TYRELL “SRV” 入荷

TYRELL

軽いミニベロと言えばTYRELL

塗装がキレイと言えばTYRELL

TYRELLでまず押さえておきたいのは、この2点。

TYRELLはほとんどのモデルに”スラントデザイン”とゆうTYRELL独自のフレーム構造を採用しているので

どれも同じように見えますが

今回入荷したSRVはTYRELL初期の名車 “SV”をベースとしつつ、フルカーボンフォークに最適化したフレーム。

完成車重量で8㎏足らずと軽さ抜群の1台です。


TYRELL BIKEの軽量ミニベロ SRV 2022年新色サンセットオレンジ

https://www.tyrellbike.com/products/

TYRELL / SRV

COLOR:SUNSET ORANGE

PRICE:¥184,000 IN TAX


軽さだけか、いやそうじゃない

金属を軽くするのは簡単。薄くすればいい。

でもそれじゃダメ。弱くなるから。

軽いかつ強い

自転車の場合は乗り物なので、そこにプラスして「快適性」が求められてきます。

ハイスペックな自転車を作るメーカーさんはこの相反する点でどうバランスを取るかで

日夜、頭を捻ってるんですよね。

じゃあTYRELLはどうしてるのか?

こうしてます。

TYRELL BIKEの軽量ミニベロ SRV 2022年新色サンセットオレンジ

後輪から伸びるパイプ、シートステー。

通常の設計であればシートポストが入る縦パイプ、シートチューブに接続するのですが

それをかわすように延伸してトップチューブで接続しています。

こうすることでパイプの長さを出し、パイプにしなりが生まれます。

車輪が小さいほど地面からの凹凸を拾ってしまい、後輪が跳ねてしまう。

これが推進力の低下に繋がります。

軽い=速い

自転車はエンジンが自分自身なので間違いではないですが、それ以外の多くの部分で

それを実現するために色々工夫がされているんですよね。

いい自転車はどこを切り取っても、そこにキチンと意図があります。

SRVはフラットバー仕様の完成車のみのラインナップとなっています。

FXやFSXで可能なカラーオーダーやコンポーネント選択はできませんのでご注意ください。

ただ、フレームの素性はしっかりしていますし、ホイールもTYRELLオリジナルの軽量なホイールが入っていますので

カスタムベースとしてもおススメです!

TICKET SHOPINFO

VELOSTYLETICKET

VELOSTYLETICKET

都会のライフスタイルにマッチした折畳自転車や小径車長く使えるLongLifeBikeのSURLY こだわりの英国製ALEX MOULTON 純国産フレーム 京都のE.B.S等を中心にLine-up しています。 小さなお店ですが競技モデルとはまた違う快適に長く大事に使って頂ける自転車・部品をセレクトしています。

関連記事

TOP