商品のお問い合わせは

26インチの魅力

かつてはMTB業界を牛耳っていた26インチホイール。

10数年前の29erブームからこっち徐々に徐々に勢いを失い、27.5インチにスポットライトが写ってからは

下火どころか行方不明レベルで使うことが少なくなりました・・・

26インチのジャンプバイクで遊んでいたボクとしては未だに26インチが一番カッコいいと心底思ってるんですが

そもそも対応しているフレームが尖がったジャンプバイク以外は見かけなくなって久しいです。

ticketで組むこともめっきり少なくなってはいるんですが、まだまだ隅っこに、しかししっかりと生息してます。

surlyの中では今ではlow sideとpack rat、long haul truckerにdisc trucker・・・

あれ?いっぱいあるな?

fatbikeまで入れたらもっとあるな・・・

さすがsurlyとゆうべきか・・・

まぁsurlyの特異さは置いとくとして、フレームから組み上げる場合に26インチが手が出しづらくなっているのは事実。

29erほどの走破性はない、27.5インチのようないいとこどりのバランスもない。

でも26インチはおススメしたい。

なぜか

「カッコいい」

以上!


アメリカンブランドsurlyのツーリングフレームtrollのライザーバー完成車

https://ja.surlybikes.com/bikes/troll

surly / troll

price:¥94,800+tax(フレーム&フォーク)

size:xs

ホイールサイズ:26インチ

完成車参考価格:¥330,000+tax


現在進行形でパーツの手配には苦戦中!

もう聞き飽きたわ!と言われそうですけど相変わらず市場にパーツは全然なくて枯渇中・・・

今回のオーダーは奇跡的としか言いようがないほどパーツが揃った珍しい案件。

26インチリム

リア10s

ハブがクイック

この3つに救われたかな、と・・・

それでもコンポはグレード違いのミックスになってます。

補修用だろうとは思いますが未だに10sのdeore xtが手に入るのは嬉しい限り!

個人的にこの頃のxtが一番好きなので在庫が確保できた時は軽く踊ってました(心が)

プリントではなくパンタグラフに彫り込まれているグレードのロゴも最高だし、当時のxtr由来のX字のパンタグラフデザインもホントカッコいい。

Vブレーキレバー再生産してくれないかな~・・・(願望)

シルバー系パーツでまとめたいとゆうオーナーさんのご要望に応えるべく探している最中に

たまたま在庫が届いたsmooth moveやwhiteのクランク。

自転車の神様がボクを助けてくれようとして見えざる力が働いたんじゃなかろうかとゆうタイミングでした。

ありがとうbicycle deity。

そんなこんなであたふたやきもきしながらでしたが無事に完成してご納車できました。

すっかりニッチになった26インチですがフレームとのバランス感は久々に見ると

やっぱりカッコいいよなーと写真を撮りながら一人納得していました。

バランス感を気に入った方も

久々に26インチもいいなー方も

足つきがいい方がいいなーな方も

是非26インチのことも見てあげてくださいね!

詳しいショップインフォメーションはこちらから

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!