おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

Bikes / Frames

Bikes / Frames

バランス感を大切に

バランス感を大切に

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), E.B.S HORIZONTAL451
シルバーとブラックのバランス メーカー完成車ではあまり見かけないraw clear。 完成したフレームに仕上げの磨き加工を加えた後に塗装をせずにクリアコートのみを施すのがraw clearの特徴。 パイプの種類はもちろん、同じパイプを使ったフレームでも2本と同じものがないそれぞれの表情があるのがおもしろいところで、使い続けることでパイプの変化も目に見えるので経年で見た目が変わってくるのもraw clearならではのおもしろみではないでしょうか。 raw clearのフレームを作ると塗装したものとは違う、磨きを入れた独特なシルバーの風合いになるのですが、ここで悩ましいのが組み付けるパーツ。 シルバーのフレームだし、シルバーパーツで固めるぜ! ・・・と、なりがちですが、ちょっと待って! フレームもシルバー系、パーツも全部シルバー系で組み上げるとパイプの表情が楽しめるせっかくのraw clearのフレームが目立たなくなってしまい、全体的にボンヤリした印象になってしまいます。 一度フレームを酸化させて仕上げるパーカー処理を施したraw clearは黒ずんだ仕上がりになるのでシルバーパーツで固めてもうまくキマるんですが、通常のraw clearはシルバーにブラック、ワンポイントでカラー物を入れてあげたりするのがおススメ。 パーツ単品のカッコよさだけではなく、自転車として完成した時のイメージを持ってパーツチョイスしてあげたいところです。 とは言え、いきなり「想像するんだ!」と言われても完成しないことにはイメージなんか沸かないよ!とゆう方も多いと思いますのでお店で色々相談してください。 http://ebscycle.com/horizontal-451/ e.b.s / horizontal451
スタンダードに少しスパイスをプラス

スタンダードに少しスパイスをプラス

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, E.B.S VOKKA
古いようで新しい シルバーパーツで組んだ自転車=レトロ と、言いたくなる気持ちは大いにわかりますが、シルバーで固めても古さを感じさせない。 要所に「今っぽさ」を取り入れてあげることでシルバーパーツで固めた自転車も、ただ古めかしいだけではない「古いようで新しい」 シンプルなようで一目見たらそれと分かるカッコいい自転車に仕上がります。 http://ebscycle.com/vokka/ e.b.s bike / vokka price:¥86,000+tax(フレーム&フォーク) ホイールサイズ:650B(最大タイヤ幅2.25) カラーオーダー:¥12,000+tax(単色) 使い方に合わせて仕上げられるのがvokka e.b.sのラインナップ内でも一番ふり幅を持って設計されているのがvokka。 コミューターとしても、ツーリングバイクとしても、マウンテンバイクとしても、どんな用途にでも対応できるジオメトリーになっているので自分の使い方に合わせて組める懐の深さが売り。 使い方が変わったらそれに合わせて自転車を買い替えるのではなくカスタムしてあげることでvokka一台でずっと使い続けられます。 クロモリフレームだからと伝統に則ったノスタルジー溢れるスタイルはvokkaにはありませんが、過度な機能や味付けをしていないニュートラルなフレームはどんなスタイルで組んでもバッチリハマる一台です。 今回はシルバーパーツをふんだんに使って「現代のtokyoで乗るコミューターバイク」に仕上げました。 シルバーカラーのクランクとして真っ先に名前があがるであろうmade in USAのwhiteindustriesのクランク。シルバーの仕上げでも削り出しの極太クランクアームにチェ
残り僅か!今だけのお買い得価格!ストリートに映える “surge”

残り僅か!今だけのお買い得価格!ストリートに映える “surge”

