GROWN BIKE “I.G.Y RIVAL AXS”

ROAD&GRAVEL

HEY JOEに続いてGROWN BIKEが送り出すフレーム

“I.G.Y”

フレーム名の由来はDONALD FAGENの曲名なんでしょう、きっと。

そこから取って、INTERNATIONAL GRAVEL YEARってやつか!(たぶん)

「国際グラベル年」

うん、確かに。そう言ってもいいかもですね。

レースバイクをラインナップするメーカーさんからも

普及モデルからハイエンドまで色んなグラベルバイクが「出揃った」感あるし。

先日入荷していたフレームセットを店頭販売用に

早速完成車にしてみました!

「これ1台あれば何でもできる!」をコンセプトに組み上げてみました!


入荷時のご案内ブログ

GROWN BIKE / I.G.Y

SIZE:M

PRICE:¥476,000 IN TAX(ペダルなし)


今つけるならやっぱりAXS

最近しつこく紹介してますが、それくらい出来のいいコンポ SRAM “RIVAL AXS”

3グレード目の無線電動コンポは機能面も熟成されていて、挙動も安定。

上位グレードのREDやFORCEもこれまで組み付けてご納車してきたけど

機械的不具合で持ち込まれたことは一回もない。

有線の確実さか無線の柔軟さ、どっちだ!?とゆう流れですが

ボクはメンテナンス性の良さから無線をおススメしてます。

コンポにもうひとつプラスしておススメパーツをぶち込んだのがハンドルバー

DEDA “GERA ALLOY”(ジェラ)、今回つけたハンドルです。

グラベルライドに特化したとゆうこのウネウネハンドル。

何か突飛なことをしたかっただけじゃないです(そりゃそうか)

オンロード以上に路面状況が変わりやすいオフロードでは一旦ハンドルから手離してから持ち替えて~

・・・が物凄くやりにくい。手を放すのが怖い場面だってある。

そんな時にこのウネウネのおかげでハンドルに手を添えたまま握るポジションを変えやすいんですよね。

しかもこのハンドル、ライズ・バックスウィープ・ドロップ・リーチ・・・

全部好みの数字!!

BOSSとハンドルどうするー?と色々候補はいたけど、数字と形見たらもうこれ以外にはなかった!

自転車の雰囲気にもバッチリ合ってます。

ところで・・・

いつもブログを見ていただいてる方なら違いに気づいてもらえたかもですが

ここすんげーいいとこじゃないです!?

TICKETから自転車で約10分。佃の北の端。中央区立石川島公園。

左に見えますわ、墨田川

右に見えますわ、晴海運河

正面には永代橋、その奥に東京スカイツリー

ちょうど墨田川を巡る遊覧船も遡上してきてて・・・

「最高かよっ!!」

確かにTOKYOってビルばっかだし、空気悪いし、暑いし・・・

でも、ふとした時に見つけるこうゆうスポットがあちこちにあるから好きなんですよね。

やっぱ、「TOKYOは自転車」

(公園内は自転車通行禁止なので必ず降りて、押しましょう!)

TICKETに遊びに来たついでに是非寄ってみてください。

TICKET SHOPINFO

VELOSTYLETICKET

VELOSTYLETICKET

都会のライフスタイルにマッチした折畳自転車や小径車長く使えるLongLifeBikeのSURLY こだわりの英国製ALEX MOULTON 純国産フレーム 京都のE.B.S等を中心にLine-up しています。 小さなお店ですが競技モデルとはまた違う快適に長く大事に使って頂ける自転車・部品をセレクトしています。

関連記事

TOP