マウンテンバイク?いいえツーリングバイクです。

SURLY

見た目に反して何でもござれ

「これは何用の自転車ですか?」

surlyにそうゆうこと聞かなくてもいいかなと常々思ってるボクではありますがご説明しておくとbrigeclubはツーリングバイク。ecrやorgeに比べるとショートトリップに特化した結果MTBのようなルックスのフレームに至ったとゆうわけですね。

このフレームジオメトリーが秀逸で一言で言うと「メッチャ乗りやすい」

スポーツバイクが初めての人がひょいっと跨っても違和感なく普通に乗れちゃうくらい乗りやすい。

それでいて27.5x2.8のプラスタイヤもいけるわ、700cもいけるわのマルチさはcrosscheckやstragglerに通じるものがある、見た目以上の優等生フレームなんです。

現在のラインナップでも27.5と700cどちらの完成車も揃っているあたりにsurlyがこのマルチさを売りにしてるのが伺えますよね。

<入れるタイヤの太さ>

crosscheck<<straggler<<brigeclub

くらいのイメージでいてもらえるとわかりやすいかな、と。あくまでタイヤサイズの話。フレームの性能の話じゃないので悪しからず。


アメリカのバイクブランドsurlyのツーリングバイクbrigeclubのチューブレスカスタム

https://ja.surlybikes.com/bikes/bridge_club

surly / brigeclub

price:¥158,000+tax

(写真の自転車の場合は別途カスタム費用がかかっています)

タイヤサイズ:27.5x2.8(フェンダーつきの場合2.6まで)

コンポーネント:sram sx eagle 12速


要所をカスタムしてドレスアップ!

ドレスアップと言ってもつけたパーツがパーツなので性能面での向上もしっかりあります。

まぁやっぱりアメリカのCNCパーツを作るブランドはカッコいいですよね。

CNCパーツ自体は何も珍しいものではないですけど、見てると「はぁぁああぁぁぁ」ってなる「艶」が違います。


現行のMTBはリアが12速!

凄いですよね、11速化では飽き足らず、12速ですよ。フロントチェーンリングはどこまでも小さく。リアカセットはどこまでも大きく。

昨今のMTBでのトレンドが影響しているのですが話すと長くなるのでここは割愛。

今回のbrigeclubはフロント32tのリア11-50t。ギア比は0.64~2.91。

ギア比だけを見ると軽すぎるように感じますけどタイヤが2.8のプラスタイヤ。タイヤの太さも相まってこれくらい軽めのギア比のほうが走りやすいんですよね。

まぁ何より “eagle”ってネーミングに 鷲のマーク。最高。

詳しいショップインフォメーションはこちらから

Please click here for more information. Don’t hesitate to ask!

VELOSTYLETICKET

VELOSTYLETICKET

都会のライフスタイルにマッチした折畳自転車や小径車長く使えるLongLifeBikeのSURLY こだわりの英国製ALEX MOULTON 純国産フレーム 京都のE.B.S等を中心にLine-up しています。 小さなお店ですが競技モデルとはまた違う快適に長く大事に使って頂ける自転車・部品をセレクトしています。

関連記事

TOP