おしゃれな自転車ミニベロならvelostyle TICKET | 東京・銀座 ホームページが新しくなりました!

クロスバイクらしいクロスバイク

クロスバイク。

スポーツバイクが世に広まってから一気に市民権を得たこのワードですが、

実は中身はと言うとかなり曖昧。

MTBでもない、ロードでもない、シクロクロスでもない、グラベルでもない。

色んなやつのいいとこどりした自転車。それがクロスバイク。

なので厳密な定義はございません。

作る側がどこからどんなエッセンスを抽出して仕上げるかで如何様にでも変化しちゃうんですよね、クロスバイクって。

今回組み立てたe.b.s “stuff”はそんな「クロスバイク」を意識して組みました。

基本となるのはボクたちのベースとなる「何かに特化していないあらゆるシーンで乗りやすい自転車」

通勤通学でも使う。

お休みの日のお散歩にも使う。

まとまった休みにツーリングに行きたい。

未舗装路も少し走れると楽しそう。

でも基本はカッコいいのがいい。

この辺のバランスをあーでもないこーでもない、こねてこねてこねて、こねくり回して完成しました。

店頭販売用の車体ですのでお店でご覧いただけます。

マルチに使える1台で自転車生活をしたい方におススメな1台です。


日本製ハンドメイドフレームebsのatbフレームstuffのライザーバー完成車

http://ebscycle.com/stuff/

e.b.s / stuff

price:¥231,000(with tax)


さて、普段使いも想定した場合に自転車に求められるものは何でしょう?

使う人によって優先順位は様々でしょうが、お店でお話していると概ねこのTop3は外れないであろう要素。

・変速などの操作が簡単

・乗り心地がいい

・ポジションがきつくない

これを満たしつつ、カッコよく仕上げたい。

人間はワガママです。

でもそのワガママに応えるのがボクらの仕事です。(できる範囲で)

今回のstuffもバッチリ満たしてくれています。

フロントシングル仕様のMTBコンポーネント11速。変速の操作は右手だけで済むので簡単も簡単。間違えようがないです。

タイヤをpanaracer “gravelking ss”の700x43cを入れているので転がりもいいし、エアボリュームがあるのでクッション性もGood。

多少タイヤノブが立っているデザインはその名の通り、グラベルもどうぞなタイヤ。

日常だけでなく、お休みの日の自転車の遊びの幅すら広げてくれます。

ドロップハンドルって長い距離走るにはいいんですけど、やっぱりポジションや操作感を考えると

楽なのはライザーバー。

ticketがライザーバー教の信者だからではないです。100人が乗れば100人そう言うと思います。

ライザーバーと一口に言っても形は五万とあるので毎回悩むポイントなんですが、

今回はnittoを使っています。

適度な上りとハンドル幅で操作感もポジションもピタッとはまってくれています。

このマルチユースなフレームstuffですが、実は次回生産分からスルーアクスル化することが決まっています。

フレーム金額も変わってきますので、今回のクイック仕様は実はかなりお買い得です。

1台限りですのでお早めのご来店お待ちしております!

詳しいショップインフォメーションはこちらから

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!