嵐の中、爆睡した新人スタッフAです。新人といってもこの11月で1年経ちましたよ。2016年の1月から3月までは諸々の事情があってロンドンに戻っていて、4月から再開したので実質まだ9ヶ月。新人と呼べない域に入ってきたけど、私の尊敬してやまないカリスマ店長と、同期なのに10年以上の経歴があるベテラン新人S君、Web担当でございます口調のSさんと比べれば、まだまだ青二才。精進します。

前回は山口県の千畳敷で嵐の中、最悪の事態を覚悟したところまで。しかし、あっけなく寝落ちしました。前の晩の青海島で、テント内で蚊にくわれまくって3時間しか眠れなかったのと、人生で2番目に辛かった峠を登ったのと、一晩中雨にぬれて身体が冷えきったのと、よく食べたのと、山口県が聖地なのと、色々重なって、そうれはもう見事に爆睡できました。それも9時間睡眠。立派だ。

目覚めたら、テントは無事。テント内はそれなりにぬれていたけど、大惨事は免れていた。そして、バイカー達は朝食を食べ終わっていた。急いで合流し、パンと焼かせてもらう。その上に緊急用チョコを乗っけて出来上がり。温かいものが食べれるなんて贅沢です。雨が止んでいるうちに急いでテントを拭き片付ける。ぬれたテントは重いので出来るだけ軽くしたい。お風呂屋さんから頂いたバスタオルもビショビショで重いのだけれど、ご好意で頂いたので捨てる訳にも行かない。バイカー達も慌ただしく片付けている。リーダーのチャーリーさんにもう一枚の緊急用&貴重な(イギリスから買ってきたチョコだったもんで)チョコをお礼として渡した。彼らのおかげで、寂しくなかったし、心強かった。彼らも千畳敷で今回が2回目の台風直撃だったらしく、3回目リベンジしに戻ってきたいというので、ここで再会できることを期待してるぞ。私は、また聖地山口県に確実に戻って来る。断言する。晴れた日に千畳敷から日本海を眺めたい。カルスト大地にテントを張りたい。川遊びしたい。カヤックも乗りたい。シーサイドホテルのおじさんにもお礼が言いたい。貝汁とロールケーキもう一回食べたい。友人iの両親の畑仕事を手伝いたい。また戻って来る理由が山とあるのだ。忘れるな、ここは聖地なのだ。

これが、私の貴重な朝食。%e5%86%99%e7%9c%9f-2  

なぜか、メダカの無人販売。和む。%e5%86%99%e7%9c%9f-1

下ってきた道のりは、雲と霧に覆われて何も見えない。下界でテント張った方が安全だったに決まってる。%e5%86%99%e7%9c%9f-4_fotor

チャーリーさんのブログはこちら。
http://charlie41.jugem.jp/?eid=40