いざ!!白馬!!

E.B.S

・・・ボクがじゃないよ。

今回のGROWN “HEY JOE”をオーダーいただいたオーナーさんがね。

7月に白馬

これでピンと来たお兄さんお姉さんはきっとアウトドアアクティビティ好きなはず。

そう。

OMM LITE だねっ!!

今回自転車に興味を持ち、周りに誘われ、自身も興味を持ったはいいものの

初めての自転車イベントがOMM。

もう終わりだ、いい意味で。

自転車ってカルチャーにガッチリ足首どころかドラゴンスープレックスな態勢で捕まってる。

ウェルカムトゥーバイシクルワールド

最高に楽しい世界ですよ、ここは。

GROWNBIKE HEYJOE 国産ハンドメイドクロモリフレーム OMMなどライドイベントにもおススメ

今年のOMM LITEは今週末が本番だったんだけど、

無事かなー楽しめたかなーいい思い出になったかなー・・・

自転車も力になれたかなーと思いながら仕事してたボクでした。


GROWNBIKE HEYJOE 国産ハンドメイドクロモリフレーム OMMなどライドイベントにもおススメ

http://grown-bike.jp/heyjoe/index.html

GROWN BIKE / HEY JOE

PRICE:¥140,800 IN TAX (フレーム&フォーク)

完成車参考価格:¥330,000 IN TAX


まずはしっかりOMMをこなせるように

が組み立てのテーマ。

かと言って現行のMTBスタイルを入れすぎるのも違うから、その辺のさじ加減に注意しつつパーツをチョイスしてます。

ポイントは「グレーのパーツ」

しっかりトレイルもこなしたい=ブラックパーツ(が定石。ボクの中では)

でもパーカー処理したロークリアのフレームに黒ずくめも

まぁなんとゆうか「遊びがない」な、と。

そこでハンドルバーをSIMWORKS x NITTO “STEALTH”シリーズで統一。

で、もう少しグレー欲しいんで・・・

フレーム折れても壊れなかったヘッドパーツ “CHRIS KING” (ボクの過去の体験談より)

ここにSHIMANO “SLX (M7100/12速)の安心のコンポーネントを搭載して完成。

サドルやグリップは初めてだと色々ぶつけたりこけたりするはずなので、好みのものは後で付けるとして

今回のライドでは価格を抑えて使いやすいものをチョイス。

サドルで言えば、BROOKSなんかを付けて雰囲気UPに振ってもいいし、SDGとかでMTBスタイルもいいし。

今回のOMM での体験を踏まえてオーナーさんがどんな風に自転車を楽しんでいくのかが楽しみです。

TICKET SHOPINFO

VELOSTYLETICKET

VELOSTYLETICKET

都会のライフスタイルにマッチした折畳自転車や小径車長く使えるLongLifeBikeのSURLY こだわりの英国製ALEX MOULTON 純国産フレーム 京都のE.B.S等を中心にLine-up しています。 小さなお店ですが競技モデルとはまた違う快適に長く大事に使って頂ける自転車・部品をセレクトしています。

関連記事

TOP