デイリーユースなmoulton

ALEX MOULTON

2022年も始まってまだ10日も経っていないわけですが、

イギリスから悲しいニュースレターが届いてしまいました・・・

「ね・あ・げ」

そうですか・・・

ポンド高やら原材料の高騰やら抗えない要素ばかりで、こればかりはどうしようもない・・・

値上げの話自体は昨年末から予告はされていましたが、実際に知らされると多少なり衝撃があります。

値上げ対象は全モデル。moultonから供給されるパーツ類も含めて全商品です。

まだ詳細な値段は知らされていませんが、そこそこの値上げ幅となるようです。

抗えない値上げに対してボクら、とゆうか主にユーザーさんができることはただひとつ!

「今のうちに買っておこう」

これに尽きます。

tsr9-sp(分割フレーム)の完成車はお店にも在庫がありますし、今の在庫は値上げ前のお値段で販売しますのでお早めに!


イギリス製のハンドメイド自転車alexmoultonのミニベロ tsr9-sp

https://www.dynavector.co.jp/am/model/tsr.php

alex moulton / tsr9-sp(分割フレーム)

color:バーガンティ

price :¥385,000 in tax

(写真のバスケットとリアキャリアは別途)


イギリス製のハンドメイド自転車alexmoultonのミニベロ tsr9-sp

やっぱり真っ先に目が行くのはリアのバスケットですよね。

これはrixen kaulの “アルミノGT” (¥19,800+tax)

取り付け金具の位置がスライダー方式で動かせるので、割とどんなリアキャリアにでも取り付けができるスグレモノ。

moultonのキャリアのように先端に向かってテーパーしていくような形状でも難なくつけられます。

しかも、工具なしのワンタッチで取り外しが可能。

普段使いの日は買い物やカバンなど荷物を考慮して取り付けておく。

お休みの日のサイクリングでは外しておく、といった使い方ができるのが嬉しいですね。

moultonでの使用に限らず、ticketおススメの逸品。


イギリス製のハンドメイド自転車alexmoultonのミニベロ tsr9-sp

今回入荷したバーガンティー。

実はtsr9ではカタログ外のカラー。

好きだよなーmoulton、そうゆうの。しかも半艶仕上げ。

このカラーはtsr9ではカタログ外ですが、その昔tsr30とゆう完成車があった頃に設定されていたカラーなんです。

カッコいいカラーなのはわかってたんですが、フロントトリプルに用途を見出せなくてお店には置いてなかったんです。

先にも書いたようにカタログ外の気まぐれカラーなので、

「次はいつ入りますか?」と聞かれても「わかりません!」としか言えなくなるのはわかりきっているので

カラーにビビっ!ときた方はお早めにお願いします!

・・・そもそも次があるかもわかりません・・・

詳しいショップインフォメーションはこちらから

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!

VELOSTYLETICKET

VELOSTYLETICKET

都会のライフスタイルにマッチした折畳自転車や小径車長く使えるLongLifeBikeのSURLY こだわりの英国製ALEX MOULTON 純国産フレーム 京都のE.B.S等を中心にLine-up しています。 小さなお店ですが競技モデルとはまた違う快適に長く大事に使って頂ける自転車・部品をセレクトしています。

関連記事

TOP