News, 銀座, tern, top4
2020年モデルミニベロの大本命 "surge"が今だけのお買い得価格! 発売からこっちずっと人気を保っているtern "surge" ミニベロ含め様々な自転車が置いてあるticketにあっても特に人気のモデルです。 他社のミニベロに比べても税込にすると¥100,000を越えてくる中々の高級車なので憧れで終わってしまう人も多いのではないかと。 自転車の季節が近づいた今、みんなの自転車熱が高まってきている今、もっと多くの人にsurgeを乗ってほしい! とゆうことで緊急セールしちゃいます。 サイズ・カラー共にある程度在庫を持っていますので今ならお探しのものがズバリ手に入るチャンスです! 在庫限りのセールとなりますのでお早めにお願いします! https://www.ternbicycles.com/jp/bikes/472/surge price:¥92,000+tax → ¥82,800+tax    ¥95,000+tax → ¥85,500+tax(シルクポリッシュのみ) フレームサイズ:47/52 ホイールサイズ:20インチ(etrto451) 浮いた分の予算はアクセサリーに回すべし へへっ欲しかった自転車が安く買えたぜラッキ~ 確かにそれは喜んで欲しいことですし、喜んでもらえたらボクたちも嬉しいんですが、スポーツタイプの自転車とゆうのは往々にして自転車の価格は自転車の価格、防犯に必要な鍵や夜間走行に必要なライトなどアクセサリー類は一切ついていません。 つまり全てはオプションパーツであり、別途で購入する必要があるんです。少なくともticketで売っている自転車たちは。 自転車を頑張りすぎてアクセサリーに回すお金がなくなってしまい防犯性のない鍵を買ったが故に
Sale!! dahon “boardwalk” が今お買い得~ラスト1台ずつ~

Sale!! dahon “boardwalk” が今お買い得~ラスト1台ずつ~

News, 銀座, DAHON, top4
店頭販売価格より10%OFF!! dahonの定番フォールディングバイク "boardwalk"を店頭在庫に限り10%offにて販売中!! https://www.dahon.jp/2020/product/bike/boardwalkd7.html?id=container dahon / boardwalk price:¥60,000+tax  → ¥54,000+tax 店頭在庫のブラックとシルバーに限ります。その他カラーのお取り寄せはセール対象外となります。
stridaの在庫が入荷してきました!

stridaの在庫が入荷してきました!

News, 銀座, Folding(折畳), STRIDA
まずは定番モデルのLTが再入荷! COVID-19の影響で生産遅れの影響が今も続く自転車業界。 stridaも国内在庫が切れていてticketでもお問い合わせいただいてもすぐにご準備できない心苦しい状況でした、遂に在庫が入ってきました。まずは16インチの定番モデルLT。 今回入荷してきたのは新色!・・・ではありますが、stridaでは昔から定番カラーだったパープルが復活してます。 初めてstrida見たのが10数年前だったボクとしては「これこれこの色がstridaよ」ってイメージを持ってますが、ラインナップに入るのは実は結構久々な気がします。 18インチでもないし、内装変速でもないですが、stridaの原点でもあるシングルスピードの16インチはやっぱり使い勝手がいいんです。使ってみて物足りなくなってきたら、足回りをカスタムして18インチにしてもいいし、上位機種のevoやsxに標準装備されているアルミキャリアや折り畳みペダルに交換してあげればいいと思います。 特異な形をしてますので修理の際にはベルトドライブを始め、各所専用のパーツの手配が必要ですが、stridaは輸入元さんがリペアパーツもしっかりと国内在庫してくれていますので修理の際にも困る事が少ないのも重要なポイント。 特殊なデザインの自転車って、壊れたらそれっきりなものも間々あるものなので、買った後のフォローアップがしっかりしているのでticketでも定番ブランドとして長らく取り扱いをしています。 折り畳んだ状態で高さの低いゴルフバッグ程度のサイズ感なのでオフィスや家の片隅に置いて室内保管もしやすい設計になっています。 専用輪行バッグも別売りであるので、輪行に使ってもらってもOK。小ささを活かして車載するのも便利ですね。 少し古い仕様のものですが、店頭にはLTの試乗
満を持した新作 ~tokyobike mono~

