おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

クロモリフレームにはHonjoが似合う

京都製のクロモリフレームブランドe.b.s。ticketではfloat451やhorizontal451と言ったスポーツタイプのミニベロフレームをブログで紹介することが多いですが、同じミニベロフレームでもより日常使いに即したのがleaf451。

跨ぎやすい低床フレームは最低地上高が44㎝(Mサイズ)と女性の方でも安心して乗り降りができるフレームデザイン。フレーム素材も日本で唯一国産クロモリパイプを生産しているkaisei社のクロモリパイプを使用しているので非常に軽量。20インチホイールは旧来のETRTO406ではなくひと回り大きいETRTO451を採用していますので、見た目のカジュアルさ以上に軽快な走りを実現しています。

日常の脚から通勤や通学、お休みの日にちょっとそこまで脚を伸ばすのに・・・生活に自転車を取り入れることで、今より少し生活を便利にしてくれる。生活の中での道具(ツール)として最適な自転車です。

国産素材を職人の手によって一本一本ハンドメイドしていますので決して安い自転車ではありませんが、メンテナンスと修理を重ねて「普段使いの一生モノ」として永くお使いいただけます。

今日紹介するお客さんのオーダー車もそうですが、アップチャージしていただくことでカラーオーダーも可能です。車体性能ももちろんですが、自分が一番気に入る色が手に入るとゆうのは自転車を買うに当たっては嬉しいポイントではないでしょうか。

手作業で作っているフレームなのでタイミングによってはストックフレームが工房にない場合は数か月お待ちいただく場合もありますが、ボタンひとつで買い物ができる時代にあって「モノを大事にする」「いいモノを永く使う」とゆう風潮は昔に比べて減っていて、モノを買う事への満足感が得辛い時代。気に入った価値あるものを待ってでも買うとゆう行為もまた買い物における楽しみのひとつだと思います。

あなただけの1台を是非。


日本製のクロモリフレームe.b.sのミニベロleaf51の完成車

http://ebscycle.com/leaf-451/

e.b.s / leaf451

price:¥81,000+tax

ホイールサイズ:20インチ(ETRTO451)

完成車参考価格:¥158,000+tax (フェンダー/バスケット/スタンド別)


クロモリフレームに相性抜群のHonjo(本所)フェンダー

東京都墨田区は本所エリア

日本が世界に誇るフェンダーブランド “Honjo”が本拠地を置いています。

今では全く見なくなった国産のフェンダーを国内生産で行っている稀有なメーカー。近年はラインナップの拡充やバイクショップの別注モデルなどサイズや幅も豊富に展開されており、ミニベロ用も1モデル2カラー出ています。

やっぱり似合いますね、クロモリフレームにHonjoフェンダー。ticketおススメのフェンダーです。

詳しいショップインフォメーションはこちらから

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!