おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

カスタムペイント ~ surly “strragler” ~

各種フレームのカスタムペイント承ってます

アメリカンブランドsulryのグラベルバイクstrraglerの完成車カスタム

自転車を選ぶ時の重要なポイントのひとつに「フレームカラー」があります。

パーツのスペック、フレームのデザイン、機能性。自転車選びのポイントは多々あれど、カラーを度外視して選ぶ人は少ないはず。少なくともデイリーユースな毎日の相棒として自転車をお探しの方が多いticketではお客さんの目線は殊更「フレームカラー」に向いています。

もちろん自分の理想とするカラーがあればそれが一番いいんですけど、自転車は色々な思惑で設計されるものなので自分の好みド真ん中!もうこいつに決めた!ってゆう自転車に出会えることは稀。そうゆう出会いがあった方はそれこそ、この幸せ者め!ってやつなんですが、まぁそううまくはいきません。

「まぁイメージに近いしこれでOKです!」

自転車に限らずそういった多少の妥協は必要です。

それでも諦めきれない!ボクはワタシは!好みド真ん中の自転車に乗りたいんだ!

分かります。お気持ちはひじょーーーーによく分かります。

じゃあ、何か手立てはないのか。

あります。

「フレームのカスタムペイント」

既存のフレームカラーを一度剥離して塗り直すんです。そうすれば限りなく思い描く理想のカラーに近い自転車を手に入れることができます!

今回はオーダーをいただき、surly “straggler”をカスタムペイントして完成車にしてご納車しました。

カスタムペイントのご参考にどうぞ。


アメリカンブランドsulryのグラベルバイクstrraglerの完成車カスタム

カスタムペイントは基本的にどんな自転車でも可能です。その代わり注意してもらいたいこともいくつかあります。

・費用・

もしアナタが既に完成車として使っているフレームをペイントしたい、もしくは欲しい完成車があってそれを購入して塗装したいと考えてる場合は注意が必要です。

カスタムペイントを依頼する塗装屋さんはあくまでも塗装屋さん。自転車のままで届けて塗装してもらうことはできません。ネジ一本残さず全てのパーツを外さなくては塗装できません。

塗装前に自転車をバラす→既存の塗装を剥離する→新しいカラーを塗装する→自転車として組み上げる

こうゆう工程を経て完成になるので、塗装以外に一番最初と一番最後に工賃がかかります。もちろん、予算は青天井!欲しいものには惜しまないぜ!とゆう方はいいんですけど、塗装費用も含めるとそこそこの金額になります。

・ロゴ・

自転車のフレームのロゴは基本的にステッカーです。カラーを塗った上でステッカーを貼り付け、そこにクリア塗装を施して完成。

つまり、既存の塗装を剥離するとロゴは全て消えます。もちろんロゴの複製も可能です。データを起こしてステッカーを作り直すことになるので費用はかかりますが作成してもらえます。

例外的にticketの二大巨頭e.b.sとsurlyは例外。この2ブランドはどちらも塗装完了後にステッカーを貼るのが通常仕様な上にステッカー類を別売してくれているので、それをそのまま購入してもらえればOK。

ロゴの有無はお好みもありますけど、自転車のスタイルに大きな影響を及ぼすので慎重に考えたいところですね!

カスタムペイントの納期は塗装方法やタイミングにもよりますが概ね6~8週程度でご納車となります。

詳しいショップインフォメーションはコチラ

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!