VelostyleTICKET

pashley “roadster sovereign” 久々の再入荷

前回の入荷はいつだったかな~と記憶の奥底を探ってみても

「かなり前だった!」くらいにしか思い出せない・・・

それくらい久しぶりの入荷です。

知名度はあるけど、モノを見る機会は物凄く少ないpashley。

今も変わらずイギリスの自社工場で手間暇かけて作られているので

そもそも世に出回る数が圧倒的に少ない。

加えてトレンドの対極にいるかのような昔ながらのスタイルの自転車ばかりなので

大量生産されることもない(できない)

現代の流通パーツに合わせてアップデートは入っていますが、100年以上の歴史を持つメーカーが作る自転車は

一目でそれとわかる魅力に溢れています。

今回は定番のroadster sovereign 5speedの26インチモデルと28インチモデルがそれぞれ入荷しました。

店頭にて即納可能となっています。

次回の入荷は少なくとも1年以上先(多分それ以上かかる)ですのでこの機会をお見逃しなく!


<<roadster sovereign 26inch 5speed>>

イギリス製ハンドメイドバイクpashley クラシックスタイルな実用車 roadster sovereign

size:20.5inch

ホイール:26インチ(650A)/ETRTO590

price:¥168,000 in tax

<<roadster sovereign 5speed>>

イギリス製ハンドメイドバイクpashley クラシックスタイルな実用車 roadster sovereign

size:20.5inch

ホイール:28インチ(700B)/ETRTO635

price:¥168,000 in tax


モデルの特徴

ホイール径は違っても金額は同じですので仕様のお好みで選んでもらっていいと思います。

ホイール径の都合上、足つきがいいのは26インチ。

外径ホイールで存在感抜群、乗ってる自分がカッコよく見えるのは28インチ。(ボクの個人的見解)

2モデルには共通パーツ部分とそうでない部分があります。

以上が2モデルの共通パーツ。

次はそれぞれ専用になっている装備。


テーマは「無駄を楽しむ」

roadsterは万人受けする自転車ではありません。

正直、別に軽くもない(ちょい重たい)

特別速くもない

決して安くもない。

同じ金額を出せばもっと軽くて速く走れる自転車はいくらでもあります。

じゃあpashleyの何がいいのか。

「老舗メーカーが昔ながらの設備と技術で当時のままの自転車を作り続けている」

これに共感できる方におススメしたい自転車です。

「あぁーファッションね」と言われそうですが、違います。

「スタイル」です。

カーボンフレームのロードバイクが最新のランニングシューズだとしたら

pashelyはレザーシューズ。

修理しながら長年愛用していく中で生まれる「味わい」を楽しんでほしい1台。

イギリス製ハンドメイドバイクpashley クラシックスタイルな実用車 roadster sovereign

自転車とゆう乗り物が一般化した時代から変わらない普遍性は

現在進行形で進化していく自転車とはまた違った魅力に溢れています。

詳しいショップインフォメーションはこちらから

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!

 

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 VelostyleTICKET

テーマの著者 Anders Norén