VelostyleTICKET

2022年初・・・塗り!

たくさん塗った!

去年もたくさん塗った!

今年もたくさん塗りたい!

塗るのはボクじゃないけど!

2021年は一番このフレームに塗ったな!と自信を持って言えるsurly “straggler”

2022年もstragglerからスタートします!

ticketアーカイブの中でも特に好評だったアイボリー。

黄色味の少ないやわらかーいカラーリング。

ブラックパーツで組み上げてもゴテゴテ感のない落ち着いた雰囲気に仕上がるのでおススメのカラーです。

今回はドロップハンドル初挑戦な女性オーナーさんにご納車しました。

自転車で楽しみたい!の最初の1台がsurly。

最高な自転車ライフ待ったなしですね、これ。


surly ロードバイクフレーム stragger sram apex1 ドロップハンドル完成車

https://surlybikes.com/bikes/straggler

surly / straggler

price:¥97,900 in tax(フレーム・フォークのみ)

color :カスタムオーダーカラー+デカール ¥29,700 in tax

size:46(160㎝台の方におススメ)

完成車参考価格:¥270,000 in tax


surly ロードバイクフレーム stragger sram apex1 ドロップハンドル完成車

とにかく相性のいい、アイボリー + ブラウン

もちろんbrooksはカッコいいんだけど、何もいきなり本革じゃなくてもいいじゃない!もある種の本音。

使っていく中でカスタム欲が湧いてきてからも遅くはないはず。

座りやすさとお手頃プライスがおススメのdixnaのサドルにlizardskinsのバーテープ。

バッチリ!

surly ロードバイクフレーム stragger sram apex1 ドロップハンドル完成車

特にバーテープがボクの今回のお気に入りポイント。

フラットバー用グリップが滑りづらいと好評のlizardskinsだけど、もちろんバーテープもgood。

何より柄がカッコいいですよね!

surly ロードバイクフレーム stragger sram apex1 ドロップハンドル完成車

2022年もパーツの供給は以前の状態には戻らないと思います。おそらく来年も戻らないと思ってます。

これはお店や輸入元がどうこうできる問題じゃないので、その中でできることをやるしかないですけど

ユーザーさんにおススメしたいのは「事前に動いておく」こと。

実際に自転車に乗るタイミングが来てから探しても時既に遅し。特にフレームから組み上げる場合は。

「これぐらいの時期から使いたいんだけどどうでしょ?」と前もって相談してもらえれば

その中でできることを頭捻って考えます。

まだ詳細は言えないけど、surlyからはニューモデルも登場します。

今年もsurlyにご期待ください!

詳しいショップインフォメーションはこちらから

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 VelostyleTICKET

テーマの著者 Anders Norén