満を持した新作 ~tokyobike mono~

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, tokyobike
実はかなり快適なシングルスピード どうせ乗るならオシャレな自転車がいい! せっかく毎日のように乗るものですからそれはカッコいいカワイイほうがいいですよね! ならtokyobikeはいかがでしょう? オシャレな自転車も多種多様。オシャレ「なだけ」の自転車もあるし、オシャレ「であるが故に高い」自転車もあるし。 tokyobikeはどっちでしょう。 「オシャレかつお手頃な」自転車。 特に今おススメしたいのが今季の新作 "tokyobike mono" さっぱりとしたシングルスピードの26インチのクロスバイクなmono。以前からtokyobikeをチェックしてた方はお気づきかもしれませんがtokyobikeには昨年まで"ss"とゆうシングルスピードが存在していました。 じゃあ色を変えただけ? いいえ、違います!実は乗りやすさ、扱いやすさがグンっと上がっています。 "ss"は"sports9s"に近いフレーム設計だったのでストレートハンドルに少し低めのハンドルポジション、650c(ほぼ26インチ)だったのに対して、monoのベースとなっているのは定番の"26"。少し手前に引いたハンドルに高めのポジション、空気圧の管理がしやすい英式バルブ(所謂ママチャリと同じ)の26インチタイヤと圧倒的に使い勝手が向上しています。 tokyobikeってロゴの少ない上に単色フレームなので、ただのオシャレさに振っただけの自転車に見えるかもしれませんが、フレーム設計はしっかりと煮詰められているし、タイヤやサドルなど純正品も修理用にしっかりとフォローしてくれていたりと、自転車に対して愛を感じる、自転車に真摯な姿勢を崩さないブランド。 東京を如何に快適に気持ちよく走るかをテーマに作られており、過度にパーツスペックを上げてプライスをあげる
シングルスピードミニベロの完成形

シングルスピードミニベロの完成形

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), E.B.S FLOAT451SINGLE
全てが最高峰パーツのflort451s 日本製ハンドメイドフレーム " e.b.s "のハイエンドミニベロ flort451。 変速機仕様のRとシングル仕様のSの2モデルがラインナップされています。どちらもフレームジオメトリーはほぼ共通なのでお好みで選べるのも嬉しいポイント。それぞれに互換性はないので変速仕様を買ってシングル化はできないのでご注意ください。 今回はticketでは定番となってきたraw clear仕上げに各パーツの中でも最高級のパーツ達で組み上げた極上の1台をご紹介します。 何より目を引くのはやはりフロントのダイナモライト。 ハブダイナモのベンチマークsonのハブとダイナモライトは回転の滑らかさと光量の強さでは他社とは一線を画す性能を持っています。おススメなポイントは先に書いた内容ももちろんですが、何より「壊れない」。 日常使いの製品では一番重要ですよね、耐久性。特にハブは防水防塵性が高く分解清掃の必要もないので、シーンを問わずガンガン使えます。万が一何かあった場合はドイツの工場でメンテナンスもしてくれるので長い間使い続けられる安心感もさすがのドイツ製。 その他のパーツもみんなが使ってみたいであろうパーツがてんこ盛り。 whiteindustriesのシングルハブ、シングルフリー、クランクセットの全部盛り。ヘッドパーツは安定のchris kingに、brooksのswallowとこれ以上カスタムの余地のない仕様。 ステムとハンドルはnitto製。通常はシルバーしかラインナップのないモデル。せっかく他をブラックパーツで揃えたので、ここまできたら妥協したくはない!とゆうことでアルマイト加工をしてブラックに仕上げました。ちょっとした部分ですが完成度を求めるならおススメカスタムです。 htt
カスタムペイント ~ surly “strragler” ~

