になっていたりと

ternのセンスがキラリと光るデザインになっています。

現在はメーカー在庫がない状態ですが、次回の入荷分の予約は可能です。

予約の場合は早ければ早いほどいいのでご検討中の方はお早目の予約をおススメします。

詳しいショップインフォメーションはこちらから

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!