おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

ドイツから SURLY OGREとE.B.S STUFFで行く日本紀行

ロングツーリング案件、ワールドトラベル等日本から世界に飛び出す方の自転車もご提供させていただいておりますが日本を旅するのに当店で自転車をご用意する方もいらっしゃいます、後にテレビのユーは何しに日本にで有名になりましたチリからのお客様のエーセさんも当店でピックしていきました。今回はドイツからのお客様JAN&NICOのお二人が3か月の滞在で西に向かっていくそうです。選んだ車体はSURLYのOGREにE.B.SのSTUFF、それとバッグ類に装備一式をオーダーいただきましたがご要望の期日が1週間切っておりますのベリータイトなスケジュール、、祝日もはさむのでメーカーオーダーもギリギリで御座います、大丈夫かなー不安だなー不安だなーの銘台詞が頭をよりぎります、、

surlyのOGREバイクパッキングの画像

車体:SURLY / OGRE ¥198000
リアキャリア: tubus /  LOGO CLASSIC ¥20000
パニアバッグ:ORTLIEB / BUCKROLLER CLASSICS QL2.1 ¥21000
フロントバッグ:TOPEAK / FRONTLOADER¥7700
その他:ポンプ、ライト、ロック、スペアタイヤ/チューブ、タイヤレバーetc

車体:E.B.S / STUFF ¥190000
※装備はSURLY OGREと同じ

 

ここで広げていいか?OK!という事でパッキング開始。テント泊との事でコンロなどのアウトドア装備も携えてます。店内ワラワラしておりますがこの間も一般のお客様が荷物の合間を通り抜けてくれます、有難う御座います。量的には左右パニアにフレームバッグ、フロントバッグ、そしてエクストラでドラムバッグが追加されております。量的には満載ですね、tubusのキャリアも耐荷重ギリなんじゃないかと思うくらいです。流石にOGREもしなりますよね、あんま見たこと無いですけど。

surlyのOGREバイクパッキングの画像

 

積み込みももう少しで終了です。今回はお二人とも車体とバッグ類をご購入いただきました、彼らのスケジュールもありますので非常にタイトな対応で御座いました。こんな時にモノがうまく届かない、、なんて事もありましたが各メーカー様に御人力いただきました、誠に有難う御座います。この後すぐに旅に出るわけですが、提供する側としても非常にデリケートな案件でも御座います、予定通りにご用意ができるか、荷物の量に適した装備か、また要望通りのスペアを用意する事、ケーブルやスポークは適応した長さに調節する事、それが2台分。。それなりに時間も要します。大きな案件ですが普段よりも緊迫感がございますね。

見切れているのがNICOのE.B.S STUFF 、パニアバッグまでは周知事項でしたが巨大なバックパックをマウントしていきました。そいつは聞いてないよ。。

surlyのOGREバイクパッキングの画像

 

キマりました。SURLY OGREにバイクパッキングのドイツ人青年で御座います。画になりますね。何処でも楽しんでしまいそうです。

surlyのOGREバイクパッキングの画像

バックローラークラシック QL2.1 ペアで40L。それと防水のドラムバッグが20Lぐらいでしょうか、全部満載で御座いますので必然的にリアキャリアの耐荷重は気になりますよね。今回はtubusのキャリアを選択、クロモリで耐荷重も御座います。バック共にドイツのメーカーでございますね。

surlyのOGREバイクパッキングの画像

フロントバッグはTOPEAKのフロントローダー8L、価格が¥7700とリーズナブルながら軽量で防水とさらに荷物を追加できると充実の内容です。黄色いのはテントのフレームで御座います。

surlyのOGREバイクパッキングの画像

そしてやっとの事でフィニッシュです。色々ありましたが無事ご提供できて良かったです。この際ビールをふるまってくれたんですが残念ながら我々日本人は就業中に飲む文化では御座いません。。ぉぉソーリー気持ちだけ頂いときます有難う。ドイツでは会社でも1杯ならOKなんですって!いやそれぐらいのユルさが丁度いいんでしょうねーベアリングもしめ過ぎたら回らないですからねーそれに比べたら我が国は、、

二人の旅の安全を祈るばかりで御座います。日本を楽しんで下さい!JAN&NICO良い旅を。。

surlyのOGREバイクパッキングの画像

皆様もご相談くださいませ!

 

SURLY サーリー

詳しいショップインフォメーションはコチラ

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!