カスタムペイント ~ surly “strragler” ~

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
各種フレームのカスタムペイント承ってます 自転車を選ぶ時の重要なポイントのひとつに「フレームカラー」があります。 パーツのスペック、フレームのデザイン、機能性。自転車選びのポイントは多々あれど、カラーを度外視して選ぶ人は少ないはず。少なくともデイリーユースな毎日の相棒として自転車をお探しの方が多いticketではお客さんの目線は殊更「フレームカラー」に向いています。 もちろん自分の理想とするカラーがあればそれが一番いいんですけど、自転車は色々な思惑で設計されるものなので自分の好みド真ん中!もうこいつに決めた!ってゆう自転車に出会えることは稀。そうゆう出会いがあった方はそれこそ、この幸せ者め!ってやつなんですが、まぁそううまくはいきません。 「まぁイメージに近いしこれでOKです!」 自転車に限らずそういった多少の妥協は必要です。 それでも諦めきれない!ボクはワタシは!好みド真ん中の自転車に乗りたいんだ! 分かります。お気持ちはひじょーーーーによく分かります。 じゃあ、何か手立てはないのか。 あります。 「フレームのカスタムペイント」 既存のフレームカラーを一度剥離して塗り直すんです。そうすれば限りなく思い描く理想のカラーに近い自転車を手に入れることができます! 今回はオーダーをいただき、surly "straggler"をカスタムペイントして完成車にしてご納車しました。 カスタムペイントのご参考にどうぞ。 カスタムペイントは基本的にどんな自転車でも可能です。その代わり注意してもらいたいこともいくつかあります。 ・費用・ もしアナタが既に完成車として使っているフレームをペイントしたい、もしくは欲しい完成車があってそれを購入して塗装したいと考えてる場合は注意が必要で
北欧ブランド “pelago bicycles”

北欧ブランド “pelago bicycles”

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, pelagobicycles
ライトなカスタムでも効果あり フィンランド発のバイクブランド "pelago bicycles" 所謂、「実用車」な "bristol" 今では国内へ輸入されるブランドもめっきり減ってしまって、さらに日の目を浴びているであろう"pelago" 昔ながらのジオメトリーのホリゾンタルフレームに箱型リムに専用フェンダー、プロムナードハンドル、brooksサドルとテイスト満点のパーツたちをふんだんに使用しつつ、現代の技術で製造されている高品質な自転車。 今回はbristolのスタイルを活かしつつ、少し手を加えてルックスをアップグレードしました。 ポイントはタイヤ。純正でついているschwalbe "delta cruser" このタイヤはブラックがついていますが、日本には同じサイズでクリーム色がラインナップされています。フェンダーを取り外してタイヤを変えてあげることで実用車感を少し減らして、レトロなシティーバイク風味に仕上げました。 pelagoのフロントキャリア&バスケット "rusket"を取り付けて荷物の運搬もバッチリ。 生活の中で活躍できる利便性とスタイルを両立した、昔ながらのスタイルを踏襲した現代の実用車。 Ticketおススメのデイリーバイクです。 https://www.pelagobicycles.com/ price:¥95,000+tax ホイールサイズ:700c (カスタム費用は別途) 詳しいショップインフォメーションはコチラ Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!
~混雑緩和のお願い~

~混雑緩和のお願い~

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), E.B.S FLOAT451ROAD
アクセサリーの配置も大事 混雑緩和と言っても店内のお話ではありません。 昨今の自転車はひと昔前以上に使用するアクセサリーが増えてきてハンドル周りが非常に・・・ひじょーーーーに混雑します。 フロントライト・サイクルコンピュータ・GPS・ベル・スマホマウント、そこに果てにバッグ類やキャリア&バスケットまで。 全部をつけるわけじゃないけど、それでも混雑具合はなかなかのもの。 そこでアクセサリーを選ぶ際に大事にしたいのが、「アクセサリー同士の親和性」 このライトをつけるからサイコンはこれが相性がいい、バッグをつけるからこのパーツでライトをここにつけようなど。 アクセの種類が増えたことでアクセを作る各社も他のアクセとのシナジーを考えて作ってくれている時代なので、混雑しがちなハンドル周りもスッキリさせることが可能です。 後付けで足していくことになる場合が多いとは思いますが、今のアクセとの親和性を考慮してみると機能も見た目も崩さずに設置することができるのでアクセ選びの際には検討材料にしてみてください。 今回のflort451rはライト・サイコン・ベル・スマホマウントをうまく収めるミッションでした。 http://ebscycle.com/froat-451-r/ e.b.s / flort451r price:¥126,000+tax ホイールサイズ:20インチ(ETRTO451) アクセサリーをいっぱいつけよう 車体はrawcler仕上げのフレームにshimano 105(r7000)ドロップハンドル仕様。 nittoのクロモリハンドルはステムクランプの近くまでバーテープを巻くデザインになっているので額面通りにバーテープを巻いた場合はスペースがなかなかタイト。その仕上げを崩さ
やっぱり鉄のフレームがいい

