BRUNO 新型E-BIKE “E-HOP”

BRUNO

“E-TOOL”に続くBRUNOのE-BIKE 第二弾。

その名も “E-HOP”

・・・攻めてますねー

こうゆう使い方をしてくださいねって自転車じゃないのでご心配なく。

こうゆう使い方をしてもへっちゃらですよってくらいにクオリティがあるんだなと参考に。

ホントに飛びたかったらMTB買いましょう。ジャンプバイクならお任せあれ。

E-TOOLを短くしたようなルックスのE-HOPはズバリ

「シーンを選ばず使えるE-BIKE」

サイクリング、キャンプ、釣り、観光地巡り etc…

もちろん日常使いにもおススメしたい1台。

2車種揃ったBRUNO E-BIKEシリーズは

チャイルドシートや荷物積載の有無でE-TOOLかE-HOPかで選んであげるとよさそうです。

キャンプや観光に連れていきたい遊べるE-BIKE BRUNO "E-HOP"

ハンドルとサドル高の調整幅が広いので身長135㎝くらいからでもいけちゃうサイジングなのも

嬉しいポイントですね!

工具での調整は必要ですが、家族での兼用も視野に入りそう。

新たな遊び道具 “E-HOP” (BRUNO公式サイト)


キャンプや観光に連れていきたい遊べるE-BIKE BRUNO "E-HOP"

BRUNO / E-HOP

PRICE:¥299,200 IN TAX


アシストユニットはSHIMANO “STEPS”

キャンプや観光に連れていきたい遊べるE-BIKE BRUNO "E-HOP"

ここで今一度SHIMANO “STEPS”を簡単におさらい。

STEPSには3グレードあって、E8080、E6180、E5080。

BRUNOが採用しているのはE5080。

お待ちください、「あー廉価グレードかー」と残念がる必要は全くないんです!

ユニットごとに値段が違うのでグレードと表現はしますが、STEPSの3グレードには

「向いているシチュエーション」があるんです。

確かにE8080はパワーがあって、ものすごいトルク感。

でもそれがミニベロに必要なのか?BRUNOはそう考えたわけです。

しかもE5080は他の2グレードに比べてユニット重量が抜群に軽い!(約500g!!)

MTBとしてハードユースするなら8080や6180に軍配があがりますが、

日常使いからお休みの日のサイクリングまで幅広くカバーするなら、むしろE5080の方が良い。

キャンプや観光に連れていきたい遊べるE-BIKE BRUNO "E-HOP"

E-BIKEを1から開発するに当たって、フレームジオメトリーはもちろん

先に書いたユニットの選定やパーツチョイスまで

ありものを集めただけじゃない「コダワリ」がBRUNOには詰まっていますし

ボクたちが気に入ってる点でもあります。

「自転車」との付き合い方の幅を広げてくれるE-HOP。

今、TICKETイチオシのE-BIKEです!

TICKET SHOPINFO

VELOSTYLETICKET

VELOSTYLETICKET

都会のライフスタイルにマッチした折畳自転車や小径車長く使えるLongLifeBikeのSURLY こだわりの英国製ALEX MOULTON 純国産フレーム 京都のE.B.S等を中心にLine-up しています。 小さなお店ですが競技モデルとはまた違う快適に長く大事に使って頂ける自転車・部品をセレクトしています。

関連記事

TOP