商品のお問い合わせは

耐えに耐え、耐え忍び、ようやくワンダフルな旅に!

まぁ~、本当にお久しぶりです。だいぶ長い間、仕事以外はどっっっこにも行かれず。自転車で遠出も6ヶ月ぶり。
こちらイギリスは、それはそれは長く厳しいロックダウン(日本とは比べ物にならない全てがシャットダウンのロックダウン)がようやく明け、それはそれは長く厳しい冬がやっと5月末に終わりを告げました。いや~、全てが長く厳しかった!
ワクチンも4月に接種し、やっと自由に動けるようになったので、それも記念して再度ニュー・フォレストに行くことに決定。
ミニクーパーに自転車が2台積めるか不安だったけど、前輪を外しただけでどうにか搭載完了。ホステルの共同キッチンがまだ使用不可ということで、キッチン用品なども持っていくことに。もう、トランクはパンパンです。
ハンプシャー州ニュー・フォレストまで車で2時間。(もちろんマニュアル車)
今回は人生初のグランピング!
前々日まで冬だったのに、春通り越して一気に夏がやってきた!
到着してその場でカゴとバッグを取り付け、早速ライド!
イギリスに戻ってきた去年の9月以来の半袖半パン!
幸せを噛みしめるライドにいざ出発!
森、待ってろよ!
次回から、車の屋根に取り付けられるようにしようと思う。せっかくラックもついてることだし。
ビフォー Surly Long Haul Tracker 
今回は、当店でも販売しているイギリスの自転車バッグメーカーWizard Worksのバッグを装着するために、まずはカゴの取り付け。
付属品のゴムだと、このハンドルには厚みがありすぎたので、自分で不要なタイヤのチューブ切ってアジャストさせました。
カゴの金具とハンドルの間に、チューブを挟んで装着。
汚らしくはみ出さないように注意。(ヘアカットも6ヶ月ぶり)
ご覧の通り、ずれないし、ハンドルも痛めない。
アフター
Long Haul Trackerにはフォークのこの部分にダボ穴があるのでステイをここで留めました。付属品以外に必要だったのは、ステイとダボ穴の間に入れるスペーサー。カゴやラックなどは、全ての自転車にぴったり取り付けられるものではないので、細かなパーツやカスタムが必要。
嬉しいことに延長用のステイもあったけど、それを使わずに、さらに長さもぴったりだったんで切る必要もなしでした。
カゴあるだけで、雰囲気変わる。
Wizard Worksバッグの話は次回。