やっぱり鉄のフレームがいい

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
一周回ってやっぱりsurly とどまるところを知らないグラベルバイクの進化。カーボンフレーム、カーボンホイール、サスペンションなどなど数年前とは比べ物にならないほどにグラベルに特化したプロダクトが増え続けてます。 それは「グラベル」とゆう新しいフィールドに自転車好き、自転車メーカーが可能性を見出したからに他ならず、そこに適したものをドンドン開発していくのはごく自然の事。人間の性か、特定の分野に人が集まるとそこで一番を競いたくなる。つまりレースが起こるわけです。じゃあそのレースに勝つにはどうするのか?乗り手の進化ももちろん、機材の進化も必須!とゆう流れで自転車の進化をさらにブーストさせるとゆう無限軌道が完成。 キャタピラよろしく回り出したループはそうそう止まる事はありません。少なくともグラベルバイクとゆうジャンルにおいてはマウンテンバイク、ロードバイクどちらの技術も旺盛に吸収しながらフレーム然りホイール然りタイヤ然り、加速度的に進化していってます。 マウンテンバイク側からアプローチしたグラベルバイク、ロードバイク側からアプローチしたグラベルバイク。ブランドも車種も多種多様。選べる選択肢が広い分、ユーザーさんには嬉しい悩みにもなってるんじゃないでしょうか。 グラベルバイクとゆう新種が登場する前から「何とも言えないジャンルだけと乗りやすいしカッコいいよ!」とゆうテンションで自転車を組んでいたボクたちはグラベルバイク界が一気にブーストして走っていく中を後ろからゆっくり徒歩で付いて行ってます。 それはボクたちTicketの提案する、提案したい自転車の乗り方使い方が「競う」ことにないから。 ボクたちにとっての自転車は「生活の道具」としての自転車。 日常の生活の中でも使うし、休みの日のサイクリングでも使うし、ちょっとしたお出かけでも使うし・・・
ふたりで楽しむmoulton

ふたりで楽しむmoulton

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), Alex Moulton
同じ自転車なら同じペースで走れて同じ風景が見える moultonの定番tsr9-spをそれぞれ同じスタイルでカスタムしつつ、乗る方の身長に合わせてパーツをセレクトしてカスタムしました。 honjoのフェンダーやbrooksのサドルなど定番アイテムを使いつつも決して過度にいじらない。 moultonの持つフレームの完成度と美しさを邪魔しないように、それでいて快適に楽しく乗れるミニベロに。 ご夫妻でお休みの日のサイクリングに使われるとゆうご要望での2台カスタムでした。 フレームサイズはワンサイズですがパーツの変更で男女問わず乗ってもらえるのもmoultonのいいところ。 ハイスペックな車体に目が行きがちですけど何もスピードとロングライドだけがmoultonではありません。 行きつけのお店、行ってみたかった場所、ショートライドを繰り返すご近所サイクリングでもmoultonの持つ快適性と走行性は乗り手に楽しさを与えてくれます。 ストイックに楽しむのも自転車の楽しみだけど、如何に緩く楽しく快適に楽しむかも自転車遊びの楽しみですよね。 moultonの懐の深さを再確認した今回のカスタムでした。 https://www.dynavector.co.jp/am/ alexmoulton / tsr9-sp price:¥305,000+tax (カスタム費用は別途) 詳しいショップインフォメーションはコチラ Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!
荷物の積載に特化したフレーム

