進化を受け入れるか否かはその人次第ですが、進化の前に人はなすがままでしょうこのELECTRAの電動アシスト自転車Townie GO!の前には、、 はいはい、色々言いたいことはあるかと思いますがまずは乗ってからですよ、いや乗ってみて下さい快適すぎて笑っちゃいます!Townie GO!はまだ入ってきたばかりなので乗った事がない人が大多数でしょうが試乗された方は私の気持ちを理解していただいているはずです。このビーチクルーザーベースの電動アシストバイクのTownie GO!は絶品です。

最近のお気に入りのスポット東京駅の丸の内サイドで撮影です。文明開化を感じさせる風景の中に最新スペックの自転車とこれまでに無いキャリーカートTRAVOYを装着で御座います。んー良いですねー開化ですねー

townie Goと travoyの画像

 

めっちゃいい ELECTRA Townie GO!

まずはビーチクルーザーの老舗ブランドELECTRAから最近発売となりましたモデルTownie GOの車体で御座います。また改めてご紹介させていただきますが電動工具のBOSCH製のハイパワーでスタイリッシュなユニットを搭載しております。およそ2時間充電で100km走行可能な電動アシストユニットで御座います。26インチバルーンタイヤを採用でクッション性は最高、通常ですと路面抵抗が気になる所ですがアシスト自転車なので不要な心配でございます、ブレーキはディスクブレーキを採用、ほぼMTBと同じスペックで御座いますね。こちらはmensモデルとなります。

https://www.electrabike-jp.com/e-bike.html

townie Goと travoyの画像

 

重い荷物こそ電動アシスト自転車

欧州で実力、知名度共にナンバーワンのチャルドカードメーカーBURLEYのTRAVOYを装着。車輪の幅に収まれば何でも積む事ができるカートです。TRAVOYの耐荷重は27kg、当店で取り扱いの電動アシストは楽々積載可能な耐荷重です。それだけの荷物ですが、坂道を自走するとなるとどうでしょう?自転車というより個人のポテンシャルが重要となります。。重量物を運ぶ為に一番ふさわしい自転車となると、やはりそこは電動アシスト自転車の出番でしょう。数名でのサイクリングやキャンプツーリングのベースカーとして荷物をガンガン積ませるのも良いですよね、恐らくみんなが笑顔になる事でしょう。

townie Goと travoyの画像

シートポストに1本で止めるだけOKな手軽さ、脱着もほぼワンタッチで取り外し可能です。フラットベットタイプですともちろん全体の長さがとんでも無い事になりますが斜めに装着する事により全長は短く曲がる際の可動域もクイックになるといういい事ずくめな内容です。実際に10kg以上する折畳自転車を積んでも走行性能はほとんど落ちている気がしません。それぐらい快適です。
https://vs-ticket.com/?p=44389

townie Goと travoyの画像

 

キャリーカートとしても非常に優秀なTRAVOYです。この大きなサイズの荷物でも楽々運べます。ホイールサイズも大きいので走りも安定した使用感です。

https://www.riteway-jp.com/bicycle/burley/product/travoy/

townie Goと travoyの画像

 

グリップ部もしっかりとしたエルゴノミックな握り心地、本体重量も軽く使い心地にスキなしです。

townie Goと travoyの画像

詳しいショップインフォメーションはコチラ

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!