B.S. MOULTON オーバーホール

ALEX MOULTON

B.S. = ブリジストン

そう、皆さんご存じ、あのブリジストンです。

実は2018年頃までブリジストン製のモールトンが存在していました。

トラスフレームに移行する以前のF型フレームをベースに

ブリジストンがモールトン本社とタッグを組んでブラッシュアップしたのが、「ブリジストンモールトン」

TICKETでは販売はしていませんでしたが、オーバーホールとゆうご依頼は承っています。

フレームに関わる部分(ラバーコーンやピボット)は手配できませんが、

コンポの載せ替えや消耗部品の交換などは随時対応中です。

今回はオーナーさんが大事に乗ってこられた1台をコンポから載せ替えて作業しています。


ブリジストン製のALEXMOULTON F型フレームをベースにした17インチミニベロ

<作業内容>

タイヤ・チューブ交換

ワイヤー・アウター交換

各所ベアリングの清掃とグリスアップ

フレームの清掃とグリスアップ

コンポーネントの載せ替え

合計:¥130,000 程度

作業内容やパーツの在庫状況によって変わりますが、納期は概ね10日ほどのお預かりになります。


コンポも載せ替えてブラックに

元々装着していたコンポは懐かしの9速ULTEGRA

ピカピカシルバーだった最後のやつだったかなー・・・

それはそれでカッコよかったんだけど年式なりかSTIの内部の動きにかなり不調があったり

ブラックのコンポにしようとゆうテーマもあったんで全とっかえを慣行

クランクはSHIMANOのラインナップだと歯数が心もとないのでDIXNA “LA・CRANK”

55-43Tのミニベロにも最適な歯数設定があるおススメのクランク。

5アームってのもポイント高いですよね、モールトンにもバッチリ似合います。

フロントサスペンションやリアのラバーコーンに支障をきたしていない状態であれば、概ねの作業はTICKETにて承れます。

一点だけ注意なのがヘッドパーツ。

今じゃ当たり前に存在してるテーパーヘッドを当時から採用しているんですが

上が1インチ、下が1-1/4

・・・まではいいんですが上はクイル。

今日日そんな設定のヘッドセットはいないんです、市場に。

(ブリジストンに聞いたらあるのかな?お取引がないので不明ですが)

CHRISKINGのヘッドパーツを2個買ってなんて力業ができなくもないんですが

とりあえずは壊さないように適度な清掃&グリスアップをおススメします。

TICKET SHOPINFO

 

VELOSTYLETICKET

VELOSTYLETICKET

都会のライフスタイルにマッチした折畳自転車や小径車長く使えるLongLifeBikeのSURLY こだわりの英国製ALEX MOULTON 純国産フレーム 京都のE.B.S等を中心にLine-up しています。 小さなお店ですが競技モデルとはまた違う快適に長く大事に使って頂ける自転車・部品をセレクトしています。

関連記事

TOP