荷物の積載に特化したフレーム

News, 銀座, 700c ROAD / CROSS, SURLY
surlyにしては珍しい明確なコンセプトのあるフレーム 適正サイズのタイヤやおススメされる用途はあるものの、明確に「これ用!」とコンセプトが定まってないのがsurlyのおもしろい部分なんですが、このpackratは「フロントにキャリアをつけて荷物を積む」ために開発されたフレーム。 パッと見、いたって普通のフレームに見えるし、stragglerなんかに見えちゃうくらいですがフレームジオメトリーはフロントラックの取り付けに最適化されています。 フロントラックを取り付けて荷物を積んだ場合に重量配分が最適化される設計は大型のカバンを持って自転車通勤する人へのこれ以上ない解決策。 特にこれ以降の暑い時期に背中を汗だくにして走るとゆう罰ゲームを受ける必要がなくなるのは本当に大事。 自転車に乗る際には同じ重量物でも自分で持つよりも自転車に持たせるほうがおススメ。自分+自転車+荷物のトータル重量は同じでも走行感は明らかにキャリアに積む方が格段に楽に走れます。 荷物の積載に特化した仕様のためのタイヤサイズがフレームサイズ:50までは26インチ、52以上は650Bとゆうホイールサイズの違いもあります。ディスクブレーキフレームではないためホイールサイズの変更はできません。 もちろんsurlyの他のフレームでも前後ともにキャリアの装着可能ですが、「フロンラックをつけて荷物を積んで走る。」とことんそこに特化したsurlyにしては珍しいフレームです。 https://ja.surlybikes.com/bikes/pack_rat price:¥72,000+tax ホイールサイズ:26インチ/650B <タイヤサイズ> フレームサイズ50まで:26インチ フレームサイズ52以上:650B (ど
お城製のフレームセットが入荷しました!

お城製のフレームセットが入荷しました!

News, 銀座, Minivelo(ミニベロ), Alex Moulton
17インチホイールの分割フレーム alex moultonのトラス型フレームのスタンダードモデルとなるmk-2のフレームセットが入荷しました。 17インチホイールに分割フレーム、ソリッドラバーコーン、リーディング・リンクともっともmoultonらしいmoultonのクロモリフレームです。 mk-2にはステンレス製シートポスト(34.9㎜)とvelocity製17インチリムが付属しています。 リムホール数は28Hでオーダーしています。 一見するとTSRやSSTと似てるように見えますがクロモリパイプの種類やパイプの薄さ、分割シャフトの造りなど各所の作りこみはさすがのお城製。 高価なフレームですが一見の価値ありです。 現在店頭にて展示販売中です。 https://www.dynavector.co.jp/am/model/am.php alex moulton / am-20 mk-2 price:¥640,000+tax(フレーム&フォーク) 付属品:ステンレス製シートポスト/17inchリム/ケーブルコネクター 詳しいショップインフォメーションはコチラ Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!
グラベルライドのその先へ

グラベルライドのその先へ

News, 銀座, MTB / ATB, SURLY
グラベルだけじゃ物足りないアナタへ グラベルバイクとゆうワードが世に広まってもう数年。それまでMTBが席巻してたフィールド "オフロード"にドロップハンドルが進出してきた、正確に言うと進出しやすくなった。それまでは悪路を走るドロップハンドルとゆうとシクロクロスバイクはずっとあったんだけど、あれはあくまでレース用。ジオメトリーはレーシーなものが多くて興味本位で買ってみるにはちょっと敷居が高かった。それを誰にも楽しめる身近なフィールドにしてくれたのが所謂「グラベルバイク」。 と、書くと最近登場したジャンルのように聞こえますが実は結構昔からいました。好き者の自転車でなかなか日の目を見ない自転車ジャンキーのための自転車だったんですよね。 自転車バカが自転車バカのために自転車を作ってたブランド、そう、surly。 世間がグラベルライドだーーーのりこめーーー!ってなる以前からorgeやtrollなんて奇特なフレームをラインナップしていました。 なので自転車屋さんの感覚で言うと「新しいジャンルが生まれた」とゆうより「世間のトレンドがsurlyなんかの好き者ブランドが先取りしすぎた地点に追いついた」くらいの感じ。 そのグラベルからもう一歩踏み込んだのがマウンテンツーリング。 なんて、唐突に言われてもよくわからないと思うので、完全にボクの主観でsurlyの車種ってまぁこの辺の道が得意なんじゃない?とゆう表を作っておきました。 ボクの主観だし、各々のフレームをパーツセレクトでどんな使い道の自転車にでも仕上げられるのがsurlyの良さだし、そもそもsurlyに「ジャンル」なんて枠組み自体が野暮な話だと思ってるんでこれからsurlyを買おう!でも何を買えばいいのやら?・・・な方の参考になれば。 (車種が多すぎると分かりづらさのほうが勝っちゃうので一