さーて、久しぶりの輪行旅。どこででも寝れるようにテントと寝袋と積んで出発。B&Bに泊まっての自転車旅は何回かしているけど、テント張りながらの自転車旅は初めてというイギリス人のN氏。今回は2泊3日だけど、どうせならガッツリ体験しちゃおうということで、あえて荷物もギリギリまで削らず、敢えてそれなりに乗っけて行く事に。テントもピチピチサイズはやめて、ゆとりある大きさのものをチョイス。ヨーロッパは基本的に輪行袋に入れず、そのまま自転車を電車に乗っけられるので、分解して袋に入れてという作業もN氏にとっては初体験。上野駅まで自転車こいで行って、駅前で汗だくになりながら袋に詰め、駅構内を12キロある荷物+自転車を背負いながら歩く。結局のところ、一番ムカつくのはココ。旅してて一番辛いのは、この駅構内(特に東京駅や上野駅などの大きい駅!)でこんだけの荷物を持ってホームまで行かなきゃいけないという事よ。毎回怒りがこみ上げる。20mおきに休憩しながら、常磐線に乗り込んで着席。いざ土浦へ。なんだか調べておいた出発時間と違うなぁなんて思ってたら、なんと荒川の河川敷で停電があり、復旧目処が立っておらず。まぁ、気長に車内で待ちました。2時間

幸先いいね。

コテコテの浅草でとりあえず。

上野駅から輪行。

まずペダルを取る。工具忘れないようにしないとね。

前輪外す。

土浦駅に到着したら、なんと高安関に出迎えてもらって大満足。

5月場所は9勝6敗と優勝争いにも絡めず残念な結果だったなぁ。でも応援しているぜ!
(わたくしは、高安関のおきまりのポーズで)